Jimi Hendrix - Jimi Plays Monterey

6 Comments

 モンタレーの英雄と言えばこの人、ジミ・ヘンドリックス。本ブログ何回目の登場だろうか?今回はタイトル通り「Jimi Plays Monterey」というアルバムに焦点を当ててみよう。

 ご存じ1967年6月18日のフェスティバルに登場したジミだが、出番のことでThe Whoのピートとモメたことは周知の事実、ピートによればジミの後なんてとてもじゃないが太刀打ちできないから先にやらせろという素晴らしく男気のある発言だったらしい(笑)。ジミの方も楽器を破壊しまくるThe Whoの後ってのも分が悪いってことだったようだ。で、結果的にはコインで勝負してThe Whoが先にやることになったのだが、The Whoとジミは同じポリドールに所属するアーティストということでよく対バンすることになる。で、ジミはThe Whoに負けないステージをやるってことで、相当気合いを入れていたようだが、ビデオ「Jimi Plays Monterey」を見ればわかるように本気も本気、相当気合いの入った演奏が見れる。冒頭ブライアン・ジョーンズによって導かれるジミが唐突に演奏し始めるのが「Killing Floor」で、そのイントロからしてもうバリバリのロック、これ以上はないくらいのロックが聴けるし、アメリカの聴衆は間違いなくこいつ一発で驚いたことだろう。単純なスリーコードにリフを被せたものだが、ここまで疾走感と迫力を見せつけられるバンドはそうそういない。ジミのギターもさることながら、ミッチ・ミッチェルの小技の多いドラミングがそれを手伝っていることも重要。「Foxy Lady」にしてもイントロのアクションから最高にかっこよくて、しかも曲の作りがシンプルでキメを作れるため凄くインパクトが強いしプレイそのものも素晴らしい。

 ディランの名曲「Like A Rolling Stone」にしてもジミ的解釈の上で原曲に忠実にプレイしているが、やっぱり魂の入り方がディランのそれとは大きく異なる。同じイベントに参加していたマイク・ブルームフィールドは目の前でコレを聴いてどう思ったことだろう?

 そしてカバー曲が続くが「Rock Me Baby」…もはやカバー曲とは思えないほどジミ流ロックに仕上がっていてお得意のスリーコードにブレイクを挟み、自由奔放にギターの音が空を駆けめぐるようなプレイを施し、且つリズム隊は手数の多いフレーズでしっかりと地を固めてプレイしているというアンサンブルの巧さが光る。ジミはと言えばほとんど「Rock Me Baby Rock Me All Night Long」以外の歌詞を歌わないで進めているってのもロックらしい。そして静かな曲として始められた「Hey Joe」だが、こんな曲でも沸々とジミの魂が伝わってくるし、映像では表情が完全に曲と一体化していてもう最高にかっこよい。うん。背中でギター弾いたりするアクションも観客の度肝を抜いたに違いない。「Can You See Me」は映像がなく音だけになるけど、激しくプレイしまくっていることは明らかできっとそのまま熱気ムンムンでやっているんだろうなぁという姿が目に浮かぶ。そして意外と知られていないが、優れた名曲として名高いハズの「The Wind Cries Mary」。凄く好きな曲なんだよね、これ。ギターの半音進行のフレージングが気持ち良くて。曲進行的には「Like A Rolling Stone」と何となく似ているのは疑いすぎ?ジミってこういう曲でのギターソロの最初の一音の使い方が上手くて、インパクト絶大。曲中のオブリギターも優しくて、激しいだけではないジミのプレイがよくわ分かる愛に溢れた演奏。

 そして終盤、「Purple Haze」で更に盛り上げてステージを展開し、最後には挑発的なフィードバックから奏でられる「Wild Thing」が始まるが、このワイルドなノリはアメリカを侵攻するに相応しい決定曲で、腕全体でギターを愛撫する姿から歯でギターを弾くシーン、ストラトを振り回すアクション、左手を挙げたまま右手だけでソロを弾いてしまうシーンとどれを取ってもジミの破壊的側面が顕著に表れた素晴らしいステージングとなった。マーシャルアンプとギターを間に入れて交錯するシーンから最後の最後にはThe Whoに負けてたまるかとばかりにストラトにジッポのオイルをかけて燃やしてしまうシーンは永久に語り継がれるべき場面で、その恍惚とした姿はジミを神と呼ぶに相応しい一幕だろう。その後派手にノイズの嵐の中でギターを破壊してステージを去る場面まで、開いた口がふさがらない状態で映像を見てしまう。ナマで見ていた人はどれだけ衝撃的だったことだろう…、映像に映る観客の一部は正に信じられないと言った表情で呆然としているが、素直にそれ以外の反応は示せないだろう。素晴らしい。これぞ、ロックだ。

 しかしこれだけの貴重な映像にもかかわらず今現在では廃盤状態で、CDは「Live at the Monterey Pop」として入手できるようだが、映像は未だにDVD化されていない。少なくともビデオ時代の映像のDVD化だけでもしてもらいたいものだ。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 6

There are no comments yet.
ezee  
いいっすね

お久しぶりです。
いつも拝見させていただいております!
モンタレーってコトで思わずコメントです。
これ廃盤なんですか~!!
無茶苦茶いいのに~
風の中のマリーやヘイ・ジョーあたりのオブリも最高っすね。
また引っ張り出してきて聴きます!

2006/05/03 (Wed) 22:59 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

おはようございます!(昼か!笑)
映像を見ない私ですが(爆)、ジミヘンは、やっぱ映像見ないと魅力は半減ですよね!こと細やかな情景描写・・・が凄いですね~手に取るように見えてきます!
ジミヘンを書かせたら、フレさん以外にいませんね・・・その書き方から愛を感じます!フェスティバルのトリをめぐってのバトルが、懐かしい時代を感じますね!ジミヘンがROCKERとしての、全ての要素を持っていたスーパースターであり、今生きていたらどうだったのかな~といつも思います。
参考になるな~ほんと!

2006/05/04 (Thu) 12:46 | EDIT | REPLY |   
papini  

実はウチにビデオあった(笑
なので当然のように見てたんだけど、
そっかぁ・・・廃盤なんだぁ・・・。
かっこよくって、何度も観た。
何度も観るから、アタシ用に買ってもらったぐらい(笑
DVDになったら即買うのになぁ・・・
っていう人、絶対たくさんいると思う。

ほら、ここにもいるし(笑

2006/05/04 (Thu) 21:49 | EDIT | REPLY |   
Shinyan  
ナンダヨ・・・

廃盤になっちゃってんの??
しかし、あのギター炎上パフォーマンスはショッキングな映像だったなあ・・・
やっぱ、ジミヘン最高!!!

2006/05/05 (Fri) 11:27 | EDIT | REPLY |   
フレ  
コメトラ、さんくすっ!

>ezeeさん
ども♪廃盤ってみんな知らないですよね?昔から知ってる人は持ってるから出てるかどうかなんて気にしないもんなぁ。←自分も。そ~なんですよ。どういうこっちゃ!って感じです。はい。もしかしたら情報が古いのかもしれませんが(笑)。ジミヘンの感情モロ出しのギターはタマランっす。

>エヴァ姉さん
映像、たまに見ると強烈っす。情景描写…、今回は結構気合い入れました(笑)。某女性よりジミヘンまじめに読みたいっていうリクエストもありましたので、その辺は女性にマメなフレとしては気合い一発です(笑)。もし今ジミヘンが生きていたら…スライみたいになってるかもしれませんね。あんまりまともにロックの世界にいるとは思えないんですよ…。

>papini嬢
そして自分でDVDR作るんだよ、きっと。ホラ、ここにいる(笑)。このジミってエロティックだもんなぁ。

>Shinyan
ショッキングだったでよね?アレ。ホントあんなことやるんだ~って驚いたモン。

2006/05/06 (Sat) 21:04 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

その女性は、めちゃかっこいいですね~(爆)あこがれる~

2006/05/07 (Sun) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply