Hydria - Poison Paradise

1 Comments
Hydria - Poison Paradise (2009)
ポイズン・パラダイス Mirror of Tears
Poison Paradise - Hydria Poison Paradise Mirror of Tears - Hydria Mirror of Tears

 もうキャリア15年近くになるWithin Temptationともなると後世のバンドにも結構影響を与えている面も多くて、そりゃヨーロッパでは絶大な人気を誇るワケだから影響される人達も当然多いんみたいで、いつもフォロワーが出てきては消え…ってのが繰り返されてきた。尤も模倣しただけのバンドではなかなか生き残れないのは承知の上だが、今度は意外なトコロから出てきて意外なことにもの凄いハイレベルで良い方向に消化して盈虚を受けたバンドが日本デビューを果たした。

 2011年に日本デビューになるんだけどアルバム自体は2009年に出ていたという代物でして、Hydriaとしてはセカンドアルバムとなる「ポイズン・パラダイス」。日本盤をわざわざリリースするってのがね、珍しいなぁと。ブラジルのバンドで、ファーストアルバム「Mirror of Tears」を聴いた時にも本ブログで登場しているんだけど、かなりハイレベルで好ましい音だったんだよね。だから今回セカンドアルバムの日本盤リリースを見ていて、おぉ~とちょっと嬉しかったり。ただまぁ、全部が全部好きってワケでもないんだけどね。ただ、凄いレベル高いから面白いんだ。ブラジルって、こんなにメタルが盛んなのかと思うけど、結構イメージとは異なってこういう音にハマれるのかもしれないな。

 Hydriaの「ポイズン・パラダイス」では前作「Mirror of Tears」から更にバージョンアップしていて、ゴシックメタルとスピードメタルとパワーメタルって感じかね。そこにちょっとメロディアスな要素が加わって壮大さを増しているというのか。気になったのはここでデス声を入れてくるか、という逆行くらいかな。好みじゃないからさ。ただ、メロディとかフレーズとか歌声とか良いんだわ。21歳のラクエル嬢ってことらしいが、こういう声ってのはブラジル女性の特徴かね?結構好みの歌声とメロディで惹かれてしまうのだが…。いや、曲もアレンジも相当良く作り込まれてますよ。更に全体の音のバランスとミックスも好みで、自分実はブラジルのメタル好きなのかもしれないという発見?いや~、どうだろ?

 ラクエル嬢のキュートな顔写真はジャケットからはあまり見れないんだけどさ、日本盤のジャケットには何か思い切りそれで売ろうという魂胆か、プロマイドを付けてしまって、勝手な萌えなセリフまで入れているというのはどうかと思うが、まぁ、結果的には音の良さで残ってくれれば嬉しいね。欲を言えば更にフックの聴いたメロディが増えてくれると面白いかな。YouTube見てると結構王道ゴシックバンドのカバーもやっていたりして面白いね。しかもオフィシャルサイトで今アコースティックアルバムをDLできるようになっていてなかなかこれからが楽しみなバンドです♪



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 1

There are no comments yet.
ヘタリカ  
アカン!

フレさん。Within Temptationゴチです。
こんなの知りませんでした。

聴いていて余りの心地よさに
脳が喜びました。
ヘタリカは実はハード・ポップはダメなんですが、
フレさんの紹介頂いたこの曲と解説は
確かに、一説の理ありですね。

ご馳走様でした。

2011/04/26 (Tue) 00:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply