Otis Redding - Live In Europe

7 Comments

 モンタレーから半年後、飛行機事故で26年という短い一生を終えてしまう不運なソウルマン、オーティス・レディング。ロックイベントとしてのモンタレーに出演し、ストーンズの「Satisfaction」なんかもカバーすることでその力量を見せつけたことからロックファンへのアピールは大いに反響を呼び、普段R&Bなど聴かない連中までをターゲットにした偉大なるソウルマン。墜落死した飛行機から死体を引き上げる写真が残っていることでその無惨な姿が目に焼き付いているのだが、モンタレーでの映像を見てわかるように非常に大柄な人で、ノドを真っ赤に膨れ上がらせながら歌うその姿はロックそのものとも云えよう。

 活動期間が1964年から1967年と短かった割には7枚ものオリジナルアルバムをリリースしていて、どれもこれも聴け、と言われるのが関の山だったんだけど、やっぱりスタンダードに「Live In Europe」(奇しくも生前最後のオリジナルアルバム…っつうかライブ盤だからなぁ…)が一番聴きやすい。もちろんロック好きにとって、だが。冒頭の「Respect」からして勢いアリアリのホーンセクションともうこれ以上はないってくらいのオーティスの歌、「Shake」あたりでは例によって「Gotta gotta gota it got it…」みたいなのがわんさか出てくるなど、実にノリノリのライブアルバムで、更にこういう人達の巧さを実感するのはやはりソウルバラード。名曲と言われる「I've Been Loving You」については正直言って何かを語る必要があるとは思えないくらいエモーショナルで魂を感じる曲。ジャニスが男だったらこういうの歌えたかもなぁ…。まぁ、「Satisfaction」にしたって「Day Tripper」にしたって客寄せ的な選曲なんだろうけど、見事に原曲を超えたソウルフルな歌声でロックもソウルも関係ないんだ、みたいな歌はやっぱり凄い。

 一方オリジナルアルバムではやっぱり「Dictionary Of Soul 」かな。「Otis Blue」も良いなぁ(笑)。確かにどのアルバムも聴かないといけない、みたいな言われ方するのは納得(笑)。「Otis Blue」はさ、ジャケットも素晴らしいので個人的にはこちらが好みではあるかな。うん。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 7

There are no comments yet.
ママロック  

「Live In Europe」、かなり聴きました。もう、レコードはぼろぼろです!
オーティスの「男心」は、じんわりくるんですよ・・・。

2006/05/03 (Wed) 18:26 | EDIT | REPLY |   
ぷくちゃん  
うれしいです!

おおおおーてぃす!私のアイドル!
「Otis Blue」はジャケット完璧で大好きです。でもジャケットに惹かれて買って聴いたら男でびっくりしたという思い出が・・・・よみがえります。

2006/05/03 (Wed) 18:48 | EDIT | REPLY |   
フレ  
さんくす!

>ママロックさん
しっかりとあの「男心」伝わりますか!歌を歌う人にとっては強烈な魂でしょうねぇ。

>ぷくちゃん
ジャケットに釣られて買ったら女だった、ってのはジャズ系行ったらそんなんばっかやん!

2006/05/04 (Thu) 07:55 | EDIT | REPLY |   
波野井露楠  

すみません!
オーティスの記事にうれしくなって大量にTBしてしまいました。ご迷惑だったでしょうか…(@@)。
>歌うその姿はロックそのもの
私もそう思います。
ライブバージョンのシェイクなんか聴くと、こちらまで頭を振って叫び出したくなります(^^;)。

2006/05/04 (Thu) 08:31 | EDIT | REPLY |   
Shinyan  
流石に・・・

幅が広いなあ・・・・
“シブ・カッコイイ”そんな感じかな?
R&Bなんていうククリじゃ収まりきれない印象も・・・

2006/05/05 (Fri) 11:19 | EDIT | REPLY |   
フレ  
コメさんくす!

>波野井露楠さん
いやぁ、ちょっと予想してました(笑)。レビュー見てて好きそうだからなぁ~って(笑)。

>Shinyan
う~ん、ソウルはそんなによく知らないんだよね。R&Bって括りで収まらない…んなこと云ったら大物バンドは全部そうだろ(笑)。

2006/05/06 (Sat) 20:58 | EDIT | REPLY |   
ariken  

フレさんなら当然もうすでに取り上げているんだろうと思っていました。
オーティスはリアルタイムではあまり知らなかったんですが、やっぱり大好きなトム・ジョーンズのカバーでよく知るようになったんです。60年代後半のアルバムはよく取り上げていましたから。当然トムなりのあの歌い方ですけど。
フレさんの言うとおりジャニス・ジョップリンと通じるところがありますよね

2006/08/03 (Thu) 13:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 7

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Otis Redding ’OTIS BLUE’
  • 偉大なる’ソウル・シンガー’・・・オーティス・レディング。飛行機事故により失われた命は26歳というあまりにも短いものであったが、彼が残してくれた’魂’は今もなお輝き続けていると思う。このアルバムは’65年発表の名盤。今夜のような、まだほんの少し薄ら寒い春
  • 2006.05.03 (Wed) 20:00 | RIWTA’S
この記事へのトラックバック
  •  「凄すぎる23才!」 オーティス・レディング/オーティス・ブルー
  •  前回、「オーティスはもちろん素晴らしいが、私はウィルソン・ピケットが好き」ということを書いたが、その後このアルバムを聴いて反省した(^^;)。私はなんて馬鹿なことを書いてしまったのだろう。オーティスもウィルソン・ピケットもどちらも最高のソウルマンである
  • 2006.05.04 (Thu) 08:24 | 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~
この記事へのトラックバック
  •  「悲しくならない(?)Sad Song」 オーティス・レディング/ソウル辞典 
  •  昨日に引き続き、今日もオーティスを聴いています(^^)。 「オーティス・ブルー」に比べると、のんびりした感じでリラックスして聴けるのがこのアルバム。サブタイトルに「Sad Song」とあるものの、私にはあまり悲しさが伝わってこない1曲目の「ファ・ファ・ファ」を
  • 2006.05.04 (Thu) 08:24 | 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~
この記事へのトラックバック
  •  「これも運命なのか!?」 オーティス・レディング/ザ・イモータル
  •  土曜の朝から今日もオーティス。これは、オーティスの死後2作目、通算9作目となるアルバム。「喉の手術をした後のオーティスは唱法を変えざるを得なくなり…云々」という話をよく聞くが、そんなことはどうでもよくなるくらい「これもオーティス!」という名盤である。 
  • 2006.05.04 (Thu) 08:24 | 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~
この記事へのトラックバック
  •  「シャウトがなくても」 オーティス・レディング/ドック・オブ・ベイ
  •  TVをつけて驚いた。BS2でなんとオーティスの番組がやっていたのだ!しかも、案内役が清志郎!きちんとチェックしていればビデオに録画できたのに…。(うーん。悔やまれる。) しかし、「悔やんでいるよりも、しっかり見なくては!」と途中からだったが、そのTVに
  • 2006.05.04 (Thu) 08:25 | 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  オーティス・レディング
  • Biography誕生:1941年09月09日  in Dawson, GA死亡:1967年12月10日  in Madison, WI ’67年、まだ26歳という若さでこの世を去ってしまった偉大なるR&Bシンガー、オーティス・レディング。
  • 2006.08.03 (Thu) 22:41 | ariken-" IT’S NOT UNUSUAL"