Devin Townsend - Addicted

2 Comments
Devin Townsend - Addicted (2009)
Addicted KI~氣~
Addicted - Devin Townsend Project Addicted Ki ~氣~ - Devin Townsend Project Ki

 Steve Vaiが1990年にリリースしたソロアルバム「Sex & Religion」にて一躍注目を集めたボーカリスト、Devin Townsendという人。…と言う人ってのは、知ったのが最近だったから(笑)。いや、その筋では相当有名なミュージシャンで、奇才とも言われているくらいにシーンへの貢献度が高くてインパクトのある人のようだ。以前にtwitterで流れていたのが気になって聴いてみたら割と不思議な世界観だったので何度となく聴き直していたりしたんだよね。それからしばらくしてかな、Steve Vaiの「Sex & Religion」に参加していたボーカリストって知ったのは。へぇ~、って感じで、そんなトコロに繋がっていくのか、と驚いたし。

 2009年にリリースされた「Addicted」という作品で、巷の評判もかなりのものらしいが、聴いてみるとこれがまた奇才って言うのが良いかどうかわからないけど、凄くハイレベルな世界を実現している。音的にはカオス的とも言えるうるさ型のロックなんだけど一言でHR/HMって世界とも言えない広がりがあるので深い。凄い芸術家な面も多いんだろうけどしっかりと売れる線ってのも持っていてこりゃハマる人はハマるわ、って。単純にくくれない音楽性の広さと歪んだギターにしても縦横無尽に使われている。更に歌にしても結構なインパクトがある…、ルックス見ると更に凄いインパクトあるんだが(笑)、こういう輩とSteve Vaiが組むってのも意外な感じがするもんだ。

 Devin Townsendの「Addicted」が気になったのは、Steve Vaiからの繋がりではなくて、The Gatheringというゴシックメタルの第一人者とも言われるバンドの看板ボーカリストのアネク嬢が参加した作品だから、ということで気になった次第なんですね。ゴシックメタルのお姫様が普通のHR/HM系の曲を歌うとどうなるのかな?っていう興味だったんだが、普通のHR/HMじゃないから何とも(笑)。そもそもアネク嬢がDevin Townsendのファンでライブでもカバーしたりしていた関係で、チャレンジャーなアーティストのDevin Townsendが声がけして実現したセッションのようだ。それが故にDevin Townsendの作品ながらもアネク嬢とのジョイントという側面が強くて、ボーカルもアネク嬢が結構前に出てきていて凄い新鮮。音楽的な深さの中、アネク嬢が歌う曲はまるでゴシックではなく疾走感のある曲だったりするんでかっこ良い。

 こういう新鮮な世界って取っ付くのも大変だけどやっぱ面白いなぁと思う次第で、Devin Townsendの色々な作品にも手を出しておくべきかな。ただ自分的にはどうしてもアネク嬢に先に行ってしまうのだが(笑)。いや、それはともかく凄い面白いアーティストと作品。多彩で深いアルバムとしてはとっちらかった印象すら受ける作品だけど一本筋の通った統一感が作風として存在しているという面白さ。アネク嬢のカラフルさはしっかりとアルバムを彩っているのもいいね。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
K平  
彼の別ユニット

STRAPPING YOUNG LADが好きで、一時期 はまってました。
「歌舞伎町から~」みたいに長い日本語タイトルには、もひとつ馴染めませんでしたけど、小さいLIVE HOUSEで聴いたら
それこそ「超怒級怒濤重低爆音」で 
気持ちよさそうです。おすすめしますよ。残念ながら このユニットは もう止めてるみたいですね。

2011/02/04 (Fri) 14:52 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>K平さん

うわ~、深いですね。自分はホント最近知ったので全然これからですけど、やっぱりハマる人はハマってるんですね。これから徐々に聴く機会を増やしたいと思います♪

2011/02/06 (Sun) 22:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply