Lordi - Arockalypse

0 Comments
Lordi - Arockalypse (2007)
ハード・ロック黙示録 スペシャル・エディション(DVD付) ハード・ロック黙示録 ザ・ビデオ [DVD]

 21世紀になると多様なバンドが世界中のアチコチから出てきて、特にヨーロッパからの進出が目立つようになってきた。キッスのコンセプトを継承していたのはもちろんアメリカにも一部いたが、やはり本国ではキッスの絶大な影響力のおかげであまり表立って出てくる事もなかった。ま、自分が知らないだけかもしれないが…、あ、Slipknotがいたか。Slipknotも極端なまでにキッスが示した方向性を解釈して、さらに世間では一般に受け入られないであろうスラッシュメタルを浸透させてしまったんだから、やはりメイクとコンセプトによる市場侵攻はその時々によるのだろうが、実力が伴っていればしっかりと売れる事が証明されている。

 そして北欧のフィンランドから出てきたLordiだ。コンセプトはキッスと似たようなもので…ってかキッスのファンクラブだった人間が作ったバンドなんだからそりゃそうだ、って話ですがね、メイクには拍車がかかっており、さらに飛躍させて怪物メイクと衣装とステージセットという凝り具合だ。おかげで自身のライブに於ける演奏力をある程度放棄している部分もあるが、それはそれとして大いにステージを楽しめるようになっている。何と言ってもアルバムごとに微妙にコンセプトや衣装が替わっていたりするのだが、根本的には同じ怪物路線で一つのポリシーが感じられるトコロがファンに通じるものがあるのだろう。そして楽曲はと言えばキッス直系のポップなハードロック路線+80年代メタルの雰囲気を体現しているという見事なアレンジ。2007年にリリースされた三枚目のアルバム「ハード・ロック黙示録」ではユーロビジョン出場優勝曲「Hard Rock Hallelujah」を収録しており、売れに売れたアルバムとなったが、一つのアルバムとしても実によく出来ていて聴きやすいし覚え易いしわかりやすい。どの曲取ってもキャッチーなメロディと明るい雰囲気を持っていて、それでもなおハードロックと80年代メタルという路線も変わらない見事な出来映え。

 日本でも「ハード・ロック黙示録 スペシャル・エディション(DVD付)」から売りに出てきて、DVD付きのデラックスエディションの廉価版でリリース。わざわざ輸入盤でDVDを入手してたのにな。ま、これでメジャーになってくれればいいか、っつうのもあったけど。フィンランドの凱旋ライブではもの凄い人の波で10万人くらい集まったと言う話だし。そしてPVもLordi氏自らのアイディアで作られてて、どれもこれもホラー映画とコメディが入り交じったような路線のPVで楽しませてくれる。相当のオタクらしく、何事につけてもスキがない。そんな人物がやる明るいバンドで怪物集団なんだから世も末だ。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply