Fairport Convention - House Full

Fairport Convention - ハウス・フル (1977)
ハウス・フル+5(紙ジャケット仕様) House Full : Live At The LA Troubadour
House Full - Live at the LA Troubadour - Fairport Convention House Full - Live at the LA Troubadour Full House (Remastered) - Fairport Convention Full House

 英国ロック界に於いて実はトラディショナルフォークとの境目なんてのは多分そんなに存在していないんじゃないかと思う。もちろんアコースティックだけでトラッドを奏でているバンドとギンギンにハードロックを演奏しているだけのバンドじゃ差はあるけど、実際どっちもそんなに数多くはないし、70年代だと尚更少ない。よってロックというフィールドには実に多彩な音楽が入り交じっているのが70年代英国ロックの楽しさ。そしてその全てを包括してしまったのがLed Zeppelinというバンドだったんじゃなかろうかと。一方でトラッドの世界に於いてLed Zeppelinと同格の地位を築きあげていたのが多分フェアポート・コンヴェンション。まぁ、そういうのはジャズならマイルス・デイヴィスとかブルースならロバジョンとかそういう話になるんだろうけど(笑)。いやいや、それでですね、ココのところのライブ盤シリーズを書いているウチに、トラッドのバンドってライブ盤ってあまりないよな、と思ったワケです。フェアポート・コンヴェンションはあるんだけど、他がさ、あまり見当たらないんだよね。そしてもうひとつ、トラッドだけど多分普通のロックなんかよりも全然激しいライブを聞けるってのもフェアポート・コンヴェンションくらいかもしれん、と。

1977年にリリースされた「ハウス・フル」だけど、割と複雑な経緯を辿っているライブアルバムでしてね…、元々は1970年のトルバドールってとこのライブ音源を記録している作品なんだけど、リリース時には「Live At The LA Troubadour」として出まして、その後80年代に「House Full」っつう形でジャケットも曲も変えて出てきた。そんでもって更に2000年代になってからCDでその両方を合わせたような…、ような、ってのはだ、何曲か少なかったんだよ、この時点でさ。ま、それでも過去一枚のライブとしては一番長かった「House Full : Live At The LA Troubadour」がまたジャケット違いで出てきて、更に2009年にようやくSHM-CD完全収録盤的に「House Full 」「 Live At The LA Troubadour」の二つのアルバムを合わせた一番長いバージョンとして「ハウス・フル+5」がリリースされたワケです。長い来歴を誇る「ハウス・フル」なんだけど今のところこの「ハウス・フル+5」が最終型として君臨していていいんじゃないか。

 って複雑な経緯を辿りながらもそこまで愛されるライブアルバムだったのか?と言う点では驚くことにまず、サンディ・デニーが不在の頃のライブ盤なんだ、と言うこと。いや、だからと言って演奏の質とか激しさとかライブの熱さとかってのはもうロックのライブアルバム群の中ではもの凄く上位に入ってくるくらいのライブなんで、文句なしです。ただ、サンディ・デニーがいない時期、ってのが不当に聴かれなくなっているフェアポート・コンヴェンションの「」の不遇な運命。サンディ・デニーだったらこんなライブにはならないし、いないから余計にこんなに凄いライブになったんだと思う。過度期のフェアポート・コンヴェンションがどういう方向性に進むのか明確でないままただひたすらに熱くプレイしているひたむきな姿が凄くてね。曲を知っていようがいなかろうが、ライブってのはこういうもんだと。トラッドとかの枠を外して聴いてみてもらいたいね。特に必殺の「Matty Groves」でのリチャード・トンプソンのプレイは正に英国人でしかあり得ない、そしてこんなに熱くてクールなプレイはあり得ないってくらいのギターが聴けるし、もちろんバイオリンのデイヴのプレイもひたすら熱気が詰まっている。凄い。

 ロック畑の人は割と聴かないだろうし、聴いてもLed Zeppelinの「レッド・ツェッペリンIV」に参加したサンディ・デニー繋がりで、という部分も多いが故にサンディ・デニーが参加していない作品にはあまり手を出していないのかもしれないけど、その実フェアポート・コンヴェンションの底力をここで聴くことの出来る凄いライブ。是非是非試してみてください♪





関連記事

Comment

[6338]

こんばんは、jamkeといいます。フェアポートコンベンション。まったくスルーしていました。
トラッドというとなんだか野暮ったいイメージがありました。
このビデオははじめてみましたが、・・いいじゃーないですか。
彼らのことを若干誤解していたかもしれませんね。
これはぜひ聞いてみたいと思いましたよ。

[6339] >jamkenさん

Fairport Conventionってイメージで損してるかも。でも、そこを超えるとかなり面白いんで楽しんでみると良いです。

[6424]

危うくサンディの初期三枚で終わらせてしまうとこでした。
フレさんに多謝です♪

[6427] >rattleheadさん

いや~、サンディ時代以降も相当かっこ良いロックバンドなんですよね。
自分もそんなに気にしてなかったんだけど、このライブを聴いたら意識変りましたもん。
凄くかっこ良いアルバムですよ、こいつは♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/1909-d6c3b7bb

FAIRPORT CONVENTION - 「HOUSE FULL: LIVE AT THE LA TROUBADOUR」

TREESを突破口にフォーク・ロックの世界に足を踏み入れてみると必然的にサンディ・デニー嬢が歌う初期三枚、その中でも最高傑作と名高い四作目「LIEGE & LIEF」から入るのがおそらく最もポピュラーであり、ご多分に漏れず聴いてみた。で、前述の残り二枚にサンディ脱退…

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ+

2017年 10月 【21件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon