Art Blakey And Jazz Messengers - Moanin

2 Comments
Art Blakey And Jazz Messengers - Moanin (1958)
Moanin サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ Vol.3
Moanin' (Live) - Art Blakey Moanin' (Live) Art Blakey's Jazz Messengers With Thelonious Monk - Art Blakey & Thelonious Monk With Thelonious Monk

 ジャズ界の面白いトコロは花形であるトランペットやサックス、またはピアノなどのメロディ楽器によるリーダー作ばかりが注目されるワケでもなく、不思議なことにドラマーやベーシストがリーダー作の作品にも注目が集まることだ。じドラマーがリーダーの作品のくせにもの凄くメロディアスで素晴らしい音ってのがいくつかあったりして、誰が曲を作るのかというのもあるだろうし、演奏者の出来映えによってもガラリと変わったりするので面白い。たまたまその時にノッていたことから名演が生まれて収録された、っていうのも多いしね。

 そんなことで稀代のドラマーとして名を馳せるアート・ブレイキーの大出世作「Moanin」ですね。このメロディはきっと皆聴いたことがあるか、聴けばすぐに馴染むラインなので一度聴いてみてほしいね。ボビー・ティモンズのピアノの音色とメロディ印象的な「Moanin」というヒット曲は彼自身が作曲したもので、自身のリーダー作じゃなくてアート・ブレイキーの「Moanin」で発表しているあたりがネームバリューを上手く使うってとこか。全くこの一曲で知名度を上げたことは想像に難くないし、ピアノのプレイも流暢に聴けるもの。曲そのものはややモードがかった調子なのも時代的に早い取り組みだったのでは?トランペットにはリー・モーガンが参加していることからスウィングしたジャズも聴けるのでそういう意味では割とバラバラな曲調が散乱してはいるかも。

 何となくジャズのプレイヤーによる個性とか見えてくるとね、追いかけ方がわかってくるんですよ。ブログではそういう感じに進んでないんで、まだまだ初心者ですけどね、気に入ったフレーズを醸し出している人のリーダー作とか参加作品に渡って行って、そこでのプレイをまた楽しむ。この「Moanin」では明らかにボビー・ティモンズのピアノが中心になって作られている感じがするので実はあまりドラマーのアート・ブレイキーに着目されはしないんだろうけど、アート・ブレイキーがリーダー作の「Moanin」と言えば通じるというとこだ。あまり気にしないでいいのかもね。みんな知り合いだし、今日はこっち、明日はあっち、みたいなもんだからさ。その緊張感を一発で録音するからジャズは面白いんだろう。しかし心地良いハードバップの作品なので初心者には思い切りジャズな雰囲気にひたれる。

Moanin' (The Rudy Van Gelder Edition)
Amazon MP3 Download



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
zagan  
名盤って言い方嫌いなんだけど

名盤っすよね。
音も良いので聴き疲れしないですからね。

初めて聴いたのは、中学生くらいだったかな。
先輩がLux38FDとJBLの4シリーズの何かを持ってて、自宅に行くとこのアルバムだのフォークだの聴かされてました。
不思議な趣味の持ち主だったなあ。

2011/08/18 (Thu) 00:51 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>zaganさん

LuxとJBLは今でも最強の組み合わせと信じてます♪
まぁ、若気の至りの知ったかぶりで手に入れたので思い入れ強いんですけど(笑)。

2011/08/19 (Fri) 20:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply