Sonny Clark - Cool Struttin'

0 Comments
Sonny Clark -クール・ストラッティン (1958)
クール・ストラッティン+2 ザ・コンプリート・クール・ストラッティン・セッション
Cool Struttin' - Sonny Clark Cool Struttin' Cool Struttin' (The Rudy Van Gelder Edition Remastered) - Sonny Clark Cool Struttin' (The Rudy Van Gelder Edition Remastered)

 ジャズ界広しと云えども、自分的には恐らく最も好きなジャケットの一二を争うくらいの名盤を久しぶりに聴きました。若い頃はひたすらこのジャケットにハマって音を聴いていて、そして音の方もホントにクールでかっこ良かったので愛聴盤にしていたソニー・クラークの「クール・ストラッティン」。ちなみにサックスではジャッキー・マクリーンが参加してますね。

 このソニー・クラークと言うピアニストですが…、ロックンローラーなんかよりもブルースメンよりもロックらしいかもしれない生き方だったらしく、31歳でヤクで死んじゃったという人。ジャズメンってホント悲惨な人生を送る人も多いみたいでさ、そりゃ薄暗いバーでひたすら演奏しているだけみたいな感じで、たまにレコーディングで一気にライブ録音して…、売れるかどうかとか売れてるかどうかなんてのもよくわからないまま音楽してたんじゃないかな。だからこそピュアな心意気がそのまま熱い演奏になって収録されている名盤ってのが多いんだ。50年代から60年代は正にそんな時代で、皆が模索しながら気の合う仲間よジャムセッションを行ってあっちこっちに顔を出して自らを鍛え続けて行ったみたいなトコロがある。武者修行とかっていうよりも好きで、好きだからこそアチコチで…みたいにね。当然ジャンキーにもなるだろうし、アルコールも深くなるだろうよ。それでもこんな名盤を作り上げて、しかも半世紀以上聴かれ続けているんだから素晴らしいよね。本人生きてたらどう思っただろうか?

 そんなソニー・クラークの超名盤「クール・ストラッティン」。冒頭のタイトル曲「クール・ストラッティン」のイントロが鳴った瞬間に「おぉ~!!」と震えが来るくらいのメロディの良さ、そしてここでもジャッキー・マクリーンのアルトサックスが心地良い。トランペットのアート・ファーマーとのユニゾンメロディもなかなか新鮮な音色で面白い雰囲気を出してるし。その異空間的雰囲気は次の曲でも使われていてひとつのモチーフが見えるね。ピアノプレイヤーなのに管楽器系をメインのフロントに仕立てて聴かせるジャズ、ってのがこれまた良い。しかもお得意のグルーブの効いたジャズらしい~ジャズ。万人がジャズとして楽しめる定番になったのも頷ける素晴らしい作品。それこそミュージシャンの息遣いから指のフレーズまで聴こえてくる雰囲気は凄い。未熟なジャズリスナーにとってみるとこんなに取っ付き易いアルバムはないし、女の子にもモテる音ってのもひとつのポイント♪いや、そんな軽い話じゃなくてもさ、心に余裕のできるジャズなんだ、それでいいんです(笑)。

Cool Struttin' (The Rudy Van Gelder Edition)
Amazon MP3 Download



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『クール・ストラッティン』ソニー・クラーク
  •     "Sonny Clark / Cool Struttin' " [Sonny Clark / Cool Struttin'] 仕事からの帰り道… 音楽教室から流れてくるジャズっぽいフレーズが心地良く耳に入ってきて、、、 その後、なぜだかわからないのですが、「ソニー・クラーク」の『クール・ストラッティン』を...
  • 2012.02.22 (Wed) 22:50 | じゅうのblog