Rhapsody of Fire - The Frozen Tears of Angels

0 Comments
Rhapsody of Fire - The Frozen Tears of Angels (2010)
The Frozen Tears of Angels

 メロスピ、クサメタルの代表格と言えば、イタリアのRhapsody of Fireになるのかな。あとはStratvariousやSonata Arcticaあたりと言われるが、その実そこまでよく聴き込んでいないので詳しくは分からない…。ま、それでもRhapsody of Fireは前に聴いた時にさすがにひと味違うな、と思ったので何となくは聴いていた。そして2010年になって3年半ぶりに新作「The Frozen Tears of Angels」をリリースしたとは聞いていたものの音の方はまだ聴いていなかったので、この機にようやく手を出してみました。

 意外な事にこれまで聴いていたメロスピ系とはまるで異なると言っても良い音楽性を打ち出していて、独自の展開によるメロスピの世界を築いてた。さすが。ただ単に速いだけじゃなくてきちんとクラシカルな要素やオーケストレーションもしっかり曲にマッチされているし、テクニックはもちろんの事、「The Frozen Tears of Angels」のアルバムそのものもテーマが明確になっているだけあってわかりやすい。全くRPGの世界なんだ。歌詞まできちんと追いかけていれば楽しいんだろうなとは思うが、そこまでは行き着けていない。

 聴いていると驚くばかりのギターテク、こんなに速く弾けるのかね?ってくらいのソロで、手癖とは言えよくやるわ、ってくらい。元々メロディーはしっかりした楽曲だから単なる速弾きにはならないが、展開が見事でね。一曲一曲が長いからそういう展開持ってないと飽きられるし、その辺は長年のキャリアの差か。「The Frozen Tears of Angels」は絶対聴くべしとは言わないけどイタリアにはRhapsody of Fireありき、ってのはしっかりと見せつけた作品だね。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply