Unlucky Morpheus - Hypothetical Box ACT 2 (2010)

6 Comments
Unlucky Morpheus - Hypothetical Box ACT 2 (2010)



 Light Bringerの「Midnight Circus(ミッドナイト・サーカス)」にハマってから4ヶ月くらい経つんだけど相変わらずお気に入りの一枚でなかなか楽しい。ライブもアチコチであるので見に行ったりしたいな~と思いつつも対バン形式って好きじゃないのとセットが短いのはやや不満なのでもうちょっと大きくなって1時間くらいのライブをやってくれるようになるのを待ってる。もうじき渋谷でイベントやるらしいけど、そちらはLight Bringerが主役のようなので結構長いライブが見れるかもしれん。ちょっと楽しみかな。ただ、行ける行けないは時の運。

 はて、Light Bringerにそこまでホレこむ理由ってのは楽曲の楽しさが圧倒的にあるのは間違いないけど、やっぱり歌い手のFuki嬢の歌唱力と表現力が凄いからって云うところも大きい。何かね、もっと聴きたくなって、結構調べたりするといやはや、これが自分の知らない世界に出会ってしまうので困る。文化がどういうことになってるのか理解できてないから音を手に入れるのもどうしたもんかと悩む。悩むがそんな時はネットに訊けばいいか、と…。そんでUnlucky Morpheusなるプロジェクトの事を知る=通称「あんきも」ってらしい。Fuki嬢は名前を天外冬黄としていて、ギタリスト兼コンポーザーのような人と二人で相当に本気で遊びなユニットでアルバムやシングルもガンガン出しているみたい。オフィシャルサイトあるから見ると分かるんだけど、果たして何がどうなっていつ曲を覚えて歌っているんだ?ってくらいあちこちで歌ったりしてる。しかもそれがどれもこれもあのとんでもない歌唱力ってのが凄い。

 ちなみに今聴いているのは「Hypothetical Box ACT 2」というものでして、もともと「Hypothetical Box」というのがあったらしいけど、それの再録盤?Fuki嬢の歌唱力アップによる再録なんだろうか?とにかく音はメロスピメタルのオンパレードなんだけど、歌メロをかなり自由にメロディアスに歌っているのでFuki嬢得意のパワフルなハイトーンをフルに使って気持良さそうに歌っている。多分歌詞も独特の世界なんだろう。よく分からずに聴いてるけど。面白いのは曲によってパワフルなFuki嬢の歌と萌えなFuki嬢が掛け合ったりしていて音の世界に幅を持たせているっていう自由さ。確かにこういう遊び心ってメジャーな作品じゃできないし…、なるほど、そううことで音楽にも同人っていうスタイルがあるのか、と納得。ちなみに楽曲レベルは全くインディーズや同人のレベルを超えていて、圧倒的にプロレベル…っつうかこれも趣味が高じているからなのか、自由奔放にアレンジして売ると云う事を考えずにやってるから思い切り作って演奏しているっていう凄い突き抜け感がある。確かに本来のあるべき姿かも…。

 そんなことでメジャーでは聴けない音ばかりをいくつか聴いたりしていて、その世界の深さと広さに感服です。そして圧倒的な歌唱力で自由に歌いまくるFuki嬢の更に身近に聴ける歌声と表現力にも感服。確かにこういう活動も含めて自由に歌っている姿の方が望ましいのだろう、と。しかしコレクターが大変だろうなぁ、こういうの全部集めるのって。多分限定100枚とか平気であるよ。家のプリンターでプリントしないとジャケット無いので待ってて~とか。

 しかし最後の「その魂に安らぎを~Dignity of Spirit」って聴いてみてよ。Nightwish並のアレンジにFuki嬢がもう熱唱でとんでもない楽曲だよこれ。そこらのプロよりも全然面白いしメタルファン的にもギタリスト的にも驚愕の楽曲だよホントに。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 6

There are no comments yet.
Hiroshi-K  
あんきもの最新作もオススメです

らぶりー(Light Bringer)に続いてあんきもですか。
完全にFUKIさんにはまってますね(笑)

FUKIさんの歌唱法はこの春にものにしたらしく、
Midnight Circus以降の作品で聞かせるボーカルは
凄みを感じるくらいに変わりましたね。

ライブでもその素晴らしさを感じることが出来るので、
あんきものライブが25日と来年の7日にありますので、
ぜひ聴いてみてください。ちなみに私は25日にライブに
行く予定です。

2010/12/06 (Mon) 23:02 | EDIT | REPLY |   
通りすがり  
明るい(?!)底無し沼

Fuki嬢の声には、不思議な力がありますね。力強くて華やかで…。
『あんきも中毒』や『Fuki病』を排出しているのも、うなずけます。
筋金入りのメタラー様のお眼にも止まりましたか…(笑)
Light Bringer 共々、広く認知されていって欲しいものです。

2010/12/06 (Mon) 23:18 | EDIT | REPLY |   
ドイツ特派員  
はめちゃいましたかね?

フレさん、私が原因の一人ですかね、はまったのは?

やっぱりここまでいってフレさんですね。私、こっちにはまだ手を出していないんですね。泥沼になりそうで(笑)。実は「風のゆくえ」という曲のカバーは結構好きで聴いたりしてるんですが、これ買っちゃおうかな?

いや、マジにFuki様の歌はもっともっと広く知られるべきだと思う。メタル以外でも良い意味で単純に「凄いヴォーカル」ということで。もうちょっと恋を続けますわww

2010/12/07 (Tue) 10:08 | EDIT | REPLY |   
フレ  
あんきも!

>Hiroshi-Kさん
うん、完全にこの異世界にハマってる(笑)。
あの歌唱はこのハルですか…。だからこのアルバムもえらく強弱あると思ったんだよね。今の声と前の声が入り交じってるからさ。
Fuki嬢の声はとにかく気持ち良い。突き抜けてて凄く気持ち良い。
あんきもライブ…、そっか、らぶり~に限らないんだよな…。

>通りすがりさん
「通りすがり」さんって毎回同じなんだろうなぁ~とある意味面白いハンドルネームと思ってます(笑)。

ホントにね、Fuki嬢の声は不思議な魅力。メタラーには絶対に認められる音とパワーでしょ。ホントにもっともっとメジャーになってほしいっすね。

>ドイツ特派員さん
ん?そりゃそうでしょ(笑)。
価値観が似た、そんであんだけメタルにうるさくてギターにうるさい男が「恋した」と宣うのだからそれはもう「は?」です(笑)。何をふざけたことを…と聴いてみて「恋した♪」ってわかったww
いや~、らぶり~の声が最強なんだけど、あんきもってどうなんだろ?って気になってたので手を出してみたんですよ。そしたら、曲はちょっと単調的なものあるけど、Fuki嬢はさすが。もっともっと声を活かして欲しい。

2010/12/09 (Thu) 23:50 | EDIT | REPLY |   
kei  

ジャケットであれっと思ったらまさかの東方でした。
この界隈は、というか特定ジャンルは、まさにソフトが飽和状態、同人ショップのランキングで1~10位まで独占とかあり得るくらいの状態なので、それこそどんな人脈が絡んでいるのかというのは把握しきれないところがあるのですが、それだけに色々な音楽性の作品があって面白いところです。
ファンの方も200曲に達しようという原曲群を完全に覚えているレベルですから、そりゃあ色んな人が色んなところに出てくるっていう話ですよね。

しかしまあ、今回に関しては原曲の良さに寄りかかっている部分が強いという面で、このジャンルの水準からすると並よりちょっと上という程度でしょうか。
正直、上手い演奏とパワフルなヴォーカルで東方の曲をメタルに演奏している、以上の印象は持てないかな。
ヴォーカル自体もあまり良いとは思えなかったのですが、これは曲と歌い方の取り合わせにこっちが慣れていないだけかも。

2010/12/10 (Fri) 08:54 | EDIT | REPLY |   
フレ  
あんきも!

>keiさん
東方…ってのがね、よく分かってなくて(笑)。
ま、それよりもFuki嬢がこういうの好きなんだなぁ…という話ですかね。
メタル好きで何でも歌います~っていうのが良いキャラだわ。
んで、これ、多分録音時期がバラバラなんだろうな、と。歌い方が変わってるもん。

2010/12/14 (Tue) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply