Angel - On Earth As It Is In Heaven

0 Comments
Angel - 舞踏への誘い (1977)
舞踏への誘い(紙ジャケット仕様) Live Without A Net

 …とある時にバンドのメンバーがCD-Rで焼いたものを持ってきた。毎回会う度に何かしら物々交換的なことが行われることも多いが、突如何もリクエストしていないもので渡される時がある。セリフは大体こうだ…「とにかく聴け!」。そこまで言い切られると聴いてからじゃないと何も言えないんだよな。天邪鬼だったりするので大体そのまま受け入れて気に入ることはそれほどでもないと思うが、さすがにバンドのメンバーってのは好みをよく理解し合っているのでこれがまたハマることも多いんだよな。そんな中の一枚にこのエンジェルの「舞踏への誘い」があった。

 「へ?これ何?」「エンジェルだ…。いいか、このロゴはだな…、上から見ても逆さにしてもエンジェルなんだ。」と力説されてウケた。なるほど、よくできたロゴだ。その後即座に聴いたのだが、これがまた音がだな、チープなハードロックで好みだったんだよ。そういえばジェフリアがいたバンド、って聞いてたからもっと鍵盤中心のポップな音だと想像してたら、かなり本格的でチープなハードロックでイメージが変わった。そして聴いているウチにそのチープさもともかくながら、ドラムの音がZeppelinじゃないか、と。そしたらプロデューサーはエディ・クレイマーだった、とか。更にKissが発掘したバンドってことで弟分みたいに扱われていたらしいってのも耳にして、なるほど…そりゃEZO(フラットバッカー)みたいなものか…と時代錯誤の発想。

 どんどんと曲を聴いているとこれがまた美しいメロディだったり軽快なロックンロールだったり、どこかで聞いたことのあるような音色が出てきたり…、それにしても売れに売れたと言われる「Telephone Exchange」は、何とも可愛らしい曲だ。そりゃ売れるだろうよ、これ。70年代後期くらいのアメリカのロックってほとんど聴かなかったが、エンジェルは驚いた。面白いじゃないですか、これ。その後アルバム全部聴きましてね…、こないだライブ盤「Live Without A Net」を聴いていたら、これがまたMCが完全にポール・スタンレーと同じで笑える。そこまで似せなくてもいいじゃないかって思うくらいにKiss聴いてる気分になるもん。初期の英国寄りの音からこの「舞踏への誘い」を挟んでアメリカ的になっていくバンドだけどやっぱり「舞踏への誘い」が最高に良いバランスで仕上がっている傑作だね。こういうの、いいよ、ホント。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply