Robert John Godfrey - Fall of Hyperion

2 Comments
Robert John Godfrey -Fall of Hyperion (1973)
フォール・オブ・ハイペリオン
 The Enidの中心人物ともなっているRobert John Godfreyという人は割と英国プログレッシブロックの真ん中を歩いていた部分もある人で、その名はBarclay James Harvestのオーケストラアレンジャーとして知られていたようだ。そこから離脱して自身の求める、よりオーケストレーションを追求したサウンドを構築すべくソロアルバムを一枚制作する。これが「Fall of Hyperion」という作品なのだが、その昔からメチャクチャレアなアルバムとして名を馳せていた。まぁ、CD創世記のVirginからリリースされたので難なく聴けたりしたんですが、タイミング合わなかった人は全然入手できなかったアルバムじゃないかな。

 そのRobert John Godfreyの「フォール・オブ・ハイペリオン」という作品は1973年、The Enidのファースト「In the Region of the Summer Stars」から遡ること3年前にリリースされているのだった。こちらはオペラチックなボーカルもきちんと参加していてひとつの物語が進行しているコンセプト的アルバムなんだろうと思う。音の方もモロにThe Enidと言わんばかりのクラシカルなサウンドが詰まっている。もっともThe Enidよりも本格的なオーケストレーションで曲が構成されているので更にロック的ではない側面が強くて高尚な音楽が奏でられているというものだ。なるほど、Robert John Godfreyという人はこう言うのがやりたかったんだな、と言うのがよく分かるアルバムで、後のThe Enidでの洗練さも理解できるってなもんだ。そんな作品。

 「フォール・オブ・ハイペリオン」は1990年初頭にCD化されてからリマスター盤はリリースされていないようだが、どうもマスターテープを紛失したらしい。だから、最初のCDからの使い回しでしかないため、音が篭った感じに聞こえてしまって、今の時代にはとても良い音とは言えない。それが作品の評価に繋がっているのかもしれないけど、これを良質の音で聴いたら果たして全然違う質のファンが付いてくるんじゃないだろうか?なんて思ってしまう。なぜなら自分的にはやはりこの作品は受け付けないから。昔も期待して買って聴いた割につまらなくて何度も聴かなかったけど、今聴いてみるとなるほど自分が好まなかったのもよくわかる。もちろん作品としては凄いんだろうけどね。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
ぼ  

画像と音楽が合ってる感じがします
ロック好きの行き着く場所ってどこなんですかね?
http://boowysbe.blog74.fc2.com/

2010/09/04 (Sat) 01:11 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>ぼさん

ジャケットと音?ん~、わからんっす(笑)。
ロック好きの行き着く先?色々あるでしょうねぇ。金欠、かな(笑)。

2010/09/04 (Sat) 08:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply