Stevie Salas - Back From The Living

0 Comments
 メジャー路線でウケたレニー・クラヴィッツとは趣きを異にするのだが、その頃に変わったギタリストとしてマニアックに名を馳せた存在にスティーヴィー・サラスってのがいた。ファーストアルバム「スティーヴィー・サラス・カラーコード」でのファンクなハードロックな路線は結構響いたし独特のものだな…なんて思って割と聴いていたもん。そのへンからかな、黒人系のものもきちんと聴けるようになったのは。結構来歴とかも読んでみると、P-Funk軍団ご愛用のスタジオで仕事してて流れでギター弾いたら凄くて気に入られたっつうから面白いもんだ。

バック・フロム・ザ・リヴィング スティーヴィー・サラス・カラーコード
Stevie Salas - The Sun and the Earth - The Essential Stevie Salas, Vol. 1 The Sun and the Earth Stevie Salas - Be What It Is Be What It Is

 そんなStevie SalasがColor Codeというバンド名義でリリースした2枚目の作品「バック・フロム・ザ・リヴィング」。これが1994年のリリースで、その間には結構色々なセッション活動でアルバムを出したりしていたのでそもそもバンドとかの形にはあまりこだわらない人だったのかな。そういうのになれていないリスナー側は結構混乱してさ、しかも日本限定とか出てたから何がなんだかわからないくらいにリリースされてきたもん。途中で集めるのも辞めてしまったので今はもう全くわかってないけど、アマゾンとか見る限りは結構廃盤になってるな。

 さて、この「バック・フロム・ザ・リヴィング」というアルバムはどちらかと言うとハードロック調の色合いが強くてエッジの立ったサウンドで展開してくれます。全部が全部良い曲とかノリが良いとは言わないけど全編に渡って勢いと意欲が感じられる余裕のある作品。「Start Again」っつう曲が割とシングルヒットしたらしいけど、確かにシャープでソリッドで独自のファンクなノリの聴けて面白いし、ユニークなのは当時流行していたグランジ系のノリをも踏襲していることかな。だから受け入れられやすかったのかもしれないけど、そこはやはり本物の血が流れているおかげで流行モノにはならなかったのだ。一方では「Bone To Mack」みたいに昔からのファンクなチューンも聴けるけどこれはこれで後のラウドロックっつうのかリンプ・ビズキットみたいな要素を持ってて、もしかしてその辺の走りってSteview Salasだったりしたのか?なんて思ってしまうんだけど…。

 ファーストの「スティーヴィー・サラス・カラーコード」ではもっとギターが主役となったリフがあってギタリスト的には凄くハマったんだけど「バック・フロム・ザ・リヴィング」になると時代の流れなのかギターソロも控えめでリフってのも控えめで、やっぱハードロック低迷期になってきたのかな、なんて思う。音楽の表現手段としてのギターにしかなっていないっていうのかさ。これだけギター弾ける人ってのが知られていても弾きまくらないんだからさ。もっとも早弾き~って人じゃないけどね。歌にしても上手いってワケじゃないからこの後しばらくして低迷してしまうんだけど、初期は印象的な人だったね。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply