Jimi Hendrix - Valleys of Neptune

4 Comments
 そしてギタリストアルバムリリースの真骨頂でもあったのが最先端の音とは正反対の40年以上前の音を引っ張り出して、よりオリジナルに忠実な形にしてリリースしてきたジミヘンの未発表曲集。これまでもジミヘンの未発表曲集なんてのは山のようにリリースされていて、そのどれもが酷評を浴びながらもしっかりそれなりにセールスを記録したのだと思うが、ここ20年の間にそれは親族による愛情のかけられたリリース形態へと変化していくことで、ファンも納得のリリースが続けられているのは非常に嬉しいことだ。ジミヘンのエクスペリエンスについては最早全員が鬼籍に入っていることで既にクラシック的な扱いとして祭られているのでこうした丁寧な対応が相応しいのだ。

ヴァリーズ・オブ・ネプチューン South Saturn Delta

 「ヴァリーズ・オブ・ネプチューン」と題された1968年から69年頃にかけての未発表曲中心のアルバム。殊更初めて聴いた楽曲というものでもないのは多分それなりに自分があれこれとジミヘンを聴いてきたからであって、オリジナルアルバムに加えて「ヴァリーズ・オブ・ネプチューン」を聴いてみるとそれはそれはもう新鮮な新曲集に相応しいくらいに現代のリスナーでも十分に迫力を感じられるほどの音の綺麗さと迫力に驚く。自分的にはさ、ジミヘンって久々なんですよね、聴くの。結構ず~っと聴いていたから最近は何度も取り出して聴くなんてことなくなってたし、そもそも枚数少ないからさ。それでこの「ヴァリーズ・オブ・ネプチューン」で久々にジミヘンか~と思って聴いたんだよね。そしたらやっぱりとんでもないんです(笑)。

 冒頭の「Stone Free」からして何これ?みたいなテイクだしさ。ファースト「Are You Experienced」のアレじゃないんだよ。リズムとかフレーズとか。もっとソリッドっつうか、やっぱりかっちょ良いのは全然変わらないんだけどへぇ~ってなくらい新鮮。だから以降の曲も凄く期待して聴いてしまうワケよ。そうするとさ、「Bleeding Heart」の超ブルースに痺れ捲くってしまったり、これぞジミヘン…と恍惚と聴いてしまったりして、細かい楽曲の解説はライナーでも良いし、今ならレココレでも読めるし、ネットだってあちこちあるから探せばわかるんだが、この音世界はやっぱり常人を超えてる。タイトル曲の「ヴァリーズ・オブ・ネプチューン」は名盤「Electric Ladyland」の後のアルバム制作時の楽曲らしいが、やっぱりその頃のジミヘンの志向はソウルフルな方向に向いていたのがわかる未発表曲で勢いだけではない深みがある。それとさ、昔からよく聴いていた「Hear My Train A Comin'」もこうしてスタジオレコーディングバージョンを聴くのは結構久しくなかった…いつもアコギ版が多かったからね。そんで聴いてると…やっぱブルースベースが強くて魂の叫びってこういうのだよな、と。今でもこんなジミヘンが祭り上げられるってのはさ、やっぱ今の時代にこういうのが不足しているんだよ。全然レベルが違うしやってることも思想もまったく凄い領域。何で今はこういうの出てこないんだろ?ジミヘンだからもうダレも真似できない、してもジミヘンになっちゃうから?

 「Sunshine of Your Love」まで入ってるのか…しかもスタジオテイクって…へぇ~、ライブそのままだな(笑)。1969年の名演奏のひとつでもあるロンドンのロイヤルアルバートホールでのリハーサルの時の音によるレコーディングも全然リハってのではなくって凄い演奏してるからきっと普通レベルでコレだったんだなと。聴き慣れている曲が多いハズなんだけどアレンジが全然違ったり、生々しい音で迫ってきたりして一気に聴いてしまって、しかも何度でも聴いてしまうくらいにパワーを持ったさすがの一枚。ついでにリリースされて他のアルバム群にはDVDが付いているらしいけど、そんなに魅力的でもなさそうなので放置しておいて、「ヴァリーズ・オブ・ネプチューン」ばかりをひたすら聴いている。ついでの昔のってどんなんだっけ?と思って「South Saturn Delta」を引っ張り出して立て続けに聴いて納得してる自分(笑)。

 いやぁ~、やっぱり凄いわジミヘン。こんなブルースギター.宇宙からのギターが弾けるヤツっていないよ。誰が聴いても恍惚としてしまうんじゃないだろうか?今の時代こそこういう人が必要ですよ、ホントに。堪らない音世界をくれたジミヘンに感謝、そして新リリースの「ヴァリーズ・オブ・ネプチューン」も見事な編集で普通の音の何十倍も楽しめます。やっぱりロックは良い!





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
mk  
はじめまして

洋楽検索してよりました。
充実されていて 遡ってよませていただきます。
wood stock は年齢制限で映画は観られませんでした。あの頃はmusic lifeとかの雑誌でしか見れない時代でしたから。
これからもよろしく 更新お願いします。
プログレもグラムもありますね。楽しみに拝見します。

2010/08/18 (Wed) 17:18 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>mkさん

もうね、コンテンツだけはいっぱいあるので適当に読み流していって下さい♪
グラムも大好きだし、もちろんジミヘンもですが…。
古い記事でも全然OKっす。

2010/08/18 (Wed) 22:53 | EDIT | REPLY |   
キヨクン  
うわっ

はじめまして、ジミヘンの素晴らしい音源をこのサイトで知る事ができました。ありがとうございます。

2012/02/01 (Wed) 19:40 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>キヨクンさん

ホントっすか??
ホントなら嬉しいっす♪

2012/02/02 (Thu) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Jimi Hendrix 「Valleys Of Neptune」 (2010)
  • ジミ・ヘン音源の権利移籍に伴い、新レコード会社であるソニーからオリジナルアルバムのリマスター盤が発売されましたね。レココレ4月号もジミヘン特集と、一部で盛り上がってます。 このリマスター盤の発売に合わせて、未発表音源アルバム「Valleys Of Neptune」も注目
  • 2010.04.04 (Sun) 23:51 | 音楽の杜
この記事へのトラックバック
  •  Valleys Of Neptune / Jimi Hendrix
  • 突然ですが、ジミヘン。元々中途半端に乱発されていた彼の没後発表音源を、家族が版権を取り戻して以来、整理・発掘する作業が続けられていたのだが、今般、レーベルがソニーに異動するにあたって、リリースされたのがコレ。いつの間にか、オリジナルスタジオ盤 3 枚に次
  • 2010.04.05 (Mon) 01:08 | 音盤収集病患者の館 - 裏 MDRH
この記事へのトラックバック
  •  賛否両論の中で Jimi Hendrix「Valleys of Neptune」
  • JUGEMテーマ:音楽 最近は音楽雑誌もすっかり買わなくなったので新録や再発情報にはすっかり疎くなっていたのですが、手元にあった音楽ギフト券、もうすぐ使えなくなりそうな雰囲気だからさっさと使っちゃおう、と数枚持って某ショップに行ったものの、なんか新
  • 2010.04.11 (Sun) 00:47 | 4番、サード、 いたち野郎
この記事へのトラックバック
  •  ジミヘンドリックス『Valleys of Neptune』
  • Jimi Hendrixのアルバム『Valleys of Neptune(ヴァリーズ・オブ・ネプチューン)』。2010年発表。 『レイラ』を聴いていたら何となく次はジミヘンって感じになって、といっても“リトル・ ...
  • 2011.11.01 (Tue) 08:31 | ROCK野郎のロックなブログ