Elfonia - Elfonia

0 Comments
 Theatre of Tragedyの美しくも儚い叙情性とゴシックなメタルを正しく継承しているのは意外なことにStream of Passionかもしれない。これも昨年メンバーを大幅に替えてセカンドアルバム「The Flame Within」をリリースしている。アルバムは素晴らしい出来映えだが、そもそもプロジェクトで集まっただけのメンツによる作品がファースト「Embrace the Storm」で、よもやセカンド「The Flame Within」がリリースされるとは思わなかっただけに、このクォリティの高さには驚いた。そこで聴けたマルセラ嬢の歌声は正に天上の歌声。素晴らしい。そこで、今回は…



 マルセラ嬢がStream of Passionのプロジェクト参加前に組んでいたバンド、Elfoniaというメキシコのバンドの作品です。ファーストアルバム「Elfonia」は2003年のリリースなので少々古いが、マルセラ嬢の歌声は既にここで完成されていて、あの情感豊かな切なさを感じる歌声が既に聴ける。楽曲的にはメタル成分は無く、歌を聴かせるアンビエントミュージック的なので特にゴシックメタルに興味が無くても歌を楽しむ分には十分なサウンドです。

 しかし…、良い声してるわぁ~。歌の個性も素晴らしいが、それがゴシックメタルでも発揮できたっつうのが素晴らしい。マルセラ嬢ってバイオリンも弾くのでElfoniaでも最初から弾いているようだ。Stream of Passionでも弾いてたけどね。元気な時に聴くアルバムやサウンドではないけど、まったりとしたい時に聴くと心地良い。それでメキシコのバンドっつうから不思議だ。そんなイメージは無いが…。

 多くのリスナーがStream of PassionからElfoniaに辿り着いた事だろうと思うが、決して裏切ることの無い深いサウンドと、聴き続けられるアルバムに出会えて良かった。マルセラ嬢の歌声だけで良いと思ったけど、アルバムとしても良く出来てる。セカンドの「This Sonic Landscape」ではもっとアンビエント的方向を強めているので、その後のStream of Passionがちょっと不思議。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply