Raw Material - Time Is...

4 Comments
 全く英国の知られざる世界の奥深さには驚く音が秘めていることが多い。そんな自分がハマった世界なのに久々にその世界を漁っていて、というか聴き直していても改めてその作品のレベルの高さと言うものに驚きを隠せないことも多い。決してメジャーのバンドにはヒケを取ることのないくらいの作品のクォリティと演奏力。そして何よりもロックである熱いプレイと魂が響いてくるような音色と優しさと陰り。そんな当たり前の音なのに実は今の時代ではなかなか聴くことができない。演奏している側はそうしているつもりなのだろうけど、やっぱり違うんだよね。何だろ?そんなことをも考えてしまったくらいの名盤です。傑作です。

タイム・イズ... Raw Material

 1971年リリースのRaw Materialというバンドのセカンドアルバム「タイム・イズ...」ではそういう激しい音世界と優しい音世界を構築してくれて、ロックの底辺と意地を教えてくれるアルバム。別にツッパリ系のロックンロールってんじゃないから誤解のないように(笑)。

 冒頭聴いた瞬間からその激しさと荒々しい海原に呑まれるかのようなリフレインに圧倒される。決してジャケットで見られるような明るいイメージのサウンドではなくて、思い切り暗黒…と言うかタイトルが「Ice Queen」っていうくらいだから夜の吹雪に連れ込まれた登山者と云うような感じだろうか。おどろおどろしいリフレイン…ん?このリフってVDGGの「Killer」に非常~によく似ているぞ…、どっちもどっちの時系列だから分からないけど、センスが同じだったのかな。歌もギターもサックスもしっかりとその仰々しい狂喜の様を演じていてアルバム中でも完全にハイライトとなる曲。なんてこった、こんなに凄いリフレインとパワーを叩きつけてくれるバンドだったのか。Gnidrologの「Lady Lake」と共に永遠の名作の一枚に数えられるべきアルバムだぜよ、これ。もちろん最初の一曲だけではなくて、その後も隙のない完璧な美しい音の世界を聴かせてくれます。激しく荒々しいだけではなく、繊細なメロディを素朴に聴かせてくれたり、かと思えば素晴らしく白熱するインタープレイとジャズチックなテーマを持った楽曲で攻め立てたり…。

 英国にしては珍しいタイプのバンドかもしれない…。こういう起伏ってのはヨーロッパには割とあるけど英国単体ではなかなか無いもん。VDGGが突出していたのもそんな暗黒面だけど、Raw Materialもヒケを取らないくらいの暗黒性がある。Jethro Tullが持ち得なかった部分を持っているバンドだ。メロトロンの音色とアコースティックの響きに対してサックスやギターのアグレッシブさという両側面を持ったバンド…、褒めすぎるならばLed Zeppelinを凝縮したような面を持っているのかもしれない(笑)。飽きの来ない曲調の起伏の激しさはこれ以上やることないだろ、ってくらいにバラエティに富んでいる。素晴らしい。大作であればあるほどドラマとストーリー性がしっかりと展開されていて、目の前が開けるかのように爽やかな一条の光を見出してくれるような楽曲は実に見事。そんな短編が詰め込まれた映画のように聴ける名盤「タイム・イズ...」です。

 オリジナルリリースはネオンレーベルからによるもので、アルバムジャケットはもちろん見開きでして、皆様の予想通りにここから左側は砂時計の上が多い状態ってことです。これねぇ…、自分も最初はカウンターフィット盤でしか手に入らなかったからそれで入手したんだけど、その後CDでして…、ただ、好きなアルバムだったからアナログも何度か見かけたんだけどさ、英国オリジナルのネオンレーベル盤はやっぱりオレンジの色合いが綺麗なんですよ。ちょっと褪せた感じのするオレンジなんだけどさ。それ以降のCDとかアナログでも色が全然違ってて、なかなか納得できるジャケットの色でリリースされたことがなかった。紙ジャケくらいになってからはさすがにオリジナルの色合いになってきたんじゃないかとは思うけど…。やっぱ思い入れの強い作品だね。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
papini  

なんか、いつになく熱い記事だ(笑
そっか、永遠の名盤か。フレさんにとっては。
ああ、やっぱり「Killer」に聞こえるよね?あそこ(笑
ってか、まんまだよね?あれ(笑

こう、冬に入るか入らないかぐらいの
今ぐらいの時期に、わりと聴くことが多い音盤でさ、これ。
多分、それはきっと、1曲目のせいかも知れないな、って思う。
あの「ヒョ~~」っていう風の音っぽいのが、冬を連想させるんだろうな。

聴くと、中身のサウンドは熱いんだけどね。
なんか不思議よね(笑

2009/11/06 (Fri) 00:38 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>papini嬢

うん、聴いて書いてるから余計にねぇ…。んでpapini嬢の所にも出てきたので思わず「おぉ~!」と嬉しくなってもう一回聴いた(笑)。VDGGとかタルとか似た音で…、うん、抜け出せなかったからB級の名盤なのだ。最初からテンション高いのも良いよね。

2009/11/08 (Sun) 21:09 | EDIT | REPLY |   
クリタカ  
こちらで紹介されて買った第一号です!

 上の文はフレズ・ブログ全記事のなかでも10本の指に入る素晴らしい内容です。もしコレを読んでいなっかたらこの名作を手にする事はなかったでしょう。背景・近似バンド・演奏内容・展開・初出レーベル・ジャケにまで至るあらゆる言葉が、ご自身の主観も交えながら短い文の中に詰め込まれ、まるで読んでる者がアルバムの主人公になったのがごとく引き込まれていく...そんな印象を強く持ちました。確かに二ドロログを想起させます。たまたまですが、先ほど届いたアルバムの中にスイス産のCIRCUSというバンドのMovin' On(1977)という作品を聴いていて「あっ!こりゃTime Is...だ!」っと思い出ししました。聴き進んでいくとLady Lakeの方が近いかも...ギターも鍵盤奏者もおらず、サックス二人とリズム隊の四人組変則編成で、サックスの片方がフルートも兼任し時折アコギの音も聞こえます。コシのあるベースに技巧的だがけっしてフュージョン風でないドラムが絡み、その空間を漂うようにフルートやサックスが交差するというなかなか聴き応えのある作品です。
 今、GNIDROLOGとCIRCUSそしてこのRAW MATERIALの三つ巴で聴いてるんですが、どれが誰なのか解らなくなってしまいました(笑)。でも時間が過ぎるのは早いですねぇ。このCD買ってからもう半年経つんですもん...

2013/02/07 (Thu) 21:01 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>クリタカさん

確かに…、良い内容書いてますね…、我ながら素晴らしいっ!って思っちゃいました(笑)。
これくらい熱入れて書かないとイカンな〜と自己反省。

んで、そっか、また聴きたくなってきた…

2013/02/08 (Fri) 21:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  いろいろ惜しい音盤@イギリス
  • 昨日までお休み。なんと3連休。 あ、3連休で「なんと」という言葉がつくのは、販売員だけですな(笑 年中無休のお店の販売員にとって、3連休っていうのはとっても貴重なの。 世間様でやれ5連休だ、10連休だとかいう連休は まず休めません。 というか、そんな連休...
  • 2009.11.05 (Thu) 23:22 | Trapo de la eternidad