Rancid - Let the Dominoes Fall

0 Comments
 今ではNOFXと双璧を成すメロコアの雄、且つ70年代オールド英国パンクの雰囲気をしっかりと受け継いだバンドとも云えるランシドも新作をリリース。何と6年ぶりの新作ってことで期待が高まる様子だが、ここまで評価されたのもアルバム「Rancid 2000」があったからではないかと。いや、「Rancid 2000」は思い切りハードコアパンクで一般的には決して受けないアルバムなんだけど、そういうのを見せたことで余計にランシドってのは本当にパンクが好きなんだ、でも自分達の音楽は今のメロコア系なんだ、っていうのがわかってきてさ。良いな、と。

Let the Dominoes Fall Rancid 2000

 「Let the Dominoes Fall」というタイトルで、今作にして初めてメンバー全員がジャケットに写っているという、そしてこのジャケットを見ても分かるようにやっぱり古き良きパンクのスピリットが好きなんだろうなぁというのが出まくっていてさ、まぁ、まんまと戦略にハマるワケですよ。中味の音を聴いてみるとこれまでのランシドと同様に思い切りメロコアでして、ここまで良く作れるもんだと思うくらいに傑作かもしれない。些かメロディがワンパターン化してきたような傾向はあるけど、まぁ、それこそがバンドのメロディというところなのでよろしいんじゃないか。

 しかしアルバムの曲が全体的に間髪入れずに流れてきて、そしてランシドの特徴っていうのかメロコアの特徴かもしれないけど、イントロが短くてすぐ歌が入ってくるから曲の切れ目を気にすることなく、そして継ぎ目なく聴けるんだよ。面白いよね。そんでもっていつものスカパンクもあるから飽きないようになってるし、「Disconnected」のキャッチーなメロディの後に「I Ain't Worried」というラップとスカとパンクを混ぜたような曲が投げかけられ、更に「Damnation」へと元々のランシドの持つスピーディなメロコアに戻るというような展開も良く出来ている。しかしベースラインの巧さは相変わらず渋いところでキメてくれる。「Civillian Ways」なんて聴いているとメロコアとか忘れてしまうくらいにアメリカな香りのする曲でして、こういうところが深みのあるバンドなのだ。見事。

 こういう単純なアルバムって何かしながらっていう時に聴くには丁度良いんじゃないだろうか?流行のジョギング中とか掃除中とか(笑)。軽快でスピーディでメロディがあって短い曲で複雑な展開はないし全く何も考えずに聴けるっていうものだし。多分凄くマッチするんじゃない?

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply