U.K. Subs - Universal

2 Comments
 英国のパンクでもちょっと変わり種っていうのはもちろんたくさんあって、シャム69なんかもそうなんだけど、1978年にシーンに出てきたUK Subsなんてのもちょっと毛色が異なる。既にピストルズが出てきて解散した頃なワケだからシーンへの衝撃はともかく、反動で誰でもバンドは出来る、っていうのがわかってしまったので猫も杓子もってなもんだ。そういう意味で面白いシーンが形成されたってのはあるが、UK Subsのそれは現代的にはスタンダードな流れとなったちょっとハードなパンク…、ハードコアの元祖的な音とも云える。

Universal Endangered Species

 アルバム…というよりはベスト盤でしか聴いてないんで、そいつを…。どれでも良いけど、今簡単に手に入るのは「Universal」や「Original Punks: Original Hits」あたりらしい。何故にベスト盤かと言うと…、確かにどれも聴きやすいし、メロディもしっかりしてるのでアルバム単位よりは楽しめるから。あんまりベスト盤って聴かないけどね。

 そのUK Subsだが、音はもちろんハードコアに近いパンクで、現代的な音を作っているのが特徴的で、もしかしたらこの世代なのでレインボウとかNWOBHMとかに影響を受けていたり同じシーンにいたりしたかもしれない。AC/DCだって最初期はパンクみたいなもんだしアイアン・メイデンも然り。だからゴチャゴチャのシーンだったんだろうな。そこで多分わかりやすかったのがUK Subsだったんだと思うが、ベスト盤聴いていると多分納得する。決してメジャーなセンスではないけど、悪くないキャッチーなメロデイ路線があって、ルックスの危険さをしてこの曲かい?というのも良いのだ。アルバムジャケットもどれもこれも危険な感じだし、よく知ってる。

 1981年リリースの「Endangered Species」がアルバム的には一番だ、ってなことをマイケル・モンローは何かのライナーで書いていた気がするが、多分そうなんだろうな。デビューからこの辺りまでのベスト盤に入るような曲はどれもUK Subsらしいサウンドで仕上がっていて面白いもん。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
LA MOSCA  

俺的には『ブランド・ニュー・エイジ』が好き。
つうか正直、オリジナル・アルバム、それしか聴いたことないんですが(笑)
『ENDANGERED SPECIES』のタイトル曲、実際、カバーしてましたね、マイケル・モンロー。デモリション23の時。

2009/05/02 (Sat) 20:33 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>LA MOSCAさん

ベスト盤で入っちゃったからオリジナルは全然通ってないんだよね。ファン失格ですが…、モンちゃん経由でマジメに聴いて、なるほど、というトコです。デモ23の頃はもうどん底モンちゃんてしたねぇ~。ただ、サムもいたからよかったし、今度ソロになったモンちゃんはまたデモ23復活するらしいっす。

2009/05/04 (Mon) 10:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply