Greenslade - Greenslade

3 Comments

 真のプログレッシブバンドとしての称号を受けても恐らく多くのリスナーは文句を言わないであろう英国ロック史で最も進化的なサウンドを出していたグリーンスレイド。いわゆるスーパーバンド的合体によるバンド結成がよく言われていて、サムライっつうバンドに在籍していたデイヴ・ローソンとコロシアムにいたデイヴ・グリーンスレイド、トニー・リーヴスにクリムゾンの「Lizard」でドラムを叩いていたアンディ・マッカロックが加入した純英国的ロックバンドで、バンド編成はドラム、ベースに鍵盤二人という組み合わせなのでギタリストである自分には聞くべき点がなく、ソレが故に純粋にリスナーとして音楽としてこのバンドをじっくりと聴くワケだ。

 アルバムリリースは1973年、ファーストアルバム「Greenslade」でデビューしたんだけど、このファーストアルバムが最高に素晴らしい。キャッチーでポップなフレーズをいくつか持っていて、オルガンで派手に鳴らしておきながら曲中ではメロトロン主体とした落ち着いた感のある曲構成が彼等の持ち味で、そこにアンディ・マッカロックの軽くてジャジーなロールチックなドラムが絡むのでもの凄く心地良いのである。後のアルバムになればなるほど鍵盤奏者二人のエゴが強くなってきて、合作という手法から離れていくのだけど、このファーストアルバムはやはり全員が一緒になって参加しているし、そういう面でしっかりとバンドらしさを放っている。この傾向は翌年発表のセカンドアルバム「Bedside Manners Are Extra」までは引き継がれているのでこのセカンドアルバムとも甲乙付けがたいんだけどね、どっちも良いよ。

 もうひとつこのバンドの良いところは当然ながらジャケット。ロジャー・ディーンによるグリーンを基調としたアートワークで彩られていて、これは後のセカンドアルバム「Bedside Manners Are Extra」4枚目「Time And Tide」でも反映されていて、しっかりとバンドのイメージ作りにも持ち込まれている。三枚目「Spyglass Guest」にはロジャー・ディーンが採用されていないのでがらりと印象を変えようとしたのだろうか、それとも1974年にセカンド、サードと立て続けにリリースされたことも影響があるのかもしれない。

 英国ロック好きの中ではかなり人気の高いバンドとして定着しているが、その影響からか2001年頃から再結成してライブを行っていたり、当時のライブ盤をリリースしたりとちょこちょこと騒がしい状況を作り出している。こういう傾向って良い…んだろうかねぇ。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
chaaki  

私信;
アドバイスありがとうございました!
練習にタワレコbounceの記事にトラバしたら、無事に成功しましたm(__)m
そちらのブログを拝見して『スゴイなあ!』と感心しています。とても詳しく分かりやすいので、(知らないバンドも多々あり)とても勉強になります!
グリーンスレイドは名前だけ知っていたので、鍵盤もベースも好きな自分としては『聴いてみたい!!』と思いました~また遊びにきます!(^^)

2006/02/12 (Sun) 01:48 | EDIT | REPLY |   
記紀  
3rdは未聴ですが…

鍵盤弾きの私にとっては聴くところの多いバンドかもしれません。厚いキーボードの音もですが、リズム隊がいいですね、このバンドは。
ただ、ギタリストを入れるつもりが、気付いたらツイン・キーボードになってたーっていうのがいまだにネタとしか思えませんw
結果的に良い作品を作ったからOKですが。

自分も1st、2nd最高作がどちらか選べないですね。テクニカルな2ndのがいいと思い込んでましたが、最近はゆるさもある1stのがお気に入りです~

2006/02/13 (Mon) 02:08 | EDIT | REPLY |   
フレ@ロック好きの行き着く先は…  
コメント感謝です!

お返事に間が空いてしまってスマヌ!毎日飲みまくってて疲れてます(笑)。

>chaakiさん
ようやっとトラバ完了ですね♪ バシバシどうぞっ!鍵盤もベースも好きならばオススメのバンドですよ。

>記紀さん
ドラムもマカロック君ですから上手いし、鍵盤二台ってのは確かにギターの変わりを十分に果たしてますからねぇ。ネタでしょう、やっぱ(笑)。

2006/02/15 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Greenslade (グリーンスレイド)
  • Large AfternoonGreenslade Mystic 2000-10-30by G-Tools ここ5年位の間にグリーンスレイド関係でデイヴ・グリーンスレイドのソロ、ライブ盤、おまけにオリジナルアルバムまでが”新作”で出ていたようだ。(知らなかった) こちらが通算5枚目となるオリジナルアルバムだ
  • 2006.02.12 (Sun) 19:44 | プログ・ブログ
この記事へのトラックバック
  •  ツイン・キーボード&ギター・レス
  • 前回取り上げたのに続き、今回もキーボードを主体にしたバンド、グリーンスレイドが2枚目のアルバムとして1973年に発表した「BEDSIDE MANNERS ARE EXTRA」を取り上げます。しっかしプログレ好っきゃなー、オレって…。●GREENSLADE / BEDSIDE MANNERS ARE EXTRA●グリ
  • 2006.02.21 (Tue) 00:26 | ROCK ANTHOLOGY BLOG
この記事へのトラックバック
  •  Spyglass Guest
  •  グリーンスレイドの3作目だと思います。 4枚のアルバムのうちの他の3枚の幻想的なアルバム・ジャケットと異なり、色気がないのでさびしいですね。音楽は、個人的に好きですね。ベッドサイド・マナーズの次に好きですね。1.4.5.7.が好きですね。ソフトで幻想的
  • 2006.04.30 (Sun) 13:40 | Welcome to КИНГ ТАДА's space
この記事へのトラックバック
  •  GREENSLADE - 「GREENSLADE」
  • 映画『アバター』の圧倒的な美しいディテールにロジャー・ディーンの描く幻想的な世界を重ね合わせるヒトもいるようで、言われてみれば確かにそれらの間には何かしらの共通点を感じなくもない。'73年のGREENSLADEのデヴュー作「GREENSLADE」、この鮮やかな緑を基調とした
  • 2010.01.04 (Mon) 12:53 | RATTLE YOUR GODDAMN HEAD!