Operatika - The Calling

0 Comments
 新たなる領域への挑戦は常にジャケットのみに近い感じであれこれと聴いてみるのだが、まぁ、もちろんハズレもあれば当たりも出る。しかし北欧系のバンドはそれほどジャケットと中味の差がありすぎるっていうのは少なくて、割と音に忠実なジャケットだったりするので、アートワーク感がしっかりしているんだろうね。そういう意味ではヨーロッパってのはやはり芸術的で面白い。
The Calling
 そういう目線でこの「The Calling」のジャケットを見て聴いたワケだが、ネットで簡単に聴けてしまう今の世の中、初めて見たらとりあえずダウンロードってのが多くてどんなバンドとか気にすることも実は後追いだったり…。聴いてみてネットで評論とか来歴とか覗いてみるっていうのが多い。っつうかほとんどそうだ。結局音楽だから聴かないとわかんないので…。んでYouTubeで一曲とか聴いてもね、ちょっとピンと来ないし、やっぱモノラルであの音質だと迫力も違うからどっちかっつうとルックスを見るためのものだね。ライブシーンとかさ。

 んで、このオペラティカっつうバンドの「The Calling」もなかなかそれらしいジャケットでしょ?なのでそういう意味で聴いてみたら、驚く音が出てくるんだもん。パワーメタルと呼ばれるような音らしいが、要するに異常なまでに速いドラムとギターでゴリゴリと迫ってくるメタルサウンドにソプラノな女性の歌がゆったりの乗っかるというもの。しかしベードラの速さは異常だな、こりゃ。ほぼ意味不明なくらい速い(笑)。んでもって凄いのが超速弾きギターが随所に出てきて、ここまでギターを弾きまくっているアルバムっつうのは久々に聴いたかも。イングヴェイとほぼ同じフレージングばかりが乱発されているので凄まじい。女性歌ものだからと言って期待してたら全然違うところで驚いた。いや、バンドそのものの音楽性ってのも別に悪くないんで、まぁ、楽しめるけど、まさかこんなギターに出会うとは。しかも、悪いが…このギタリスト、リズム感悪い(笑)。速弾き君にありがちなただ単に速く弾くだけなのでリズムを忘れてるんだよね。あと音が汚い。難しいんだけど、旋律と音色がマッチしてないんだもん。でもね、面白い。こういう解釈によるバンドの音ってのが面白い。

 そして何よりも後で驚いたのはこのオペラティカってバンド、アメリカのニュージャージー出身だそうだ。どこが?ってくらいに欧州をパクってて見事なモノだ。まぁ、ここまでグチャグチャにしてしまうセンスってのはアメリカらしいけど、メンバーの名前を見る限りはどうもニュージャージー在住のヨーロッパ人種の塊って感じなので多分まだ純正アメリカ人に成り切れていない欧州人によるバンドだと思いたい…

 いやぁ~、楽しめる。ここまでくるとコミックバンドに近いものを感じてしまうが、アルバム一枚を一気に聴く分には結構さらりとイケるのでよろしい。っつうか、自分がそんな気分なだけだろうか?(笑)



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply