Angizia - Die Kemenatten Scharlachroter

2 Comments
 いやぁ~、意外なモンに出会った時って面白い。想像していたのと全然違う音だったり映像だったりルックスだったりすると嬉しくなっちゃうもん。昔だったらアレコレと評判聞いたり探したり誰かに訊いたりしてレコードやCD買うまでに情報収集したけど、こういう時代になってからはネットでサンプル的に聴いて気に入ったらとにかくDLしてみる、もしくはそのままアマゾンクリック、っていう進み方でどんどんと手軽になっていく。その分忘れるのも早いが(笑)。

Die Kemenatten Scharlachroter Das Schachbrett Des Trommeldub

 オーストリアのバンドでAngiziaというバンドが1997年にリリースしたファーストアルバム「Die Kemenatten Scharlachroter」なんだけどね。あちこちの情報ではシアトリカルな世界みたいに書かれていたので、またメタル中心の展開かなぁ~なんて想像してたんだけど、これがまた全然違っててさ、どっちかっつうとスラップハッピーなんです。男女ボーカルでドイツ語っつうのもあるけど、アヴァンギャルドポップなシアトリカルさで演劇的な作品というものだな。コケティッシュという言い方の方が相応しいんじゃないかと思うが、面白い。確かに喜劇的に面白い。忙しいってのもあるが、こういう展開ってのはヨーロッパじゃなきゃ出てこないわ。

 音的にはなんだろ?別にメタルじゃないから、ピアノと旋律がバックで鳴っていて、もちろんドラムもあるけど、ミックスは小さめ。圧倒的にアヴァンギャルドな歌をメインにしてひとつの物語を構成している。どんな容姿なんだろ?と気になってYouTubeで探すものの、なかなか動いているライブ映像はないな…。プロモみたいなのはいっぱいあるんだが…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
evergreen  

世紀末的な臭いのする面白いバンドですね~腑抜けたヴァイオリンとドイツ語のごつごつ感が奇妙ですね・・・

2009/02/06 (Fri) 14:26 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>エヴァ姉さん

実際世紀末に出てきたバンドなんだけど(笑)、ちと変わったバンドですな、これは。

2009/02/08 (Sun) 23:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply