Sebastian Hardie - Four Moments

2 Comments
 南半球でロックを奏でられる国ってのは非常~に限られていて、その中のひとつにはオーストラリアってのも入ってくるけどやっぱり人種が違うような印象を持っているのは果たして自分の偏見?ま、多分そうだろう(笑)。それでも地球はひとつ、なんて言うのもありだが、そんなことはどうでもよくて…、はい、いや、オーストラリアってのは割と世界的にロックを生み出している国でもあって、メジャーどころはもちろんAC/DCだったりするんだけど、70年代半ばにも世界に向けて飛び出した…はずのバンドがひとつありました。

フォー・モーメンツ ライヴ・イン・L.A.

 セバスチャン・ハーディーというバンドで、プログレ筋では割と有名なんだけどアルバム二枚しかリリースせずに消えていったオーストラリアのシドニー出身のバンド。ただしその最初のアルバム「哀愁の南十字星」が素晴らしく評判が高く、そのために今でも名盤として誉れ高い作品が残っている。「哀愁の南十字星」は1975年リリースの作品で、全3曲、内A面は4曲の組曲からなる一曲ということで、そりゃまぁ壮大な作品なんだけど、プログレッシヴロックをやるんだ~っていう感じのバンドの曲には聞こえないんだよね。普通にロックバンドやってて曲作ってアレンジアレンジってやり直してたらこんなに長くなってきたので組曲にして雰囲気出しました、みたいな感じ。言い方変えると滅茶苦茶練り込んで創り上げたって感じではない。多分セッションを重ねて出来上がってきた曲じゃないかと。それでももちろん出来上がった作品は凄く構成がしっかりしていてムーグやメロトロンなんかが鳴って雰囲気出ているので、プログレッシヴロックファンにはウケたということだが。

 シンフォニックっつうのもあるけど、それよりもミニマルミュージック的な要素が強い作品じゃないかと思うこともあって、テーマとなるリフレインがキーを変え、楽器を変えて奏でられている点が強くリスナーに訴えかけてくる曲作りで、終盤にはそのメロディに戻ってくるとほっとするという感じになっているのだから聴覚による繰り返しのミニマルサウンドの効果は大きい。それでB面でのギタリスト的エゴの発散による弾きまくりはこのバンドの本質を吐き出している気がする。難しく考えずに演歌…違う、歌うギターを弾きまくる、みたいなところ。それこそがバンドの指向性としてのシンフォニックな叙情性を出しているので日本人なら泣いて聴けるメロディというのも哀しいがハメられる。ゲイリー・ムーアをゲストに復活してくれたらさぞや面白いくらいにハマる曲だろう(笑)。そして最後も10分を超える大曲で締めてエモーショナルにキメてくれるのだ。

 オーストラリアという大地から出てくる音とは思えない音でもあるが、この感情的な作品は南十字星に捧げる意味で実にピッタリなタイトル。そしてオーストラリア出身の唯一無二の叙情的なサウンドを奏でるバンド、として位置付けられるのも納得。もっと他にもあるんだろうけど、結局セバスチャン・ハーディーしかメジャーでは知られていないしね。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
akakad  

昔のオーストラリアでこれ以上プログレらしい音出してるのは見ないですね
SpectrumやTamam Shudがありますけど長い曲をやるサイケなブルースロックの域を出ませんし

それはそうと2020年豪プログレ・サイケは大当たりです
プログレメタルではCaligula's HorseとVanishing Pointで前者はすでにリリースされ期待通りの傑作でした
個人的に1番期待してるのはサイケ系のTurtle SkullでデビューEPで4曲30分の大技には驚かされました
今回のフルアルバムはシングルがコンパクトな感じなんでそっち寄りでしょうね
あとはおもちゃ箱でQueenルーツのToehiderにブルージーなオルタナ系のNarlaにプログレソウルのKallan PhillipsのEPだったり
こんな年って知ってる限りではなかったです

2020/08/25 (Tue) 22:39 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>akakadさん

ん〜、情報感謝です。
どこかで整理できれば良いけど…(汗)。

2020/08/29 (Sat) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply