Belle & Sebastian - The BBC Sessions

2 Comments
 英国のBBCってのは割と融通が利くというか、ミュージシャンには好意的な側面があって、いわゆるBBCスタジオを自分の所で使っていない時間帯は誰かに貸しているということもあり、それがどういうルールなのか知らないけど、まさかそこらへんのスタジオみたいな貸し方はしていないだろうから多分そういう事務所系の所への貸し出しにしてるんだろう。まぁ、とにかくそういうことでアマチュアに毛が生えたバンドやプロだけどそれなりっていうバンドが借りてレコーディングすることもあるらしいワケだ。すると録音スタジオのクレジットとしてはBBCスタジオ1とかになるワケで、それってすごくハクが付くでしょ?ってなことを実際にしていたバンドがBBCセッションアルバムを出したワケだ。

BBCセッションズ Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant

 ベル&セバスチャン「BBCセッションズ」。これもつい最近出たのかな。最近全然チェックしてなかったバンドなので何かで見かけて、へぇ~と思ったんだけどね。グラスゴー出身のアコースティック色の強いバンドだけど、ポップさも顕著で正に英国的というのか北部の方の感じがする新進バンド…、いや、当時は(笑)。デビューは多分1996年前後だと思うけど、自分が聴いたのは「Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant」の頃だからちょっと遅かった。それでも結構衝撃的で、一体どんなん?みたいな。メロディの旋律がアイルランドや英国民謡的で音は80年代のニューウェイヴを軽傷したかのようなサウンド、そしてジャケットは一枚のモノクロ写真から起こされているポートレート的な芸術感。それでハマったことがあって全部集めて聴きまくってたんだよ。ただ、途中でやっぱり模倣バンドだったのもあってか飽きてきて忘れてた(笑)。

 そんなベル&セバスチャンっつうバンドだけど、この「BBCセッションズ」っつうのは先に述べたようなプリプロ的に録った素材もあるし実際にBBCに出演した時の素材もあるらしい。ただ、今改めて聴くとどれもこれも最初期からスタンス変わらずに素朴で美しい音を奏でてくれていたことに気付く。英国フォーク系好きな人は多分大丈夫。

 ボーナスディスク的な二枚目のディスクにはライブが丸ごと入っているんだけど、これも最初から面白くて「Here Comes The Sun」なんつう、正にこのバンドにピタリとハマるカバー曲。いや、元曲が良いからもちろんベルセバでもハマります。そういう意味で意外性のあるカバー曲はシン・リジィの「The Boys Are Back In Town」。これもまた妙~なリズムに乗せて素晴らしくカバーしているものなので楽しめる。

 うん、すっかり遠のいていたけど季節的にもベルセバの似合う時期だし、何よりもこの素朴な音世界に久々にノックアウトされてしまったのでこの「BBCセッションズ」と大好きなアルバム「Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant」をひたすらリピートしてます♪



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
reds20061222  

どうもこんにちは。ベルセバいいっすよね。
TBさせてください。

2008/12/12 (Fri) 15:09 | EDIT | REPLY |   
reds20061222  

・・・と思ったらTBができませんでした。すいません。

2008/12/12 (Fri) 15:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック