Sly - 樋口宗孝

5 Comments
SLY The Legend Of Loudness~Live Complete Best~ [DVD]

 昨日のこと…。いつもの悪友からメール。

 「樋口さん亡くなったらしいぞ!」

 「誰それ?」

 「ラウドネスの樋口宗孝」

 「え?ホントに?」

 「まだ49歳だったらしいが…。」

 「うわぁ~、驚いたわ…。」

 …と、無茶苦茶思い入れがあったワケではないけど、やっぱり身近な世界に誇る日本のバンドっつうのもあってか驚いた。ここのところ昔の日本のメタルバンドも再結成したり何周年記念って感じでまたやり始めたりして頑張ってたから聴く側も本気度は別としてどこかノスタルジックに情報は仕入れているし、それなりに楽しんでもいたもんね。だからラウドネスの再結成はおろか、ついこないだも聴き直してたりするし、樋口さんがガンで入院してた、そして復活に向けて頑張ってるってのもHP見てたりしてたので驚いた。そういうのではあと44マグナムのボーカルさんも結構大変な状況だ、ってのも知られているのかな。

 日本のドラマーで樋口さんくらいにフルネームを云える人ってのも少ないだろうし、個人的にはあれほどドラムという楽器を研究する人も見ない。もちろんドラマーってあまり前に出てこないから知られていないだけか、それでもやっぱり才能豊かな人だったのだろう。浜田麻里-のプロデュースもしてたし、音に敏感な人だったと思う。う~ん、やっぱり残念だよね。自分的には特に何が出来るワケでもないけど、やっぱちょっと考えるモノがある…。

 アイドルでデビューしてラウドネスやって大阪を制して日本を制して…制してっても、日本の出来たてのヘヴィメタ市場だからタカが知れてたけど、それでも熱狂的な信者がたくさんいたし、そこから世界に向けて進出…。うん、アメリカよりもヨーロッパでウケまくっていた。多分その遺伝子って北欧メタルにも採り入れられていると思う。ブリティッシュハードロック・メタルの流れを汲んだ日本流メタルからアメリカ進出してアメリカナイズされた音だったけど、それもとても日本のメタルバンドとは思えない骨格の音。以降は見事にミックスされた独自のメタル世界を築き上げてきたけどメンバーが徐々に音を上げ始めて崩壊状態…。20周年記念の2000年にオリジナルメンバーで再結成。樋口さんはラウドネス抜けた後にSLYっつうやはり重いバンドをやってた。二井原さんとアースシェイカーのシャラと組んだバンドでこれもまた時代の不遇さはあったけどさすがに重鎮っつう感じのバンドだった。そういえばソロアルバムも出してる人だった…。日本のドラマーでソロアルバム出した人って他に知らないけど、凄いよね。

 うん、結構知ってるな、自分(笑)。また久々に引っ張り出してラウドネス聴こうっと。

 合掌。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 5

There are no comments yet.
波野井露楠  

本当に残念ですね(TT;)。
44のポールも何かまずい状況なのですか?
知りませんでした(汗)!
TB、うまくいきませんでしたが、私も記事を書きました…。

2008/12/02 (Tue) 20:41 | EDIT | REPLY |   
D.K  
合掌

当時、高崎晃と同じ位衝撃を受けたドラマーですね~。心からご冥福をお祈りいたします。
ひぐっつぁんありがとう!

2008/12/02 (Tue) 21:29 | EDIT | REPLY |   
elmar35  
残念

特にファンでもなかったけど、姿勢に共感を覚えてた方の一人です。
まさに「駆け足の人生」だったかも。

2008/12/02 (Tue) 23:06 | EDIT | REPLY |   
charlie432  
さびしいですね

日本人の誇りです。

あまりに若いのが本当に残念です。

合掌

2008/12/03 (Wed) 00:57 | EDIT | REPLY |   
フレ  
合掌!

>波野井露楠さん
44のポールも確かなんとか病で大変らしいハズ。それでこないだ44相手卯が一気に再リリースされたんだよね。もちろん一時的にお金入るから、ってことも理由のひとつらしい。

>D.K.さん
確かに日本人離れしたセンスが素晴らしかった!

>elmar35さん
あ、自分もそうかも。共感を覚えた人、バンド、でしたもん。

>charlie432さん
正に日本を代表するドラマーでした。若いですよね、ほんとに。残念です。

2008/12/06 (Sat) 08:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply