Foo Fighters - Live at Wembley Stadium

1 Comments
 昨年の今頃はレッド・ツェッペリン再結成ってんで異常に盛り上がっていた時期でもあったなぁ~とふと思い出した。あれからもう一年が過ぎて、SHM-CDはリリースされたもののライブなんかについては全くアナウンスもなく、そのまま過ぎ去ってしまったものだ。一年が滅茶苦茶早いのも困りもの。こうしているウチにペイジもプラントも歳を取っていくんだから早く動いて貰いたいものだ。

Live at Wembley Stadium ライヴ・イン・ハイド・パーク

 などと思っていたんだが、2008年6月にフー・ファイターズがロンドンのウェンブレーで二日間の連続のライブを行った際になんとジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズがゲスト参加していたのがオフィシャルのDVD「Live at Wembley Stadium」としてリリースされていた。出演当時にも話題になったんでYouTubeで早速見て「おぉ~」と思っていたんだけど、やっぱりDVDでリリースしましたか、フーファイさんよ。

 ってなことだが、ウェンブレー二日間の大規模公演ってのはクィーンもやってたし、まぁ、自信のあるロックバンドなら取り組んでみる企画なんだろうな。オアシスとかもやってたような気がしたし。会場の音ってどうなんだろ?あんまりよろしくなさそうな気もするんだけど、そういったことはもちろんDVDからはわからないので、盛り上がりまくっている観客にとってはどっちでも良いことなんだろう。

 フーファイももう15年選手くらいになってきて、ベテランの域に入ってきてるし、ヒット曲もたくさんあるのでそれだけでライブは埋まるんだろうけど、新曲からともちろん往年のヒット曲なんかでセットを並べている。中盤以降は結構聴いた曲だなぁ~とマジマジと見てたりするんだけどね、やっぱアンコールのZep組が出てきたところが感動。デイヴ・グロールもホントに好きだったんだろうなぁってのがわかる。夢が叶った、っていう瞬間なのがわかるもん。出てきたペイジなんかは全然平然としてるんだけどさ。んでデイブも「Rock'n Roll」では自分でドラム叩いて…これがまた見事にボンゾのコピーでさ、ペイジも笑ってウケてる。ボーカルはドラムのヤツなんだけど、スタジオ版の歌メロだからライブで聴き慣れなくて不思議な感じしたけど、そりゃそうか、普通はそうなるか、とZep好きからしたら違和感あるけど…と納得。割と思い切り歌っていてよろしい。そして「Ramble On」はデイヴがボーカルで参加している。どうしてこういう選曲になったのか…、ジョンジーを目立たせたかったのかな、などと勘ぐってしまうけど、とにかくかなりZep的な感じのするライブショウになっていたのは面白い。やはり貫禄のあるお二方でしたな。

 そんなシーンのために見る価値があったこのDVD、最近はDVDも安くなってきているので手軽に買えるのも問題だな…。今のところ最新のペイジとジョンジーが見れる映像です♪



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 1

There are no comments yet.
D.K  

フーファイターズのライブがあるんですね~知りませんでした!そうか~もう15年選手ですか~って事はカートコバーンが逝ってからそれ以上ってことですね。時が流れてますね~。

2008/12/05 (Fri) 19:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply