Queen + Paul Rodgers - The Cosmos Rocks

The Cosmos Rocks Live in Glasgow (Dol Dts)

 クイーンというバンド名のもたらす効果は非常に大きなモノだ。それを本人達もしっかりと知っているところが憎い。ポール・ロジャースを迎えてQueen + Paul Rodgers としてニューアルバムをレコーディングしているというニュースは知っていたものの実際に録音されたアルバムがこうして形に出てくるとどこか複雑な気持ちが生じるのはなぜだろう? このレベルのアルバムならポール・ロジャースのソロ作としても出来上がるだろうし、別にクイーンとのコラボが必要なワケでもない。しかもクイーンというよりもスマイル…、もしくはブライアン・メイ名義でも同じだと思うのだが、そこがクイーン名義の強さか。ポール・ロジャース的にはどちらでも良い話で歌が歌えて稼げればよろしいってことだと思うので、何となく距離感があるのはわかる。ロジャー・テイラーとブライアン・メイ側はやはりこのチャンスを何かモノにしておきたいと思うところだろうか。

 そんな勝手な解釈や思惑というものはともかく、出来上がってきたアルバム「The Cosmos Rocks」を聴いてみよう。まず、全曲三人で演奏してプロデュースしました、と書かれているように本当に三人で創り上げたのだろう。その意気込みは凄い。そして全曲Queen + Paul Rodgers の作詞作曲クレジットとなっているのもこれまた大したモノだ。もう誰がどうとかカネの話はどっちでも良い、っていうことか。5曲目に収録の「Warboys」ってポール・ロジャースの「Live in Glasgow (Dol Dts)」に自らの曲として歌われているんだが、それすらもQueen + Paul Rodgers名義になっているのだ。ま、意気込みの問題だろうな。

 最初から聴くとどことなくスペイシーな効果音からブライアンらしいギターにポール・ロジャースが絡む。ポール・ロジャースはもういつも通りマイペースな歌い方とブルースに根ざしたソウルフルな歌で全く遜色なくいつも通りの歌。やはり彼は何も変わらない。これがクイーン作品と云われても全然ピンと来ないのはこの存在感の大きさだ。しかもブライアンが気を遣っているのかそもそもの趣味なのか、ロックンロールやブルースに根ざしたリズムやコード進行を用いた楽曲が多くを占めていて、かつてのクイーンらしい音ではない。もっともその辺はポール・ロジャース作曲の楽曲かもしれないが。ブライアンの好みで行けば確かにハードなロック、メタルっぽいのも多くなるだろうし、それは顕著に出てきている。クイーンらしいサウンドと言えば、重厚なコーラスワークがそこかしこで聴かれる点で、それはさすがにポール・ロジャースのソロ作品としては出てこないので、クイーンらしい。そして無意識か意識的か不明だけど、往年の楽曲を彷彿させるドラム音やリズム、コーラスなんてのも聴かれる…、例えば3曲目の「Still Burnin'」なんてのはリズムからして「We Will Rock You」だけど途中のドラムパターンなどはそのまま使われているし、コーラスワークもそれを彷彿させるものなので面白い。

 そうだなぁ…、クイーンとしての音をイメージして聴くからおかしくなるワケで、ポール・ロジャースの作品として聴けばかなり幅広いサウンドを用いた作品として聴けるし、ハードな曲からオーソドックスなアコースティック中心の曲、見事に歌唱力を聴かせる曲など面白かったんじゃないか、と。そこに今まで経験することのなかった大掛かりなコーラスワークが入ってくるんだから新鮮な刺激だったろう。楽曲レベル的には突出した曲があるワケじゃないけど、どれもクォリティは当然高いものばかり。ただ、インパクトのあるロックナンバーがちと足りない気がする。ま、それはポール・ロジャースという歌を聴かせるシンガーがいるからかもしれんが。違った意味では「Call Me」っつう曲のコメディさは面白い。冒頭からクイーン節出しまくり、曲は軽快なノリのオールドタイムな歌だしね。

 そういえばブライアン・メイが珍しくワウワウを使ったソロを聴かせるっつうのもあったり、スライドを聴かせるっつうのがあったりと割と色々なことにもチャレンジしているのも新鮮な一面。そして最後の「Small Reprise」はアルバム一枚を終えたことによるエンディングテーマでもあるが、この手法は昔のクイーンでよく使っていたパターンの踏襲か?う~ん、ファンにはその意気込みが評価されるアルバムだが、果たしていかなる評価に落ち着くか見物だね。

 10月にリリースされる限定版「ザ・コスモス・ロックス スペシャル・エディション【初回生産限定盤】」では2005年のさいたまスーパーアリーナ公演から抜粋されたライブディスクが付くらしいが、早く聴きたい人はもう既にCDが出てます♪



関連記事

Comment

[4800] 女王

アルバムまで出していたとは知りませんでした。確かに複雑な心境でアルバムを買い聴く事になりそうです。フレディ抜きのクィーンのアルバム想像がつきません。でもブライアンメイのワウ、スライド奏法聴いてみたいです。

[4801] はじめまして!!


こんばんはi-189
初めてお邪魔します、くろハヤことはーちゃんと言います。
色々探していたら、このブログにたどり着きましたi-185
高校生なのですが、洋楽のロックやメタルが大好きですi-179
クイーンは、I was bron to love youが好きです
まだまだ知らないことが多いので
また、お邪魔するかと思いますi-179

[4805]

トラックバック、ありがとうございます。
クィーンには思い入れがありすぎて、あの4人以外のメンバーが受け入れられないっていうところが正直な気持ちです。
たぶん、じっくりと聴けばすんなりと受け入れられるんでしょうね。。。
最近、往年のロック歌手・バンドの再結成やCD発売が多くて、昔のロックファンにとっては嬉しい限りです。

[4807]

トラックバックからお邪魔します。v-107
'05年の来日コンサートでは、Queenにおけるフレディの存在感のでかさと、ポール・ロジャースの底力を感じました。あのコンサートで一番よかった曲は"Feel like making love"だったんですよね。
だから、今回あの3人でアルバムを作れば、フレさんの感想みたいになるのかな、って思いました。
まだ、オイラはアルバム未聴(シングル曲のみ)ですが、質の高い楽曲をポールが歌うってことなので、楽しみにしています。v-266

[4808] コレは聞かなアカンやん

最近、ココのライブDVDを手に入れて結構見てたんだよね
ポールは存在感が格別なんだよね・・・
フレディ亡き後他のメンバーの加入には否定的だったんだけど
ポールの存在感は見事にそれを払拭下感じがするんだよね・・・
これは、限定版でDVD付きの方かな・・・???

[4809] 忘れてた・・・

エロサイトの対策でコメントの禁止設定がへんな事になってて書き込みが出来ませんでしたが・・・
書ける様になったと思います・・・・今後ともヨロシクです

[4814]

早速アマゾン等のレビューページでは賛否両論で、若干ケンカみたいになってるところもありましたが(笑) 結構注目度は高いんですかねぇ。

この三人ということで、ある意味予想通りへヴィ・ロックな曲が多いですが、完成度の高さは個人的には想像以上でビックリでしたよ。世界ツアー中なんで、日本でも売れてくれれば一日くらい寄るかもしれないんですが。

[4824] 多数感謝!

>D.K.さん
以前までのクイーンとは別物として楽しむべきでしょう。しかもポール・ロジャースの新作という意味合いで聴く方がしっくりくると思います。でも、やっぱり合作だな、これ。ブライアン、結構ギター弾いてまっせ~。

>はーちゃん
どもども♪
今時のメタルはテクも凄いですが、歴史を漁っていくと多々楽しめるロックやメタルは山のようにあるのでどんどん邁進してみて下さい。クイーンはどこでも名が挙がってくるので、聴いておいてもいいかな、と思います。

>arusinaさん
こちらこそどうも、です。
ノスタルジックな再結成劇が多い中、更に新たなことに挑戦し続けるロジャーとブライアン、そしてポールの意気込みは汲んでいきたいという心境で聴いてます。思い入れとは別に、このコラボを楽しむというスタンスですね。

>feedingrhythmさん
どもども♪
こないだの日本公演はなんだかんだと感動したのでやっぱ悪くないんですよね。「Feel Like Makin' Love」はシンプルにロック好きにはウケる曲だし、ブライアンもああいう曲好きなのでよかったんじゃないかなぁ。ポールの良いところとクイーンの二人の良いところが融合している作品ですね。

>Shinyan
クイーンにポール加入、じゃないからいいんじゃない?ポールのバックにクイーンの二人が付いた、ってことで(笑)。ん、やっぱ限定版DVD付きでしょ、買うなら。

>いたち野郎さん
あんまり宣伝されてない気がするので注目度は結構疑問ですが…。楽曲レベルは高いっすね、ホント。こなれるのに時間かかりそうですけど、また日本来てくれるかな。割と楽しみでして、ポールの曲を如何に増やすか、ってトコなのです、はい。フレディの曲はまぁ、そんなに多くやらなくでも良いかと。

[4832] 複雑かな~

トラックバック、ありがとうございました。
「ザ・コスモス・ロックス」半年ほど前から、ちらほらYOU TUBEに新曲が上がり、聞いた時にはやっぱりフレディファンの私としてはショックでした。
何処にもQUEENサウンドがないような、フレディの匂いがしない・・・
しかし、聞いてみると、貫禄があるアルバムに感じました。
賛否両論のQUEEN+Pではありますが、ポールには敬意をもっております。
やはり、ブライアン、ロジャーにはがんばってもらいたいですし、待ってるファンが沢山います。今、ワールドツアーが始まってますが、このアルバムセールスがやっぱり、日本来日のキーワードになるのではないでしょうか?
来年3月あたり、、、
来日願うばかりです。

[4835] >黒のマニキュア ママさん

TBどうもです♪
フレディファンにはお薦めできないアルバムですが…、ポールのパワーに脱帽です。クイーンとしてというかロジャーとブライアンの衰えぬ意欲に拍手でしょう。来日してもらいたいですねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/1058-23f8a90b

ブライアン、ロジャー、ポール・ロジャースに敬意…「The Cosmos Rocks」

ザ・コスモス・ロックス クイーン+ポール・ロジャース 発売から二日ほど遅れましたが、ようやく聴くことができました! まぁ大して日本では注目されていないようで、ツアースケジュールにも日本は入っていないし、レコード店でも大きなプロモーションはナシ。 ネ

TVオンエア:「ザ・コスモス・ロックス」

フジテレビ系「とくダネ!」で、「ザ・コスモス・ロックス」が紹介されるそうです。小

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ+

2017年 08月 【24件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon