The Rolling Stones - Aftermath

6 Comments
 秋の空気も深まってきた今日この頃、英国ロックをじっくりと堪能するのに相応しい時期になり、9月の命日イベント企画シリーズの合間でもある本日、ふと思い出した美少年…とは云えない俗世から離れたイメージを持ち合わせた本当の不良少年で天才ミュージシャンでもあったブライアン・ジョーンズ。もちろんストーンズのブライアン・ジョーンズだが、何かマーク・ボランの浮遊感を聴いてたらブライアンを思い出した。彼は自分の作品としてのソロアルバムって出してないからさ。「Brian Jones Presents: The Pipes of Pan at Jajouka」はモロッコの音を録音したものでブライアン・ジョーンズの作品じゃないし…。もっとも彼の場合はあまり自分で作曲をするというミュージシャンではなかったからそういう欲もなくって、だからこそストーンズの中でも浮いてしまったんだろう。ある意味悲劇のストーンズ創始者でもある。まぁ、有名な話だけどドラッグ決めてプールに突っ込んで絶命というウワサ…、実は…なんて話はいくつもあるけど、どうなんでしょ。ただ、生き方が完全にロックで、今イメージされているストーンズとは全然異なるイメージを一人で放っていた人。

アフターマス(UKヴァージョン)(紙ジャケット仕様) アフターマス(紙ジャケット仕様)

 最初期はブライアン・ジョーンズがリーダーで、カバー曲も多かったのでミックやキースよりもブライアンだったんだろうけど、徐々にミックとキースが曲を作るようになるとブライアンが浮いてきた。ただしブライアンの場合はミュージシャンとしての才能に恵まれていたので、様々な楽器をプレイする事でストーンズの音色に幅を与えてバンドに貢献していた。それがまだまだ輝いていた頃の作品が60年代の傑作アルバム「アフターマス」じゃないかと。改めて聴いてみると、何と今でもライブでやってる曲が多数入っているし、過去にもライブで取り上げられた曲が結構多い。アメリカ盤と英国盤では楽曲が異なるけど、もちろん英国盤で聴くべきでしょ。ブライアン活躍のシタールやらダルシマーやらと妙な音があちこちに散りばめられているのはともかく、楽曲も素晴らしい。そしてロックだなんだと叫ばれているけれど、この頃のストーンズのギターの音って歪んでないんだよね。ほとんどアコギだし、せいぜい軽くファズがかかっている程度。それでもロックしてたっていうアルバムで、今のストーンズがプレイしても全然ハマる曲ばかりっつうのも面白い。「Doncha Bother Me」の独特のブルースなんて誰もカバーしてないんだろうか?っつうくらいに白人ブルースとしては面白い。やっぱブライアンのエルモア・ジェイムズ完コピからの影響なんだろうけどよろしいねぇ。

 いい曲入ってるよな。最初から「Mother's Little Helper」でその後、「Stupid Girl」の軽快なロックでしょ、ほろりとする「Lady June」、そして今でも有名な「Under My Thumb」のかっちょよいリフ…がまだまだしょぼくてね。「Flight505」だって今やったら凄くかっちょよいロックに仕上がるんじゃないか?って思うけどねぇ。ストーンズももう新作出さなくて良いからもう一度最初期の録音をやり直したライブ盤でも出してほしいものだ。珠玉のR&Rの数々が堪らない。

 アメリカ盤では「Paint It Black」…これもまたブライアンのシタールがかっちょよくってさ、何かのテレビ番組でブライアンが弾いているのあるじゃない?あれがすげぇインパクト強いんだよね。クールってのはこういう時のためにあるんじゃないかってくらい。そのアメリカ盤の最初は「Paint It Black」が入っているっつうもの。ま、英米の差を楽しむというのもこの時期のストーンズならではか。ちなみに1966年にリリースされた作品なので既に42年前?うわぁ~そりゃ凄いわ。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 6

There are no comments yet.
D.K  

UK版、US版両方持っています。やっぱりアンダーマイサム、アウトオブタイム、ゴーイングホームの名曲を思い出すストーンズの数ある名盤の中の一枚です!ジャジューカも’95年に再発されたCDを持っています。やはりローリンストーンズ時代の創立者だけあって今のグリマーツインズより初期ストーンズのパブリックイメージそのものですね。ブライアンはブルース、民族音楽などの伝統音楽に敬意を払いながら音楽実験で新しい音を作った偉大な人物!確かに今のストーンズにとっても影響力の大きいアルバムですね!だけど前回行ったビガーバンツアーではアフターマスからの選曲はほとんど無かったと思います。あっ!そういえば’ストーンズから消えた男’観ましたか?ブライアンファン必観です!映画としては微妙ですけど(笑)

2008/09/22 (Mon) 00:45 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>D.K.さん

ども♪
やっぱ気に入ったバンドはすべてを入手するってのが鉄則でしょう(笑)。キャリアの長いバンドだと色々なバージョンがあって大変ですが…。こないだのツアーでは多分「Out of Time」くらいですかね。日本ではやらなかったみたいですが。映画はまだ見てないっす…っつうか時間がない~~!!でも見たらそれなりに楽しめるんだと思います。ブライアンを楽しむのも良いでしょ。

2008/09/23 (Tue) 11:45 | EDIT | REPLY |   
ラ・モスカ  

俺もコレは大好き。ブライアンがギターほっぽり出して、色んな楽器に手を染め出した時期のアルバムでは一番ですよね。
「アンダー・マイ・サム」って、俺の年代だと「スティル・ライフ」ヴァージョンの印象が強いと思うんですよ。俺も実際、“何でマリンバ?ギターでガーンといけよ!”とか思ってました。でも歳を重ねるごとに良さが分かってきたというか・・・。今や、こっちの方が全然イイと思いますからね。
あとは「レディー・ジェーン」のダルシマーの美しさにも痺れます。
ジャケも好きなんですよね~、このアルバム。英、米、両方とも。米盤の方はポスター買って部屋に貼ってたなぁ。

2008/09/23 (Tue) 20:23 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>ラ・モスカさん

まだブライアンがメンバー意識ある頃だから面白いんでしょうね。自分も「Still Life」の「Under My Thumb」のイメージ強いんだけど、これはこれで面白いな、と時間が経って気付きました(笑)。「Lady Jane」はピュアーですねぇ~。ジャケはやっぱ英国盤のが好きかな。ただ、どっちも雰囲気損ねてないのでいいけどね。

2008/09/23 (Tue) 20:49 | EDIT | REPLY |   
Substitute  

Brian!
破滅の美と謎と倦怠を、永遠に残しましたね。

2008/09/23 (Tue) 22:26 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>Substituteさん

破滅の美と謎と倦怠、倦怠っすか?どちらかと言うと堕落とかそういうのが良いかと(笑)。いえいえ…。

2008/09/24 (Wed) 22:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ザ・ローリングストーンズ『Aftermath』(米国版)
  • The Rolling Stonesのアルバム『Aftermath(アフターマス)』。1966年発表。 わからん。海外のレイティングなんかをチェックすると、ストーンズのアルバムはどれも高評価で、70年代前半までは外れなしですって感じなのですが、自分としては60年代のこの頃の作品はイマイ
  • 2009.05.14 (Thu) 07:39 | ROCK野郎のロックなブログ