New York Dolls - New York Dolls

15 Comments
New York Dolls Too Much Too Soon Rock 'n Roll

 ロックンロールの定義:毒がある、かっこいい、ヒネてる、ストレート、ノリがいい、近寄りがたい、などなど…。すなわちニューヨーク・ドールズそのもの。

 随分と色々なロックンロールバンドを聴いたけどニューヨーク・ドールズほどロックンロールという定義が見事に当てはまるバンドはいない。くどくど語る必要はないんだろうけど、ロックンロールはブルースから派生したものだし、そこから発展したロックは他ジャンルの何かと融合したもの…例えばプログレはクラッシックやジャズを持ち込んだものだし、ポリスクラッシュのようにレゲエやスカを持ち込むこともある。またはモータウンやソウルを持ち込むものもある。いわゆるロックの世界。しかし純粋なロックンロールはコレだ、っていうバンドはほとんど存在していないと思うんだよね。プレスリーだってカントリーだしね。

 ところがニューヨーク・ドールズのサウンドは完璧に純粋なロックンロールなのだ。ラモーンズあたりも近いところにいるんだろうけどちょっと趣が違うので、やっぱドールズ。こないだ再結成して来日公演もやったみたいなんだけど、ヨハンセンの意気込みだけでできたようなものだし…、余談だけど確かザ・スミスのモリッシーが再結成を実現させたらしい←ニューヨーク・ドールズのファンクラブ会長だったとか?よーわからん人(笑)。

 この余興は随分と一部で盛り上がったみたいなんだけど、やっぱり当然ながら1973年リリースの早すぎたパンクアルバムと言われたファースト「New York Dolls」が良い。純粋なロックンロールのオンパレード。何の香りもしない、純粋なロックンロール。ギターを始めるならここから始めればロックンロールって何かがよくわかる。ボーカルを始めるならここから始めるとロックンロールの歌ってのがわかる。まぁ、上手い下手ってのはそこからの努力だが、スピリットとしては絶対だね。どの曲を切り取ってもとにかくロックンロール。ギターはもちろんレスポールJrを掻き鳴らすジョニー・サンダーズのフレーズが特徴的で、とにかくエッジが立った耳を引きつける音でしかも軽快だから疾走感が凄い。ヨハンセンの歌はミック・ジャガーと比較されることが多いんだけど、ま、そういう歌い方かな。アメリカ人だからもっと堂々としてるって感じだ。それでいて二人のギターの絡み方というかアレンジがきちんとしていて、あんまり語られないけどツインギターの魅力もしっかりと持っている。

 ケバいメイクと底の厚いブーツ、純粋なロックンロールサウンド、ジョニー・サンダースの逆毛の立った髪型、どれもこれも衝撃的でかっこいいという形容詞以外に浮かばないバンド。セカンドアルバム「Too Much Too Soon」のジャケットではライブの1シーンが切り取られていて、滅茶苦茶かっこいいんだけど、どんなライブを繰り広げていたんだろう、凄く気になる。ライブ盤なんかじゃダメなんだよ、映像がないと。でもナマで見たら一発で昇天だろう。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 15

There are no comments yet.
リュウ  

New York Dolls!
Johnny Thuders!
もう、懐かしすぎて涙が・・・。
この人たちって、本当に、言葉悪いけど、Sex,Drugs&Rockn’Rollを体言してたような。
モチロン、今でも聴いてます。
Johnny Thuders!
この名前だけで、涙が・・・。
フレさん、どのジャンルも深いです!
ではでは。

2006/01/21 (Sat) 11:32 | EDIT | REPLY |   
evergreen  
ほんと、はずしましたねー

はずして、一周して戻ってきた~!

実は、J・BECKの前座で1回70年代来てます。どっちらけだったと、友人は言ってましたが、へたくそで。私は行けなかったので何ともいえないんですが、観点がずれるやつだな~、当時のこのへんのROCKはイギーにしても、フレさん言うとおり 評価が当時低すぎました。書いてあるとおりあとから出てきたPANKの連中が逆に救ったみたいなところがありますよね、PANKの連中はインテリが多いからだと思うが。
あと、イギリスのJAPANの1~2枚がこれに近いという人がいました。次は?Pもやってるし、Tか?いやFか?Fは前やってるな~ぶつぶつ

2006/01/21 (Sat) 13:11 | EDIT | REPLY |   
KOJY  

自分は変なライブ盤持ってるんだけど、やっぱ下手だなぁと思いました。
でもこういうバンドはテクじゃないからねー、やっぱり映像が欲しいですよね。

スタジオテイクはきっちり作られているから、2枚ともロック史に残すべき重要アルバムだと自分も思います。

2006/01/21 (Sat) 14:02 | EDIT | REPLY |   
タフロッカー  

私かなり昔、ドールズの海賊版LPレコード持ってましたよ。そりゃー、ひどい音でした。観客の声ばかりで、かすかに演奏が聴こえる程度。なんの曲をやってるかさえ解らない。でも、ロックの波動はビンビン伝わりました。

2006/01/21 (Sat) 20:55 | EDIT | REPLY |   
いたち野郎  

モリッシー、デビュー前はファンクラブの会長だったんですよね。なかなか笑えるエピソードです。
ニューヨーク・ドールズの映像!一度拝んでみたいもんです…

2006/01/22 (Sun) 00:06 | EDIT | REPLY |   
カナ  

ああ、ドールズ大好きなんですが、相変わらずトラバできない・・・え~ん。

とりあえずわたしの記事のアドレスです。
  ↓
http://ongakusakaba.at.webry.info/200507/article_22.html

2006/01/22 (Sun) 01:22 | EDIT | REPLY |   
きくまる  
DOLLS?語らいでか!!

俺がDOLLS語ったら長くなるので
今日はココまで。
映像、、、最近では映りのいいもんがボチボチあります。
昔ぁ砂の嵐ばっかだった。音もぐにゃぐにゃ。

2006/01/23 (Mon) 00:36 | EDIT | REPLY |   
フレ@ロック好きの行き着く先は…  
多数コメント感謝!

>リュウさん
リュウさんもNYドールズ通ったんですねぇ。Johnny Thundersとは…。この人もいずれ取り上げなければいけない人です。永遠のロックンローラー。う~んSex Drug & R&R!いいじゃないですか!憧れのフレーズですね。

>えばねーさん
そういえば来日したときの写真って見たことあったな……、すっかり忘れてた~、しかしベックの前座だったんだ…。ベックのファンにはウケないでしょうねぇ(笑)。やっぱ評価低くてもしょうがない時代だったんかなと思います。だってロックのエネルギッシュなモンってのがまだまだナマで伝えられる状況じゃなかったから音でしかないし、それは一部のマニア向けだったりするワケだしね。JAPANかぁ、それもあったなぁ。でもなぁ、ちょっと惜しいかもしれない(笑)。しかしPとかTとかFって何だ!?Pはポーグス、TはT-Rex?Fって…ザッパかな?ん~、まだまだ読めないだろ~な~、でもねーさんとこの方が読めない(笑)。

>KOJYさん
ははは~、下手なんですよ、基本的に。素面じゃないからでしょうねぇ。映像…、昔ビートクラブ集が出たときに「Looikng For Kiss」か何かが収録されていて、まだまだ大人しいなって印象のなら探せばあると思います。でもやっぱフルライブ見たいっすね。

>タフロッカーさん
そりゃ~海賊盤ですからオーディエンス音源だったら悲惨なモンでしょうねぇ。で、演奏も無茶苦茶だったら何やってるかわかんないでしょう(笑)。でも会場のエネルギーがあるから海賊盤出しても売れたんでしょうね。ドールズのアナログ海賊盤って数枚くらいしかないんじゃないかな。

>いたち野郎さん
モリッシー、よくわからんです。スージー&ザ・バンシーズのスージーがピストルズの親衛隊ってのはわかるんですが、モリッシーがNYドールズってねぇ…。

>カナさん
ん~、なんででしょ?トラバ拒否設定なんぞ全くしてないんですけどね。カナさんの「音楽酒場」もリンクしているのでリンク集からど~ぞ~。相変わらず凄い趣味を披露してくれます。素晴らしい。

>きくまる
ドールズ好きだったんだなぁ、と改めて思った。ストレートなロックンロール、いいね。映りの良い映像ボチボチあるか…、探してみるかな…。

2006/01/23 (Mon) 22:16 | EDIT | REPLY |   
yu-shio  

TBありがとうございます。
最近出たジョニーのライブDVDなかなかいいですよ。
http://everydayrock.blog9.fc2.com/blog-entry-134.html
↑ここでもちらっと紹介したドールズのDVD、きょう新宿タワレコで流れてました。ライブシーンかっこよかったですよ。ジョニーはジュニアでなくスペシャルを弾いてましたけど。

2006/01/26 (Thu) 01:04 | EDIT | REPLY |   
波野井露楠  

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。
フレさんのおっしゃるとおり、ドールズは、ライブ盤は全ての人には勧められないですよね(^^;)。今は亡きアーサー・ケインがベロンベロンに酔っぱらって、ステージの陰で代わりにローディーが弾いていたっていうくらいですからね(^^;)。
それでも、カッコいいんだから、凄いです(^^)!!

2006/05/13 (Sat) 18:16 | EDIT | REPLY |   
R&R Fable  
模様替えですね。

クールでかっこ良くなりましたね。辿り着くまで苦労しましたが・・・。
TBありがとうございます。「ニューヨーク・ドール」は時間があれば是非どうぞ。

ブリティッシュ・フォークにも興味はあるんですが、ペンタングルしか知りませんので、こちらを参考にさせていただいて何か聴いてみようと思ってます。

2006/05/19 (Fri) 09:45 | EDIT | REPLY |   
markunman  
TBありがとうございました!

New York Dollsはロックン・ロールが持つ、毒気、荒々しさ、そしてノリのすべてを兼ね備えたバンドだと思います。でもDVDで見てみると...。やはりおっさんになってて...。毒気は無くなりましたね!

2006/07/22 (Sat) 22:00 | EDIT | REPLY |   
チュチュ姫  
わーこっちも書いてたの

こんちわ~。またドールズの記事アップしたので、TBさせてくださいね。知れば知るほど好きになるわん。

2006/09/11 (Mon) 08:51 | EDIT | REPLY |   
40年前の高校生  
70過ぎてもロケンローラーに憧れてるおやぢ

>>実は、J・BECKの前座で1回70年代来てます。どっちらけだったと、友人は言ってましたが、へたくそで。

>しかしベックの前座だったんだ…。ベックのファンにはウケないでしょうねぇ(笑)。やっぱ評価低くてもしょうがない時代だったんかなと思います。だってロックのエネルギッシュなモンってのがまだまだナマで伝えられる状況じゃなかったから音でしかないし、それは一部のマニア向けだったりするワケだしね。


ワールドロックフェスティバル 1ST.ですな。東京ドーム以前の後楽園球場でした。高校在学中の先生に連れてってもらいましたっけ。

出演はイエロー、ジェフベック先生、カルメンマキ&OZ、クリエイション、四人囃子、ドールズ、フェリックスパパラルディwithJOE~ワールドロックフェスティバルバンドでした。

当時ドールズのメンバーが変わっていたのを知らなかったわたしは、望遠鏡でメンバーの顔を確認しながらあれ?あれ?あれ?の状態でした。

>どっちらけだったと、友人は言ってましたが、へたくそで。
>>しかしベックの前座だったんだ…。ベックのファンにはウケないでしょうねぇ(笑)

そもそも当時最強だったディープパープルやツエッペリン等々と比較したらいけないわけですよwww


2016/03/14 (Mon) 13:19 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>40年前の高校生さん

その時代を体験してることがとてもうらやましいです…。

2016/03/23 (Wed) 19:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 7

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Johnny Thunders
  •  寒くて目が覚めてしまった!寒さ吹き飛ばすのに聴いたのが、Johnny最後の涙とも言える、Que Sera Sera! Punk,ジャンキー、とかくボロボロかつマイナーでダークなイメージが着く彼だけど
  • 2006.02.20 (Mon) 22:45 | その日暮らしの音楽日記
この記事へのトラックバック
  •  new york dolls「too much too soon」
  • 就職活動のための上京ってのは、宇都宮→東京間の長丁場となる電車内の暇つぶしとの闘いでもあります。こないだは、久しぶりにレココレ買って読んでたんですが、テーマは「USハード・ロック特集」。当然のように作品100選があって、blue cheerやMC5、もちろんmountain
  • 2006.05.03 (Wed) 02:37 | 4番、サード、いたち野郎。
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  NewYorkDolls/Rock'nRoll
  •  ニューヨーク・ドールズも昨日のイギー・ポップ同様、俺がロックを好きになり始めた頃は既に情報が無かった。たまにパンクの元祖ってことでちょっとした記事があるだけ。その何年か前に日本で開催された「ワールドロック・フェスティバル」で来日していたこともその頃知..
  • 2006.05.19 (Fri) 09:34 | ARock&RollFable~R&Rの寓話
この記事へのトラックバック
  •  New York Dolls「New York Dolls」
  • 「new york dolls」1973年発表の1st。Punk誕生前夜のNY Rockシーンを彩った5人組のデビュー作。カヴァー通りのダーティー&スリージーを全面に押し出したスタイル、そうした毒気を彩る華々しさなど、好き勝手にやっていなが
  • 2006.07.21 (Fri) 22:24 | Rock Junkheadz
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック