ロック好きの行き着く先は…

Archive2017年06月17日 1/1

Adrian Belew - Young Lions

Adrian Belew - Young Lions (1990) ギタリストのソロアルバムってのは大抵つまらないものが多い。もちろん色々あるんだけど、どこか毒気が無くてバンドのアルバムに比べると気抜けな感じがするものが多い。もしくは充実しているんだろうけど歌に不満があったりとかね、やっぱり両立できるのってなかなかないんです。ジミヘンみたいなのは別としてさ、バンドのギタリストという地位で活躍している人はソロアルバムがどうも…と。ん...

  •  0
  •  0