Imelda May - Life Love Fresh Blood

Imelda May - Life Love Fresh Blood (2017)
ライフ・ラヴ・フレッシュ・ブラッド

 アーティストやバンドってある程度のカテゴライズされたイメージがある。それがあるからこそファンが付いてきて、新作なんかでもその流れを期待して買うワケで、コロコロと色々と変えたりするってのもそうそう簡単に出来るもんじゃないし、そのときのファン離れっていうリスクもあるから商業的な面でのリスクも追うことになる。昔からそういうのはあってなかなか変えられてないという人もあったし、今でもそうだろう。だから10年一日的なバンドやアーティストも多い。どこかでブランド作っちゃえばなにやっても売れるってなるんだろうけど、そういう人も多くはない。

 Imelda Mayって人、覚えてる?そう言ったら失礼か…、イメルダ・メイって女性ボーカリストの2017年作「Life Love Fresh Blood」。これまでは基本的にロカビリーを歌う女性ボーカルってアルバムばかりを出していて、そういう人だと思ってたけど、ジェフ・ベックと一緒にやってるのを見ると普通に歌が歌える女性なんじゃない?って思ってたけどね、それはゲスト参加だからやれる歌で、自身の方向性ってのはロカビリーなんだろうと。だからソロアルバムにはあんまり興味なかったんだけどさ、今回はアルバムジャケットからしてこれまでと違って、何か妙にしっとりとしててケバさが無い…、何か変化があったんかなぁ…と思って見てたけどちょっとタイミングあったんで聴いてみたら、なんと驚いた。まさかこんなアルバムを出してくれるとは。それはイメルダ・メイのイメージを覆す作品だったからという部分が大きいのと、楽曲なり作品なりの中身の質が高い低いってよりも充実している、じっくりと熟成しているというような意味になるのかな、その深みが合って作品に重さがある。

 簡単に書けばアデルなんかであるような世界。もうちょっとロック寄りだけど、基本そのヘンに加えてジャズボーカル的エッセンスが香るか。しっとりとした大人の雰囲気、ドタバタした曲が全然無くって歌声をしっかりと聴かせる曲ばかりで、2曲めに配置されているジェフ・ベックがゲストギターで参加している「Black Tears」にしてもしっとりとしたバラード曲でその流れでのベックのギターが味わい深く弾かれている。あくまでも話題になる程度のもので、アルバムそのものの評価はしっかりと作り上げられているイメルダ・メイの歌声にある。こんな風に歌えるのか、と驚くばかり。情感溢れる歌声は正に新たな挑戦ながらも自らの拡張領域をしっかりと伝えていて新たな力量を発揮している女性ボーカルとして嬉しい限り。

 風呂井戸さん、オススメでっせ♪







 | HOME | 

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ+

2017年 07月 【25件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon