Bring Me The Horizon - Sempiternal

Bring Me The Horizon - Sempiternal (2013)
センピターナル(期間生産限定盤)

 ひとつの音楽せに拘ること無く自らの音楽性を追求することを怖がる部分とチャレンジし続ける部分と療法あるし、それでセールスが振るわなくなるとバンドは停滞してしまうことが多いが、音楽性の変化によってリスナーが減るのはあると思うけど増える部分もあるだろうし、しかし次なる音楽性が大衆にどう思われるかと云うのは確かに不安感はあるだろうね。ましてやこれまで成功していたら余計に、だ。そういうのはクリエイターとして常に持ち合わせているんだろう。音楽性変わっても離れるファンって一過性のものだろうと思うけどな。

 Bring Me The Horizonの2013年作の4枚目のアルバム「Sempiternal」。これまでデスメタルから入ってきたバンドがこの4枚眼に至るまでに既に何度も音楽性を変化させて…、変化と言うよりは進化させて卒業していったというのか、できる部分を吸収していって、そのまま自分達の持っている才能を繋ぎ合わせて、そこにメジャーシーンの要求でもあるポップ化、キャッチーなメロディセンスをも埋め込み、あらゆる包囲網から貪欲にサウンドを取り入れて実験して個性を確立して行ったひとつの完成形に向けてのアルバムが「Sempiternal」。この後のアルバム「ザッツ・ザ・スピリット」がその部分では最高峰に位置する完成形ではあるが、本作でその路線への転換と成功をある程度手に入れたことで出来上がっている。やたらとテンションの高いメロディラインの嵐とヘヴィなリフトフレーズに混じって流れてくる美しくも繊細な音達、バンド全体にラフさはなく細かい音まできちんと繊細に鳴らしてラウドな音でそれを冗長するかのような使い方でのヘヴィさ、常に歪んだ声での歌声は上手くはないけど徴収を魅了するには存分な歌とも言えるか。

 コーラスワークもメインボーカルもテンション高くて、こういうのってどうやってやれるんだろ?って思うくらいに見事にキャッチーさとヘヴィさが同居してて聴きやすい。その聴きやすさがポップに寄ってるワケじゃないからリスナー側はヘヴィなロックに振れていくし、そこでは実に受け入れられやすい。面白いのは英国ではこのバンド、お子様向けバンドとさえ呼ばれているくらいにキャッチーとのことで、確かにライブ映像なんかみてても派手な格好した女の子が多くてアイドル的人気を誇っているらしい。そういうのもあるんだろうなぁ、それを自分が好きだってのはどうなんだろ?いいのか?って自分を疑うんだけど、聴いてて心地良いんだからしょうがない(笑)。







 | HOME | 

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon