Dead End - Ghost of Romance

 80年代中盤から後半にかけてインディーズシーンからメジャーに乗り込んでいったバンドが実に多数出てきた。多くはその音楽性が変わってしまったという理由からか古くからのファンが離れていってしまって、どこか尻すぼみ的になってしまったバンドが多かったんだけど、それは多分、メジャーで活躍できる程のキャパシティを持ったバンドではなかったということなんだろう。やっぱ商売だから商品的にどこまでの価値があるかというのは判断するのが難しいしね。

 そんな時代の最中、インディーズシーンでレコードセールスを1万枚という記録を打ち立てたデッド・エンドというバンドはメジャーシーンから見ても魅力的なバンドに見えたのだろう。そして結果的にメジャーになってもかなりのファンを獲得して、しかも音楽的にはもの凄い広がりを見せて且つ海外での評価まで獲得したというから日本の音楽シーンに出てきて正解と言ったところ。

GHOST OF ROMANCE SHAMBARA

 1988年リリースのメジャー移籍第一弾アルバム「GHOST OF ROMANCE」、インディーズ時代のアルバム「デッド・ライン」からすると二作目のアルバムで、メンバーも二人変更しているので、まぁ、別のバンドに近いんだけどモーリーの世界観がデッド・エンドのスタイルということは間違いないのでそれ自体はあんまり問題ないでしょ。最初のアルバム「デッド・ライン」はやっぱりインディーズの作品だから音作りやミックスなどちょっとデコボコしていてメジャープロダクションの音ではないから、ぎごちなさはあったけど中味は既に音楽性がきちんと確立されたものだった。そういったマイナス面を払拭して、しかもメジャー側もインディーズでのセールス実績を評価してか、かなりのカネをかけてアルバム制作をさせたみたいで、ジャケットからしてH.R.ギーガーのアートワークだもんね。これで世界的なコレクターにも訴えかける材料になったってもんだ。

 そんでもって、「GHOST OF ROMANCE」の中味。デッド・エンドっていうバンドって割と変化に強いバンドなんだけどやっぱり基本的には美しいハード&ヘヴィーなサウンドでメロディのしっかりしたバンド、ってトコか。モーリーの世界観ってのは、まぁ、ナルシストっつうか暗黒の帝王っつうか、圧倒的なカリスマ性を誇る存在感があるのでそれだけでバンドの他のメンバーとは一線を画すんだけど、ルックスがこれまたとんでもなくってかっこよい。そういうルックスを見ていたのでいざ音を聴いた時の声質にはちょっと驚いた。もっとドスの効いた声質かと思ったら外国勢に負けないくらいのハイトーンというか声質の歌で、普通に聴いたらこのバンドってどこの国のバンドかわかんないかもしれない。無国籍なサウンドを出しているもん。まぁ、せいぜいヨーロッパかなぁ~っていう感じがする。その辺は日本の他のメタルバンドとは大きく異なっていて、しかも鍵盤奏者なしでその世界を醸し出すってのはなかなか出来ないんじゃない?

 この後「SHAMBARA」っつう作品を出してひとつの境地を極めたデッド・エンドは最後に「ZERO」という作品を残して解散。やり尽くした感が大きかったんだろうか、インディーズ時代から走り続けてきたバンドってのは大体が5年くらいで寿命を終えるんだけど、ご多分に漏れずデッド・エンドもそれくらいの寿命だった…。ガスタンクとの比較論をよくされているが、個人的には全然比較対象として相応しくないバンド同士だと思うけどねぇ。

 | HOME | 

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ+

2017年 07月 【26件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon