Category-Michael Bloomfield 1/3

Paul Butterfield Blues Band - Strawberry Jam

Paul Butterfield Blues Band - Strawberry Jam 60年代の白熱したブルースへの意気込みはほぼ同時期に当然ながら本場アメリカでも熱を帯びていた、というかごく一部の熱心な信者が見事にロックに持ち込んだというべきか。他にも居たのかもしれないけど、あんだけ広い土地で、そして偏見に満ちた時代に黒人ブルースを熱心に聴いてやろうと取り組んでいた白人のガキなんてのは多くはなかっただろう。それでも有名な話だけどモータウ...

  •  0
  •  0

Mike Bloomfield & Al Cooper - Fillmore East: The Lost Concert Tapes 12-13-68

Mike Bloomfield & Al Cooper - Fillmore East: The Lost Concert Tapes 12-13-68 アメリカでのホワイトブルースってのは人種差別も手伝ってか、さほど数多くのミュージシャンがその道を辿ったワケじゃない。ロック黎明期においてはもうバターフィールドのところくらいしかなくって、その後にジョニー・ウィンターが出て来るくらい。サザンという枠組みではオールマンがあるけど、黒人ブルースに云々ってのはあんまり出てこないし...

  •  1
  •  0

The Butterfield Blues Band - Live

The Butterfield Blues Band - Live 純粋な黒人ブルースってのはやっぱりずっと聴いてると疲れるのと、ホワイトブルース=ブルースロック系だとそりゃもう聴きやすくてカッコ良いってのがロック好きなガキの本音で、カッコつけて黒人ブルースってのはさ、なんて言ってても本当にそれを好きで好きでってんじゃないもん。やっぱりホワイトブルースが良いんです、うん。んで、ブルースロックをやっている初期の方々達はもちろん黒人...

  •  1
  •  0

Paul Butterfield Blues Band - Got A Mind To Give Up Living live 1966

Paul Butterfield Blues Band - Got A Mind To Give Up Living live 1966 ブルースはやっぱいいよ、ホントに、惚れ惚れする。もう何度も何度も何度も聴いているのに聴く度にスゲェ〜って思うし、感動するしその熱さに堪らなくなる。初期のロックもそういうのあったけどブルースも然りだ。アマゾン眺めてて、あぁこんなの出てるんだ、と何気なくね見てて、そう言えば多分持ってるな、このライブ、って思って聴き直してたんだよ。そ...

  •  0
  •  0

The Electric Flag - Live Carousel 1968

The Electric Flag - Live Carousel 1968 へぇ〜、これって発掘音源でオフィシャルでリリースされてたのか?っていうのをよくアマゾンで見かける。それがホントにオフィシャルリリースかどうかってのは微妙なものもあるんだが、アマゾンが出品しているのならそれなりの筋なのだろう。他の店の取り扱いだとイマイチよくわかんない時あるけど、あんまりヘンなの扱えないだろうし…、どうかな、どうなんだろ?って今ふと思った。きち...

  •  0
  •  0

Mike Bloomfield - Count Talent And The Originals

Mike Bloomfield - Count Talent And The Originals (1978) こんだけ色々と漁ってても全然情報には追いついていなくて、こんなの出てたのか、と驚かされる事も多い。古いミュージシャンのアルバムって昔の知識のままで自分は過ごしているから実はそこで発掘ものが、とかどこそこの国だけでリリースした、とか知られざる情報なんてのが入っていても知らなかったりする。その人の歴史を紐解こうと思うとやっぱり順番に聴いていくと...

  •  0
  •  0

Paul Butterfield Blues Band - In My Own Dream

Paul Butterfield Blues Band - In My Own Dream (1968) しかしCDって売れなくなったよな。自分を見てても買う量が全然違うんだからそりゃ世の中的に減るだろうよ、とは思うのだがそれ以上に減ってる。でも、音楽自体はそんなに衰退してないんだから皆どうやって聴いてるんだろ?YouTubeの功罪はあるだろうけど、そんだけじゃないよなぁ。DLで買ってる方が多いってんでもないし、よくわからない。自分基準だとまるで分からないか...

  •  2
  •  0

Paul Butterfield Blues Band - East-West Live

Paul Butterfield Blues Band - East-West Live (1996) 人間追求してハマったミュージシャンを聴きたいと思うと何でもかんでも手を出していくってのがあって、顕著なのはアイドルの追っかけなんて人は正にそうなのだろうけど、その対象はともかく行動・行為としてはディープなロックリスナーなんかも同じ部分あるし、鉄ちゃんだってそれは同じだ。要するにマニアの世界ってのは対象が違うだけでやってることは同じということで…、...

  •  2
  •  0

Mike Bloomfield - From His Head to His Heart to His Hands

Mike Bloomfield - From His Head to His Heart to His Hands (2014) そういえば…って気づいた。最近そういうのが多いんだが、そろそろアレ、リリースされてるんじゃないか?って見てみるとやっぱ出てた。ってお話。結構楽しみにしてて長い間待ってたんだが、現実にリリースされていることをすっかりと忘れているのは情けない次第。マイク・ブルームフィールドの3CD+DVDのボックスセット「From His Head to His Heart to His Hand...

  •  2
  •  0

Paul Butterfield Blues Band - Resurrection of Pigboy Crabshaw

Paul Butterfield Blues Band - Resurrection of Pigboy Crabshaw (1967) The Resurrection of Pigboy Crabshaw Better Days +3 やっぱブルースって面白いです。自分の原点に持っていたいし、もう持っているサウンドだな…と実感しながらも詳しく追求していないという適当な付き合い方もこれまた良しとしておこう(笑)。さてさて、ブルースというジャンルに手を出したのは今となってはロックとほとんど変わらない頃で、そりゃそ...

  •  2
  •  0