Category-Ten Years After 1/2

Ten Years After - Goin' Home!

Ten Years After - Goin' Home! (1975) YouTubeでアルバム聴きながらブログ書いてたり、他にもアレコレしてたりってのをいつもしている。自分のライブラリを流している時もあるし、意図的に何かを聴いているという時もあるが、YouTubeで聴いてると、意識してないからアルバムが終わっちゃって、そのままにしとくとある種ラジオと同じで何が次に流れるか分からなくて面白い。意図しなくても次の何かが勝手に流れるし、しかも賢いも...

  •  0
  •  0

Ten Years After - Ten Years After

Ten Years After - Ten Years After (1967) Deccaと言えばStonesやSmall Facesなんかだろうけど、そもそも古くからあるレーベルで元々クラシックばかりをリリースしているレーベル、それがロック・ポップスの流れもあり、そのヘンやらないとヤバいんじゃね?ってことで始めたのがポップス部門、それでもやはりクラシックと同じレーベルでは…みたいな抵抗もあったのかレーベル価値を下げたくなかったのか、早い段階でデラムという...

  •  0
  •  0

Alvin Lee - Pump Iron

Alvin Lee - Pump Iron (1975) 職人芸のミュージシャンは昔も今も多数いるし、それぞれの仕事は追いかけていくとホント、キリがないのだが、そんな関係性が面白くて色々と繋がっていくのも英国ロック。たまたまではあるけどアンディ・パイルって確か…ってちょこちょこと調べてたら実に色々なトコロで名前が出てきてて、そっか、それで何となく記憶にあったのか、なんて事が判ってね、やっぱり英国ロックの楽しみってのはこういう...

  •  0
  •  0

Ten Years After - Alvin Lee & Company

Ten Years After - Alvin Lee & Company (1972) ギター弾きまくり、ってのは言うほどアルバムって無いのかもね。そりゃ売るためにリリースするレコードなのにそんなのばかり入れてたって売れないし、ライブでやってるだけならともかく、それでも飽きられるだろうし、ライブ盤にしても編集して聴きやすいサイズにしておかないとってのもあっただろうし、割と見当たらないんだよな。最近でこそ未編集ライブバージョンなんてのが出て...

  •  2
  •  0

Ten Years After - Rock & Roll Music to the World

Ten Years After - Rock & Roll Music to the World (1972) B級路線に走ればそれこそ色々とあるんだけど、どうもそっちな気分じゃなかったんで普通にメジャー路線な方向に進んでみようかと。それにしてもちょこっと漁ってたんだけど、B級どころかC級レベルのがどんどん発掘されていて、さらに各国の自主制作盤なんてものまで発掘されたりしてるみたいだから70年代縛りでロックを追いかけていても結構楽しみは続けられたのかもな。...

  •  2
  •  0

Chick Churchill - You And Me

Chick Churchill - You And Me (1973) 昔好きだったバンドを今でも好きだからちょくちょく聴くってのと、いや〜、あんまり聴かなくなってきたな、どころかココ何年も聴いた記憶がないなってのもある。もうね、30年以上聴いてるとそういうのもたくさんあって、そもそも何で好きだったんだろ?ってのもあれば何で今は良く聴こえるんだろ?ってのもある。ま、そういうもんだ。んで、鍵盤のハードなの聴きたいな〜なんて思ってて、ふ...

  •  0
  •  0

Ten Years After - Recorded Live

Ten Years After - Recorded Live (1973) 古くから言われることのひとつにライブバンドかスタジオバンドか、との別。スタジオ録音=レコードは素晴らしいけどライブになるとちょっと、ってのが後者で、スタジオ盤はそうでもないけどライブが凄い、ってのが前者。器用なバンドは両者を完全に使い分けてたって話だが…The WhoとかZeppelinとかね。そんな風に合理的に考える人達も昔は多くなかったから如何にライブでやってる音をレコ...

  •  4
  •  0

R.I.P - Alvin Lee

R.I.P Alvin Lee R.I.P Alvin Lee. ま、色々書いたんだけど全部消して、単に稀代のギタリストを悼みたくって名演をひたすら聴いてました。やっぱり時代を作ったギタリストだったしフレーズも印象的だしなんだかんだとカッコ良かったもん。ウッドストックの「I'm Going Home」の熱気がキャリア最高だと思うけど、やっぱ凄い。Think About the Times: The Chrysalis Years (1969-1972) [Remastered]Ten Years After価格: 2,4...

  •  4
  •  0

Ten Years After - Watt

Ten Years After - Watt (1971) 早いものでもう2月か…。正月だ〜って思ってたのもつかの間、こんな調子で毎月さっさと過ぎ去っていってしまうのだろう。ここのところ猛烈に忙しいのであまりまとまって何かができることがないのだが、こうして時間をロスしていくのだな…。その合間合間に聴く音楽は相変わらずロック。トラッドとかフォークとかジャズとか色々つまむんだけど結局ロックでガツンってのが一番効く。やっぱりそうしない...

  •  5
  •  1

Ten Years After - Stonedhenge

Ten Years After - Stonedhenge (1969) Stonedhenge Undead そういえば、なんで「これから聴くフォルダー」の中にTen Years Afterが入っていたのかようやく思い出した。スレイドの記事を書いている時にスレイドがTen Years Afterのカバーをしてて珍しいな〜ってことでオリジナルを聴いてみたくて聴いたんだった。それでまだウチのブログで書かれてないアルバムを探してて「これから聴くフォルダー」に入れてあったんだ。普通に...

  •  3
  •  0