The Lords of New Church - Is Nothing Sacred

The Lords of New Church - Is Nothing Sacred (1983)
Is Nothing Sacred

 古くからスーパーバンドなんて言葉があって、どこそこの著名な人達が集まって組んだバンドって事なんだが、そのウリ文句で成功したのはあまり聞いたことがない。せいぜいポール・ロジャースのBad Companyくらいだろうか、という印象。他にもあるけど商業的にもバンド的にもってのはなかなか見当たらないんだよね。そりゃさ、そんだけの強者集めたら凄いけど個性も強いから成り立たないってのもあるだろうし、エゴも出るだろうから圧倒的な天才に着いていくみたいな構図じゃないと厳しいんじゃない?なんて凡人は勝手に想像するんだが。

 The Damned解散で再結成時にはバンドに戻らずにパンク界でのスーパーバンドとなったThe Lords of New Churchを組んだブライアン・ジェイムズ、ボーカルにはDead Boysのスティーブ・ベイダー、ベースにはSham69のデイブ・トレガンナという布陣での1983年リリースのセカンド・アルバムが「Is Nothing Sacred」。肩書の通りのバンドであれば素晴らしきパンクバンドのハズだったんだが、どういうワケかそうはならず、ポストパンク的なスタイルを実践、それはちょいとゴシック調でもありメロディアスでもあり、The Damnedの中後期あたりと共通項もあるスタイルになるのかな、特にこのアルバムなんかはドラムが80年代初頭のあの音だからむちゃくちゃポップスに聞こえるワケで、普通に聞いたら単なるポップチャートに入ってくる音を出すバンドなんだな、っていう感触。肩書なんて何の役にも立たない感じのポップバンドサウンド。いや、実験的な要素はたくさん盛り込まれているし、確かにポストパンク的なスタイルでもあるし、スティーブ・ベイダーの歌だからかっちりってワケでもないし、ロックエッセンスたっぷりなんだけど、録音の問題なのだろう、本来のバンドの音を殺してしまっているかのような音は聴いていると結構キツイ。好みの問題だろうが、もうちょっと何とかしてほしかったなぁ…。

 気を取り直して音から音楽、内容へと耳を切り替えてみるとこの時代にはこういうサウンド出すバンドは確かに無かったのかもな、と。ただ、これでリスナーを取り込むってのもなかなか難しかったんじゃないだろうか。3枚位はアルバム出てるからそれなりに売れたんだろうけど、買っていた昔からのリスナーは多分こういう音は求めていなかったんだろうし、どうにも難しい。もっとパンクロック連中らしい音でストレートにやってくれりゃ良かったのにな、とも思うがそれじゃ新しいバンドにはならなかったのだろうし、どうにも…ってなトコだ。



The Damned - Live Shepperton 1980

The Damned - Live Shepperton 1980
ライヴ・シェパートン1980 【オリジナル日本盤LP再現紙ジャケット仕様/K2HDマスタリング+HQCD/完全生産限定】

 キャリアの中でベースからギターへの転身とかドラムからボーカルとかギターとか色々と転身して続けていく器用な人が何人もいる。そもそもどんな楽器もある程度出来てるという基本的な才能だったり、音楽表現者として備わった能力があるからこそそれでも通じるのだろうけど、なかなか出来ることじゃない気がする。マルチプレイヤーって人もいるが、どっちかっつうと演奏家という側面が強くてプレイヤーとしての探求みたいなのは深くないというか、最低限の演奏なんだろうな。もちろん天才肌なんだろうけど。

 The Damnedの1980年のシェパートンでのライブアルバム「Live Shepperton 1980」。バンド的には一旦解散してて、その後再結成という事でメンツを揃え直したけど、ベースがアルジー・ワールドになってる、ってことはギターはキャプテン・センシブルになったってことで、この人もともとバンドの中でベース弾いてたんだよね。もちろん元がギタリストだったのは演奏聴いてりゃ分かることで、なるほどこれで思い切り出来るハズだ、ってな感触はマジマジと感じるトコロ。んでパンクという枠組みからちょいと外れていったアルバム「マシンガン・エチケット」をリリースした後のライブを収録したアルバムなので、ダムドもどうなんだろうなぁ…なんて思ってたけど、とんでもないライブアルバムです。この後ゴシック路線に入るんで、おとなしめなのかと思いきや、パンクどころかNWOBHMの一環なんじゃないかっつうくらいのスピードとパワーで怒涛の如く攻め立ててくるライブ。有名な作品なんかもそのままパワーアップしてプレイされているので、物凄い事になってる。ハードコアパンクへの布石とも言えるのかな、元々演奏力の高いバンドだったからこういう音を出しても演奏的には上手く出来るからなんだけど、「Neat Neat Neat」の後のラットのドラムソロなんて、パンクバンドのそれじゃないからさ、ジミー・ペイジに認められただけの事はあるプレイもナイス。

 ビートルズの「Help!」なんて何だこりゃ?ってなくらいになってるしね、ネタ的に面白いからやってたんだろうけど、今じゃそれよりもオリジナルのダムドの曲のパワーアップさの方が頼もしい。そして「Smash It Up」や「Plan9 Channel7」あたりの後のゴシック調の楽曲のライブプレイもここではもう圧巻のパンクスタイルでの演奏だし、とにかく勢いありまくりのライブで多くのパンクバンドが独自路線を歩んでいった中で、この時期だけを切り取れば確実にThe DamnedというバンドはNWOBHMに接近していたとも言えるだろうか。だからこそのアルジー・ワードのTankというバンドが出来上がったのだな、と納得。









Public Image Limited - Paris Au Printemps

Public Image Limited - Paris Au Printemps


 ロックってのは実に色々な表現の仕方があるものだ。魂込めて吐き出すのも一つの方法だし、ひたすらに内向的に絶望感を煽っていくのもひとつ。そこらヘンの好みというのが音楽形態に表れてきてリスナーを選ぶと言う感じだけど、聴く側はそこまで意識していないから好みというだけでの基準になるのかな。もうちょっと音楽的見地の高い人はそうでもないんだろうけどさ。多感期にそういうのを聴くとシリアスなのとくだらないのが判ってしまうんじゃないかな…、ってかシリアスなのに出会ってしまうとそのシリアスさに気づいてしまうというかね、感性にもよるか。

 P.I.Lのライブアルバム「Paris Au Printemps」。1980年リリースのパリでの二日間のライブの編集アルバムだけど、それなりにキャッチーな曲なんてのはひとつもなく、ただただひたすらにストイックにアバンギャルドに実験しているバンドの進行形をそのまま記録しているもので、商業的見地はまるで入っていないというアルバム。それだから故に売れてしまうというか、ジョン・ライドンらしいというか、パンクの行き着く先にはこの手の妥協なしの路線をひたすら突き進むしかないと言うか…。芸術肌なんだろうね、基本的に。だから敏感な音をも察知して作り上げているし、そもそも作り上げるってことが出来る時点で芸術肌でしょ。自分がこういうのやりたいって見えてないと他のメンバーに伝えられないワケだし、それで出てきた音が自分が狙っているモノであるならばそれはもう完全に芸術家。しかも今まであまり聴かれる事のないサウンドだったりすればそれはもうあれみたいなこれみたいな、じゃなくてオリジナルな頭の中を伝えるしかないんだから見えてないと出来ない。そのセンスが凄いと思う。

 そしてこのライブだ。観客なんて思い切り無視ってくらいにストイックな感触、しかも「ダマレ」ってな発言で観客との距離を思い切り開けて、やりたいことをひたすらに実験的に展開している。うん、思い出してみればドアーズのライブもこういう雰囲気はあったな。そしてP.I.Lというバンド出来には最初期のオリジナルメンバーでのライブってことで貴重な瞬間の記録、そもそも「METAL BOX」の曲とか不可能だろ(笑)。しかしこういうのもしっかりとパンクだもんな…、更に言えば、パンクの発展系のくせに思い切り知性を感じるというのも不思議な話で、こういうロックの側面に惹かれるリスナーの気持ちは良く分かる。感受性高いんだろうなぁ…。



The Stranglers - Feline

The Stranglers - Feline (1983)
Feline

 熱い魂を叩きつけるかのようなロックのエネルギーとパワーが好きだ、というところからすると真逆に位置するこのニューウェイブあたりの路線、そんな魂なんぞどこ吹く風、ひたすらに陰鬱に自虐的な方向へと突き進む内向的なエネルギー、と言ったところか。そのいずれもが人気を博しているし、どちらも同じくらいの人気がある。ただ、大抵は何れかに属することが多いし、両方をバランスよく好むという人間もそうそうはいないだろう。はて、自分はと言えばやっぱり当然前者になるんで、底が浅いというか所詮ミーハーと言うか(笑)。

 The Stranglersの1983年作品となった「Feline」。これまでからレーベルも移籍してますますヨーロピアンエッセンスが強くなってきたとも言える作品で、昔の初期パンクのバンドです、なんて雰囲気はまるで残っていない。かと言ってポップバンドとも言えず、ニューウェイブですね、とも言えないユーロピアンな雰囲気が漂っているアルバム。ってかストラングラーズ自体がそういう存在になっていて、日本じゃもう全然下火だったけど英国ではこの時期の方が人気があるというお話なので、やっぱり大きくセンスが異なるんだろうなぁと思う。日本でこんなんが人気出るとは思えないもん。それでも聴いていると確かに美しくデカダンでユーロピアンな雰囲気の中、メロディアスな歌が流れてきて、それも媚びを売るものではなく悲嘆的なスタイルに近いか。歪んだギターなんてのはほぼ聴かれないというのも特徴的。

 一方では80’sと呼ばれる第二次のインベンションが怒っている中で真逆のロックシーンとしてこんなのが受けてたってのは面白い。さすがに表舞台に乗り込む程の無鉄砲さではなかったところは救いだが、どう思って見てたんだろうね。ちょっとそっちに寄れば乗れたんだろうと思えるだけにちおいと興味ある。それはともかくとして、この音、知的なセンスがバリバリと感じるものの、ロック的に好きか?ってなるとなかなか「うん」とは言えないかな。ただ、ストラングラーズってこういう進化があるから面白いし、ストラングラーズらしいからじっくりと制覇していくバンドかな、なんて思ってますね。



Wire - Pink Flag

Wire - Pink Flag (1977)
ピンク・フラッグ

 ポストパンクって一体何だったんだろ?なんて今更ながらに思う。次世代パンクって意味合いなんだろうけど、ま、その通りか。ただ、スタイルとしては結構幅広かったからか自分がそういうのを聴いた頃って何かピンと来なかったんだよね。その時に聴いたのって多分Alien Sex Fiendとかなんだろうけど、それが悪かったんだろうか。そもそもがこういうのを聴いてたらもうちょっと興味持って取り組んだかな。ニューウェイブと共にイマイチな世界だったからほぼシカトしてたけど、もったいなかった。

 Wireというバンドの1977年のファーストアルバム「Pink Flag」。既にパンクが崩壊して、っていう話は今なら言えるけど当時はまだそこまででもなかったハズで、しっかりパンクエッセンスは音楽シーンに残っていたと思う。そこに対して初期パンクと同じ時代にこの音で殴り込んだというのはかなり衝撃的だったんじゃなかろうか。それでも歴史的にはさほど残っていないというのはそのインパクトが薄かったということにはなるのだが、どうだろ、ちょっと手法が違ったらシーンへの影響は大きかったんじゃなかな、なんて思う。最初の曲はちょいとニューウェイブ的な感触もあるから正にポストパンク的なバンドなのか?って思うけど、すぐに3分に満たない勢いのある曲で占められた楽曲が続く。21曲で30分というサイズは聴くものをちょっと驚かせる。

 ソフトマシーンやフロイド絡みのマイク・ソーンのプロデュースと言うことでもしかして?なんて思うけど、それは音が整っているというメリットだけで、決してそれらのバンドの作風が用いられているというものではなかった。しかし短い曲が多い中でバリエーションには富んでいてポストパンク史に残す金字塔とまで言われる程の作品として仕上がっているのはその通りかも。案外聴きやすいサウンドの秘訣なんかもあるだろうし、ミュージシャン気質の高いバンドでもあったようだ。カバーしているバンドも結構あるしなぁ…、日本での知名度は低いんじゃないだろうか。



Gang of Four - Entertainment

Gang of Four - Entertainment (1979)
Entertainment

 パンクロック創生期は分かりやすかった。何がしたかったのか、だからああいうのをやったんだ、みたいなのもシンプルだったし、そのパワーとか勢いってのはその時代背景じゃなきゃ出来なかった事だったろうし、だから故に生まれたスタイルだったし、と納得感満載なんだが、その初期衝動のあとのスタイルとして進化していったポストパンクや何とかパンクやニューウェイブなどなどは別の話だろうと。初期パンクがレゲエとくっついたようにニューウェイブはファンク的なのとくっついている事も割と多そうだ。妙な組み合わせだなぁとは思うけど割とそれがクールに決まったんだろう。

 Gang of Fourというバンドの1979年の最初のアルバム「Entertainment」。これもまた最初にして最高傑作と言われているアルバムで、センスはパンクロック的なエッセンスだけど、やってるのはどこかファンクな世界とポップな攻撃性。だから聴きやすいしハマりやすいという性質を持っている。全くウィルコ・ジョンソンのギタースタイルを我が物にしてしまったアンディ・ギルという才能の持ち主がこのバンドの命綱でもあり、この傑作をバリエーション深いものに仕上げている。ギターのカッティングの鋭さも天下一品。こんだけの鋭いカッティングを持つ男はそうそう見当たらない。その意味でもきちんと聴いておくべきアルバムかも。

 こういうのをニューウェイブとして扱ってたから聴かなかったんだよな。全然ニューウェイブな音じゃないじゃないか。しっかりとパンクロックな音だし、その発展系だし、ナヨナヨなニューウェイブというジャンルと一緒にしてほしくなかったなぁ…。そうすりゃもっと早く聴けたのに。結構そういうのがあるんだろうと思う。ただ、それでも巡り合って聴けたってのは良かった。オルタナティブ・ロックってのもまた違うけど、ロックの進化って単語が付いていかないってのも事実だし、正にそんなのを実感した見事なロックアルバム。



Killing Joke - Killing Joke

Killing Joke - Killing Joke (1980)
KILLING JOKE

 自分にとってのロックってブルース色があるかないかってのはまずひとつの基準にはなる。プログレ系になるとそれは別の話になるんだけど、他のものは大抵そのあたりから派生していく。パンクやニューウェイブ、パブロックなどはその系統に属していないので自分的には別の路線にある音楽とも言えたかな。今はそうでもないけど、昔はそういうのがひとつの基準だったから、そこを徹底して聴いていったってのはある。だから故にブルース色が入っていないロックの世界は新鮮に聴けるってのあるかな。面白いと思うかどうかは別として。

 Killing Jokeの1980年デビューアルバムにして金字塔となった「Killing Joke」。とにかく昔から知ってたけど、聴いちゃいけないんだって思わされた宣伝文句もあって聴いたことなかった。ポストパンクの金字塔とも言われてあまりにも呪術的とも言われてたし、ジャケットからしてヤバそうな雰囲気だしね。まぁ、そこまで話題にならなかったのが一番の要因だけど、確かにKilling Jokeって日本だとかなり知名度低いし人気もさほどでもない。アルバム紹介では出て来るけど、一般的な評価としてバンド名が挙がることはほとんどないもん。自分もその多数の日本人の感覚と同じでシーンに置いてそんなに重要なバンドだという意識はなかった。

 さて、この「Killing Joke」というアルバム、デビュー作にて金字塔、なるほど、確かに。インダストリアル系と言えばそれまでだけど、無機質な中に歪んだギターを冷徹に入れ込み、正にインダストリアルなサウンドを作り上げることに成功している。こういうのはどうしたら出来上がるのだろうか?単に音色の違いだけでもなかろうし、ギターやベース、ドラムだって普通に弾いているだけだからバンドでこの通りやったら普通のロックバンドの音になるんだろうと思う。それでも、このアルバムではそんなイージーな音には仕上がっていない。やっぱりボーカルの重さ、カリスマ性によるものだろうか、明らかに普通のサウンドとは一線を画している。こういうのってホント、80年前後あたりから出てきてる音で、馴染みがない。だから故に新鮮な響きを持って聴けるし、パンクのスピリットはそのまま生きている。実にロックだな、ってのを感じる攻撃性、何気にかなり気に入ってしまった世界観…、いいな、これ。



Ian Dury - New Boots & Panties

Ian Dury - New Boots & Panties (1977)
New Boots & Panties

 パブロックたるジャンルでの看板スターとして挙げられるのがDr.FeelgoodとIan Dury。いずれも自分的にはほとんど触れてこなかった人達なのでほぼ知らない。アルバムやライブを何度か聴いたことはあると思うけど、全然記憶してないし知らないんだよね。ただ、そういうジャンルの中でのヒーローとしては知っててさ、何でだろ、聴いてみようと思ったこともなかった。聴いても好みじゃなかったのが残ってたからかもしれない。今じゃ英国ロック史的にもそれなりのステータスを築き上げてるし、やっぱり聴いておかないと、かななんてこの流れもあって挑戦してみたところ。

 Ian Duryの1977年デビューアルバム「New Boots & Panties」、35歳の時の作品で、最初にして最高の傑作と言われているアルバム。パンクの元祖と言われたりパブロックのヒーローとも言われたのでどんな音が出て来るんだろ?なんて思ってたんだけど、最初からどうにも不思議な美しきピアノでのサウンドが流れてきて、更に言えばベースのリズムとラインが中心となったブラコン的なサウンドと気怠い雰囲気が重なったような、そう、The Stranglersがやってそうなサウンドが出てきて、かなり驚いた。もっと攻撃的な音が出て来るモンだと思ってたからこんな知的な、というのか、Japanよりももっと男に寄ったサウンドなんてのは想像しなかったな。何でこれで名盤とか最高傑作とか言われるんだろうか?なんて考えてしまったけど、聴いていると心地良いというのは確かだ。かなりバリエーションに富んだ作品で、ベースのリズムがホントに心地良いけどギターもかなり良いセンスで鳴ってくるし、イメージとは裏腹にしっかりとしたバンドアンサンブルでイアン・デューリーというイメージをサポートしている。

 普通に変なイメージさえ持ってなかったらこういうのってどういう名盤って言うんだろうな、ロックとも言い切れないしもちろんパブロックとかパンクの世界じゃないし、どうなんだろね、って感覚だけど、それでは売りにくいってのもあったのかイメージを付けて出してきたというトコロか。そのギャップにはちょいと驚いたけど、アルバムそのものの出来映えは見事なものと言い切れるレベルだろう。果たして自分がこういうのが好みかと言われるとそれもないんで、やっぱりあまり聴かない部類になってしまうんだろうけど。





Dr.Feelgood - Down by the Jetty

Dr.Feelgood - Down by the Jetty (1975)
ダウン・バイ・ザ・ジェティー

 歳と共に新しいのを受け付けなくなるって人も多いだろうけど、古いけど新しいもの、即ち70年代だけど通ってきていない音ってのもあって、こうなると新しいものを受け入れられないってんじゃなくって古いものを聴けていなかったってことになるから、聴いてみたくなることってのもあるんじゃないかと。会話してるとパープルとかツェッペリンなんてのはその世代なら聴いていただろうが、ちょいとマイナーなのになると普通は漁ってないと聴かないから、そこでマニアと時代的にロックを聴いていた人と分かれるのかも。ま、だから何だ、って話だが(笑)。

 Dr.Feelgoodの1975年のファーストアルバム「Down by the Jetty」。このジャケットもバンド名も昔から知ってたし持ってたけど、何か全然聴かなかったんだよね。何だろ?音もシャキッとしててカッコ良いのにどこか響かなかった若かりし頃、所詮は好みだからそういうのもあっただろうけど、多分シンプル過ぎて面白味に欠けたのだろう。今パブロックの流れで聴いているけど、実にストレートなギターカッティングを中心とした英国ビートロックそのままの音で、ともすれば60年代のバンドだろ?ってくらいのマージービート的サウンド。歌は野性味に溢れるロック的には実に魅力的な歌だし、ギターは強烈なカッティングでグイグイと引っ張っていくし、何ら聴かない理由も見当たらないが、楽曲そのものの良さってのはちょいと欠けるかもね。そのヘンがThe WhoやThe Kinksとは異なるトコロか。んでも、まぁ結構な人気を誇っているし、今でも根強いリスナーもいるし、やっぱりハマったら面白い深みはあるのだろう。Yardbirdsとか好きなら好きでもおかしくないしね。

 日本のめんたいビート系はこの辺がルーツになるのかな、ルースターズとかはモロって感じもあるし、なるほどなぁ、と。そうするとやっぱり60年代ビート系との共通項になるわけだ。ライブで見たら多分一発で気に入ってただろうなというくらいの強烈なビートがカッコ良いし、ファーストアルバムでこの完成度だからそりゃ頼もしいバンドなハズだ。しばらく真面目に聴いてるとハマるかも。





XTC - White Music (1978)

XTC - White Music (1978)
White Music

 ファーストアルバムの魔法ってのを信じてる。どのバンドでもファーストアルバムってのはデビュー前からデビューまでの集大成で青臭い部分も勢いも熱気も未熟さも下手さも全てひっくるめてぶつけてくるもので、それが故にバンドの根本的な本質が聴ける事が多い。先日もそんな話をしててやっぱファーストアルバムってのは何でも面白いのが多いよな、って。

 XTCの1978年リリースのファーストアルバム「White Music」。よくクラシックパンクという部類に入ってこなかったものだと思うくらいにパンクな毛色が強い作品でありながらその後のポストパンク的な部分やニューウェイブな質感を漂わせているアルバムで、一聴した時に感じるのはThe JamとThe Damnedの融合とポストパンク的な味わい…、当時からしても形容し難いサウンドだったのは間違いないが、それでいてきちんとポップソングとして仕上げているんだから才能の豊かさを証明している。歌声がやや軟弱な部分があるのと勢い余ったビートが中心になってることでパンクな毛色が薄くなっていたのだろう、さらにはこのメロディ…、正にパンクのエネルギーとポップスの出会いとでも言うべき作品か。ギターの音色だって歪み系じゃなくてカチャカチャ系だからそりゃポストパンク的だろうよ。本人達はどこまでコレが新しい音ってことを自覚してやってたんだろうか。

 時代背景的にロックからはパンクが、そしてテクノも出てきていたアメリカの流行はディスコサウンドという頃、そのどれもに影響を受けていればこうなるのも必至だったのかもしれない。後のXTCはもっと偏屈な音に向かっていくのだが、このアルバムではかなり分かりやすいパンキッシュな音をやっているので結構驚く作品のひとつかも。初期パンクが好きだったら割と聴けちゃうアルバムかな。



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ+

2017年 10月 【20件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon