Steve Harley & Cockney Rebel - The Best Years of Our Lives

Steve Harley & Cockney Rebel - The Best Years of Our Lives (1975)
The Best Years of Our Lives

 ロックに目覚めた頃、何でもかんでもとにかく聴きたくて見たくて時間が足りないとばかりに好きあらば何かを聴いてたし、探してたし、それだけ飢えててロックを知りたくてしょうがなかった。それでももちろんガキだったから今思えば全然知らないしもっと知っとけとか聴いておけとか思うことばかりなんだけどがむしゃらに聴いてたな。本来なら今でもそうやって取り組んで聴くのが筋なんだが、なかなかそうはいかなくてってのがある。それは何だろうな…、古くて良いものに出会うとやっぱり熱入れて聴いてるし、どっか違うんだろうよ70年代は。

 Steve Harley & Cockney Rebel名義となった最初のアルバム「The Best Years of Our Lives」、1975年リリースの作品でなかなかオツなジャケットでカッコ良いのは案の定ミック・ロックの写真によるもので、グラマラスな雰囲気が漂う小洒落た味わいが粋だね。コックニー・レベルってどこかマイナーと言うか、イマイチ聴き惚れる程までではなかったんだけど、この「The Best Years of Our Lives」ではメンバーが一掃されているのもあるし、Steve Harley自身が反骨心見せてるのもあるのか、随分と名作に仕上がっていてさほど出てこないけど、かなり良作でかなり好きなロックだ。初っ端のギターなんてピート・タウンジェンドが弾いてるんじゃないかっつうくらいにはソリッドでシャープな切れ味がカッコ良い。そのままで進むかと思いきや、一気にサイケでアンビエントで正にヒネたポップなキッチュサウンドが展開されてって一筋縄ではいかない音が続く。こんだけ幅広いとロックというカテゴリも狭いのかもって思うくらいにはカラフルだ。

 70年代のアルバムってこういうきらめきやときめき、おもちゃ箱をひっくり返したようなサウンドに出会えるんだよな。それがまたどこか切実で惹き込まれるし、多分仕事として音楽を作りながらもやっぱりセンスと情が熱いというのか、響きやすいんだろうか、味わい深い作品だ。カッコ良いジャケットってのはやっぱり音もカッコ良いのが多い、と思いたい。一言で言えばグラムロックなんだろうけど、その幅はかなり広くて才能を見せまくってる傑作アルバム。アルバム全部聴き直そうかなって思ってるくらいには刺激的な作品でした。



Roxy Music - For Your Pleasure

Roxy Music - For Your Pleasure (1973)
For Your Pleasure-remaste

 Roxy Musicというバンドについてはこれまでも書いてきた通りに、とんと興味が沸かなかったバンドで、どこが面白いのかさっぱり理解できない自分だった。こういうナヨっとしたのは好きじゃないってのが大きな要因だろうけど、それだけでもなく、バンドの見地からしてもそれぞれの楽器的に別に面白味もないし、一般的にはブライアン・フェリーの歌がどうのってのと、イーノのセンスが云々ってのが大きいようだけど、それでも前者はそもそもそこが好きじゃないからさ、って話で自分的にはさほど気にする必要のないバンドとして捉えておけば良いかと。

 まぁ、そうも言ってられず、と言うか、折角の機会には何度も聴き直したりするんですよ、実は。好きじゃないというだけじゃちょっと勿体無いし、ってね。だから再発見することも多くて、そういう風に聴けば分かるんだ、とかあってね。今回もそういう意味ではようやく少しだけRoxy Musicの面白さが理解できたかも。1973年リリースのRoxy Musicのセカンド・アルバム「For Your Pleasure-remaste」。アマンダ・レアの美しいジャケット、というものの、アマンダ・レアって何者?って…、モデルかと思ってたけど歌手なんだね、しかもアルバムたくさん出てるんだ、ってことを知らなかった。へぇ…、聴いてみる?ネタでしかないだろうけど。そんでもってサルバドール・ダリの愛人だった、って…ちょっと待てよ、年齢差どんくらいあるんだ?40歳差?んでボウイやミックやブライアン・フェリーですか…、何だろなぁ…と。話が逸れまくりますな(笑)。

 Roxy Musicのセカンド・アルバム「For Your Pleasure-remaste」。ようやく判ってきたのはブライアン・フェリーの歌の世界がバンドを持たせている、世界観を作っている、って所だ。どういうロックに進もうとしていたのかもわからないし、確かにアートバンドでしかないから音的にどんな、ってのもない。ただ、ブライアン・フェリーの世界があって、そこを皆が味付けている、そういう集団。だから音的に好きとかキライとかしょうがない話になる。Velvet Undergroundもそんな世界だけど、彼らは音楽の中でアートをやってたからまだ分かる。ところがRoxy Musicはアートの手段の一つに音楽があるだけ、に近い。だからプログレッシブであるとも言えるのはそこだね。なるほど。しかしフィル・マンザネラのギターは良い音してるな…。

 そんなことを思いながらじっくりと聴いてみたんです、マジマジと。そしたら判ってきたことがあって、イーノのしごとの必要性とかも含めて、あぁ、なるほどな、こういう混沌とした世界に結びつけていくことでブライアン・フェリーのアート性が実現できているのか、と。でもそこまでだったんだろうね、イーノがこの後バンドを捨てて出てっちゃうってのはさ。そしたらバンドはまともに音楽するようになったってか?う〜ん、ロックは深い。



Marc Bolan & T-Rex - Zinc Alloy & The Hidden Riders of Tomorrow

Marc Bolan & T-Rex - Zinc Alloy & The Hidden Riders of Tomorrow (1974)
Zinc Alloy & The Hidden Riders of Tomorrow

 そういえばブギーの王者ってT-Rexも言われてたな…と。でもさ、Status QuoのブギーとT-Rexじゃ随分と違うよなぁ…と昔から思ってて、こないだStatus Quo聴いてて、妙に納得しちゃったもんだから今回T-Rex聴いてて、やっぱりブギーってのは幅広い使われ方があるのだなと思った次第。もっとも本日のお題アルバムはブギーを中心としたアルバムには数えられないんだけどね。

 1974年リリースのT-Rex…ってだけじゃなくて、Marc Bolan & T•Rexの「Zinc Alloy & The Hidden Riders of Tomorrow」になるのか。前作「Tanx」までの3枚がT-Rex時代の最高傑作と言われていて、昔からそのヘンしか聴いてなくて、それよりも前のティラノザウルス・レックス時代は聴いてたけど、逆にこの辺から後はほとんど聴いてなくてね…、いや、聴いたんだけど面白くなくて全然手を付けなくなってしまったんだけど、その辺をちょいと時代の流れもあるし聴き直してみますかね、と。今聴くとどっか変わるかなってのあるんで…。

 やっぱりね、マーク・ボランが新しい所に進もうとしている作品だ、ってのは感じるワケよ。バンドメンバーとは全く上手く行ってなかった時期ってのは知られているけど、それでも新しい方向性が悪いものとも思えなくて、幅広くチャレンジしているし、ただ、それが中途半端になっちゃってて、ちょいと前の一本気でのブギーマンみたいには進めていないのかな、バリエーション広げて器用さを出してるし、それがまたボランらしいメロディだったりもするし、いいけどな。でも、確かに何度も聴きたくなる良さや深みってんでもないか。意外なことに自分ってこの人の歌声が割と好きなんですよ、うん。だから許せちゃうみたいなとこあって…、哀愁が通じるってのか、そういうのも分かるし、背負っているバンドを考えるとそういうのも見えるし、そこでグロリア女史みたいなのとデキちゃってメンバーに疎ましがられて…ジョン・レノンみたいな事してんだもんな(笑)。





Slade - slade In Flame

Slade - slade In Flame (1975)
slade In Flame Cd+dvd

 ロック的、そして色々なところにその影響力を落としているバンド、でもそんなに知名度が日本では高くないってバンドがいくつもあるけど、Sladeほど不毛な扱いなバンドもそうそうないんじゃないか?70年代に出てきた時から相当にインパクトを放っていたのに、時代とともに消え去りつつ、それでもQuiet Riotのカバーで名を思い出され、同じくOasisあたりまでもカバーしているということで英国では国民的バンドの一端でもあったのだが、日本じゃ多分一発屋のひとつ。まぁ、だからどうだってモンでもないのだが。

 Sladeの1975年のアルバム「slade In Flame」。そうは言っても自分だってSladeのオリジナルアルバムって70年代で何枚出てるんだ?って聴かれて即座に答えられない程度には知らない。80年代になってからもメタルバンドのふりして活動してたのは知ってるけどさ、70年代にアルバムって「Slayed?」くらいじゃないの?程度だもん。そんなにたくさんアルバム出てるなんて思いもしなかったんだから適当だ。昔のお話。ちょこっと調べたりすると普通に出て来るし、レコード屋行ったってそれなりにジャケット見かけるんだからそんなに少ないこともなかろうよと。

 んで、この「slade In Flame」、いや〜、やっぱりね、これこそSladeだし、ロックだよ。このダミ声健全だしそれでいてキャッチーでポップな歌メロにアレンジ、全然ロックじゃないのにロックに聞かせてしまう歌ってのが凄い。だからカッコ良かったんだと思う。そういう曲がたくさん散りばめられていてものすごく聴きやすいんだよ、これ。それでいて要所要所にはギターが鳴ってるからカッコ良いしベースだって普通に弾いてないし、とにかく練られてて楽しめるようになってる。見事な全盛期の作品で割と繰り返し聴いてても飽きない。いいねぇ〜、こういうの♪



Sweet - Strung Up

Sweet - Strung Up (1976)
Strung Up

 アメリカのマイナーなハードロックな世界も英国のハードロックをモチーフとしているバンドが多かったことから結果的に出て来る音は似たような雰囲気のバンドも多かった。一方英国のハードロック連中は見事に消化してからハードロックとして出してきたので唯一無二の個性的なバンドが多くなったけど、全部が全部そうでもなくて中途半端な音世界のバンドもこれまた多く、独自に進化していったバンドも多い。その中には先日のNazarethなんかもいるけど不思議とそういう道を歩んでいったSweetも愛すべきバンドのひとつだろう。

 Sweetの1975年リリースの「Strung Up」。アナログ時代は2枚目のレコードがベスト盤として、1枚目のレコードがライブアルバムとしてのリリースで、これがまた結構白熱のライブでさ、ともすれば無視されがちなライブをこうやってフォーカスして出してきたのは自信の表れであろう、それに相応しい勢いあるライブが聞き所。Sweetってこんなライブ出来ちゃうバンドだったの?って思った人も多いんじゃないかな。バンドの一体感とか見事でさ、難しいことはないからそりゃ勢いだけってなモンだけど、それでもここまでのテンションは凄い。こういうことがしたかったバンドなんだな、というか…、そうは思わなかったけど、そうなのか、的な。

 初期のグラムな時代とか何だったんだろ?ってくらいなシロモノだけど聴いているとその時代があってのこういうライブなのか、こういう曲調が名残なんだな、ってのも多くて、そこに同年代のロックバンドの影響を重ねてきているから個性が薄まってきてるのと、どうしても本物からするとちゃっちいスケールになってしまっているのは自分の偏見か。やっぱりロックってのは重くないとね。ただ、こういう楽しみ方でのロックもあるね。しかし、ライブ盤の方、良いな。





Mott the Hoople - Live 2013

Mott the Hoople - Live 2013
Live 2013

 先日ギター好きな連中と遊んでて、まぁ、誰も彼もが楽器が好きなんだろうな、細かいところまでじっくりと眺めて語ってアレコレ…面白かった。当然ながら酒飲んでるからその分また大騒ぎなんだが、やっぱり色々なネタが手に入るので騒いでるのは楽しい。自分に刺激を与えてくれる音楽や会合ってのはやっぱり面白いし、必要なモノですな。基本的な共通項はギター好きってだけで聴いてるのは結構皆異なるんだけど、もちろん大物メジャー系の会話は成り立つしそれぞれのニッチなところもあるからそんな話題で楽しんだ一晩♪

 T-Rexと並ぶ…とは言い過ぎだが、一応グラム・ロック時代のヒーローバンドでもあったMott the Hoopleの2013年の再結成ライブの模様が、当時はコンサート会場で即時生産品で売られていたものだけど、その後一般リリースされて好評を博している「Live 2013」なんてのを。2009年にも同じようなライブ盤「Live at Hammersmith Apollo」を出してて、もちろん毎回ベスト盤ライブなんだけど、これがまた意外な事にバンドの勢いというか曲調なんてのも全盛期とあまり変わらないんだな。もともと若さを売りにしてた部分が少なかったからか、こんなジジイになってもそのままやれてる。もちろんイアン・ハンターの声だって声の張りなんかは衰えてるけど、曲が始まってしまうとそのままの歌が出てくるから驚き。確かドラムだけが変わってるのかな、あとはオリジナルメンバーだったような。ミック・ラルフスもいるしね。

 改めてホントに良いバンドだなぁとシミジミと思うワケです。ライブの白熱とかそういうのはもちろんあるけど、曲が成長してるんだよね…ってか曲が衰えない。英国的な…、そうキンクスみたいなもので、年月を経てもどんどんと味が出てくる曲ばかりで、古くならないというのかな、だからこういう再結成でも自然に聴けちゃったりするし、違和感もあまりなく聴ける。そりゃさ、ホントに全盛期に見てた人からしたら違うだろうけど、あんまり全盛期の映像ってないから見てないんだよね。もちろんライブの音はアレコレとライブ盤聴いてるからもっと尖ってるのは判ってるけどこの「Live 2013」もなかなかのモノです。






T.Rex - Dandy In The Underworld

T.Rex - Dandy In The Underworld (1977)
地下世界のダンディ

 ロックが元気な時に旅立つ人はスターや伝説扱いのまましばらく生き続けるのだが、ロックが衰退してしまった現代に於いては以前のような扱いではなく、有名人著名人が幕を閉じた的な扱いになるような風潮があって明らかにロックの世界での伝説のスターという意味合いとは異なる。もちろんそれなりに財を得て名声もあり、社会的地位も獲得しているワケだからそうなるのは当然だが、その昔に旅だった人物たちからしたら随分と違う扱いだな〜と思うのじゃないだろうか?まぁ、どっちでもいい話だろうけど。

 T.Rex名義でマーク・ボランが存命時の最後のアルバムとなった「Dandy In The Underworld」、1977年リリースの気合の入った作品。ドラムにトニー・ニューマン、ベースにハービー・フラワーズってのでちょいと驚くよね。いや、自分も後で見ててそんなメンツ持ってきたんだ?それでこういう音って何か凄いなぁ…やっぱりマーク・ボランってカリスマ的人徳があったのかな、なんて思ったりした。メンツの力量はもちろん確かなものだけど、この面々でマーク・ボランお得意のブギや軽やかなメロをやってるんだから何とも勿体無いと言うか力量溢れまくりってか…。もちろんその分タイトできっちりとしたプレイが詰め込まれていて、T.Rexの復活の兆しを見せたアルバムとして、実は名盤だというのがあるのだが、それよりもその後に事故で亡くなってしまったことの方が話題になっちゃってアルバムそのものは話題になりきらず、という印象だ。

 ところがアルバムをきちんと聴いてみれば分かるんだけど、全盛期以上の傑作に仕上がってて、それよりももっと熟しているっつうかな、目立ったポップチューンには仕上がってないんだけどどの曲もそのレベルにある…悪く言えばセルフパロディ的な曲が多いんだけど、充実してる楽曲が多く入ってて、低迷期を一気に脱出している作品だよね。これでシーンのトップに返り咲くには少々新鮮味に欠けるけどマーク・ボランここにあり、ってのはしっかりと主張しているもん。正にブギーのスターって感じの曲が多くて楽しめるアルバム。




Ian Hunter - Overnight Angels

Ian Hunter - Overnight Angels (1977)
Overnight Angels

 ふとした時にハマるアーティストだったりバンドだったりアルバムだったりってのがある。昔はそんなにピンと来なかったけど、今にして何か染み入るものがある、みたいなのはよくある話で、だからこそロックを聴き続けているのもあるね。同じアルバムでも異なる側面で聴けるってのもあるし好きなモノはそのままどんどんと聞き取れなかった音までも聴くようになったり、苦手なのもいつしか普通に聴いていたり、聞いた事ないのも簡単に聞いたり買えたりする時代になってるから手がうに試したりと忙しくすればするほど忙しくなれる時代。でもね、何か響くのはまだまだたくさんあるんだろうなぁとつくづく感じます、っていつも書いてるけどね。

 Ian Hunterの1977年リリースのソロ名義で3枚目となる作品「Overnight Angels 」。単純に良いアルバム。イアン・ハンターの歌声に説得力が備わってるから聞いてて響く、わかるよ、いいね、っていうのが単純に染み入るという作品。それだけ円熟味のある歌い手になっているって言うことで、だからこそ今でも活動していられる人なんだな。この時のギタリストはボウイのところで有名になったアール・スリックで、快活なザクザクとしたR&Rギターを聴かせてくれて、ストレートでシンプルなスタイルに拍車をかけている。ゴチョゴチョとあれこれギターを突っ込むよりもこういうギターの方が合ってるし気持ち良いし、イアン・ハンターも重宝したんじゃないかな。やっぱりワンランクも2ランクも上のソングライターだよな。

 そういえばMott the Hoople離脱後はミック・ロンソンと一緒にやるんだ、と意気込んでたけど結局様々な事情で動けず、1980年のロックパラストまでお預けになっちゃってどうしたモンかというトコだったろう。それでもここまでの三枚のアルバムはかなりイアン・ハンターらしい説得力のある作品ばかりでじっくりと聞いてみるには楽しめる。Mott時代よりも全然深い味わいを出している作品ばかりなのはソロ転向大成功という事だろう。多分この人は歌詞も結構意味深だったり深みのあるのを歌ってたりするだろうから、そういう所から聴くのもありだろうね。しかし…良い作品だなぁ…。








Mott - Shouting & Pointing

Mott - Shouting & Pointing (1976)
Shouting & Pointing (Reis)

 フロントマンが抜けたバンドが存続していくためには?ってな命題に果敢に取り組んできたのも歴史的には当然多数あるし、自分が知ってるのでも幾つかある。一人の単なるルリスナーとしては全然魅力を感じないケースが大半だけど、歌が替わったから良くなったってのもあるんで、一概には言えないけど、どっちかっつうとバンド全体が下降ムードにあるか上昇ムードにあるか、またそのテンションが維持できるかどうかって事で随分と変わるものなんじゃないかと。もちろん時代の流れと流行の音みたいなのもあるからテンション上がってても空回りしてるってケースもあるだろう。そんな中の代表的なバンドとしてのMott。Mott The HoopleじゃなくてMottです。

 Mottとしての二枚目の作品となった「Shouting & Pointing」は1976年にリリースされているが、ご存知看板フロント二人を欠いたまま、商業的な事も考えてのMottというバンド名による作品。モーガン・フィッシャーが気を吐いたバンドになっているのだが、それもゆくゆくはBritish Lionsへと繋がることになるが、ここでのMottはその実かなりごきげんなR&Rを奏でるバンドとしてアルバム「Mott」以降の輝かしいR&Rバンドの音をそのまま継続しているし、案外ナイジェル・ベンジャミンのごきげんなR&RボーカルはMottに合っているのか、悪くない作品に仕上がってる。もちろん当時は既に終わったバンドとして見向きもされなかっただろうし、時代が流れても再評価されるってことはほぼ無かったのだが、それでもアナログ時代には逆に手に入れにくかったこれらのアルバムがCDで再発されたって事からすれば多少なりとも歴史的価値を見出してくれているのだろう。それ以上に中身はゴキゲンなのでもうちょいと評価されてもいいかもね。

 初っ端から快活に飛ばしてくれるんでアルバムジャケットに見られるようにハチャメチャぶりそのまま、正に黄金期のMott the Hoopleと近しい音だし、多分この頃の方がバンドとしてはまとまっているんじゃないだろうか。ただ問題はそのどれもがゴキゲンなので途中で飽きてきちゃうという事か。深みの味わいがある曲ってのが無いのがこのメンツでの課題で、そこら辺を上手く出せてたのがイアン・ハンターなのだろう。ただただR&Rが出来るだけでは満足してくれないというリスナーもワガママではあるが…。そんなのもあってかバンドはボーカルを更に替えて、バンド名も替えてBritish Lionsへと駆けたが…。





Suzi Quatro - Live & Kickin'

Suzi Quatro - Live & Kickin' (1979)
Live & Kickin'

 気になるマナーついでのお話…、もしかしたら自分もたまにあるんだろうけど、二人とか三人でその場にいるのにiPhoneとかケータイをいじって見ててそっちの会話してるってシーン。目の前に時間取って人がいるのに割り込んでくるメールやSNSの方が優先になるってのがわからん。会話の話題で情報漁りとして使ってるならわかるけど、明らかに目の前とは違う世界に入ってるワケで、失礼に値するんじゃね?って思うけどね、もう皆そうでもないみたい。こないだも二人で飲んでる時に相手がそういう瞬間になってて、こいつとは二度と飲まねぇって思った(笑)。飲むなら電話とメール越しに一人で飲んでろって思うもんな。喫茶店なんかでもよく見かけるし、どこでも見かける光景、それが当たり前になって距離を超えて隣にいる感が皆に幸せなのだろうか?よ〜わからん。

 こんなレコードあったんだ、って事を知らなくてCDリリース情報を見かけて…、それも去年の話だけど、いいのが出て来るな〜なんて思ったのだが、1979年にリリースされたライブアルバムだったんですな。Suzi Quatroの1977年の日本公演を収録した「Live & Kickin'」ってアルバム。いやいや〜、若々しくて生々しくて音も良いし綺麗だしライブ感もあるしとっても素敵なライブアルバム。ホント、知らなかったわ〜、これ。昔気づいてたらもっと早く手に入れてたのは間違いないな。んで、聴いててちょっと面白いなってのはあんだけ革ジャンロケンローラー的なイメージだったのがこういうライブ盤を聴くとそこまででもなくて割と可愛らしい音でライブな事。もちろん日本公演のライブの時は革ジャン革パンだったろうと想像してるけど、案外ロケンローな感じでもなかったのかな、って。「WIld One」とかもっとエグくグルーブするかと思ってたけどさらりと一曲目に入ってたり、あの「Devil Gate Drive」だって可愛らしいポップみたいになってる。日宇ずんだギターでグワァ〜ンってのが無いからだろうね。その分歌声が可愛らしく出て来てノリの良いお姉さんのコンサートみたい。

 未だにこの人ってどういう絡みとどういう経歴でこの一瞬だけ輝いた人なのか漁ってないな。一瞬っても5〜6年はシーンにいたんだから普通の衰退だったのかもしれないが。自分の中では70年代と80年代を跨いで活躍してた人って結構少なくて、やっぱり70年代は独特の時代だったのかななんて思ってる。それにしても1977年の日本公演か…、いいな〜、リアルで知ってたら見に行ってた、絶対。





 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ+

2017年 07月 【26件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon