Paris - Big Towne 2061

Paris - Big Towne 2061 (1976)
パリス・セカンド~ビッグ・タウン2061(紙ジャケット仕様)

 この辺りの英国のロックってのは何でも出てこい的なのがあって、そりゃ売れりゃ儲かるって判ってきたから何でも当たりそうなのは出してくるってのは商売の鉄則なのだろうが、それにしても何でも出てきていた。そういう事情が一番音楽のシーンの変貌に関わりが大きいという事はさておきながら、Parisというバンドのレコードはたまに目にしていた。昔々ね。んでも、どうも小洒落た感じのジャケットでどこか不信感があったんで後回しだったんだが、どこかでZeppelinのクローンみたいな・ってのを見て、う〜ん、と。それはファーストアルバム「Paris」だったんだけど、そうかねぇ…、まぁ、そうか、と。

 んで次のセカンドアルバム「Big Towne 2061」もすぐにリリースされていたみたいで1976年の作品として出ているんだけど、どうなのかね?と思って手を出してみるともうね、全然ダメダメな感じで大して聴かなかった。それをこの流れでまた聴いてみるかね、と。アレコレ読んでるとボブ・ウェルチって人は才能はあったんだろうけど、こういうのが、みたいなスタンスは特に無かったようで、ファーストの「Paris」もあの頃はああいうのが刺激的だった、みたいな感じがあって、それは自分のやりたい、自分の中にあるミュージシャン気質で作り上げたものではないってことで、だからこそこのセカンド「Big Towne 2061」は全然異なる路線へ進んでしまうのだな。なるほど。才能はあるけど手法が見えてないってのか、なかなかユニークな人かも、なんて思う。

 その「Big Towne 2061」だが、どうにも不思議なのはParisには普通に好きだと言うリスナーが多い。アルバムを耳にする機械が多かったのだろうか、アイドル的に…と言うかリアルタイムな方は割とよく耳にするバンドでもありアルバムでもあったようなんだよね。だから好きな人が多い。後学の者たちからするとよくわからない。ちょいとヘン感はあるけど、カッコ良さ感はさほどないし、激しさもないしブルースでもないし…、あぁ、そういうならばAOR的聴きやすさ、商業ロック的な軽さってのはあるから、そっちの意味で新鮮だったのかもな。いずれにしても自分的にはそれほど響く所はなかったような気がする。アンテナ鈍ってきてるから余計にそうかもしれんけど…。

Magnum - Kingdom of Madness

Magnum - Kingdom of Madness (1978)
Kingdom of Madness

 旅に出るぞ、と決める動機は色々あるのだろうが、意図せずして出かけないといけない旅ってのもあって、そうなるとやっぱり行きたくないのか、行くべきなのか、みたいなことを悶々と考える。行った方がそりゃ良いし楽しめるんだろうけど、突然すぎるし…と計画が定まらないままで進むのがちょっとイヤな気がするとか理由は色々とある。ただ、結局行けばいいか、となる。かかるカネと見返りの楽しみ、というトレードオフが旅の楽しみなワケだし、今までも旅ってのはあまり後悔したこともないので、良いところしか思い出さないのだろうよ。

 Magnumの1978年デヴューアルバム「Kingdom of Madness」。いや〜、恥ずかしながらこのMagnumってそんな古いバンドって認識があまりなくってバンド名だけでメタル系とかそのヘンのバンドなんだろう、って勝手に思ってました。いや、それが英国プログレハードの筆頭株なんて思いもしなかった。え〜?そうなの?って聴いてみて初めてその意味を知った次第。そこからは随分と楽しませてもらったバンドにはなるんだけど、とことんまで好きだと言えないのはやっぱり産業ロック的ポップさと言うか、そんなの狙ってなかったにしても音作りがそのまんまなので、何かな〜ってのはある。ただ、やってるサウンドは随分と面白くてQueenでもありプログレでもありELOでもあり、みたいな所で、アメリカのあのヘンのヌケの良いサウンドとは大きく異なる湿った空気たっぷりなサウンドが好ましい。

 ファーストアルバムなのにこの完成度の高さは今後を期待させるアルバムだったんだけど、時代の波がそれとは交わらない方向に進んでいったからか、随分と苦労してバンド活動を続けていたようだけど、少なくともこのアルバムあたりでは一つの光を見るかのような方向性だったんじゃないだろうか。ポップでいながらハードロックでアレンジは結構凝っててサウンド的にはメロトロンまで出て来る始末、というロックファンには堪らない要素が含まれているしね。何かのきっかけさえあればブレイクしていったバンドなのかなぁ…、時代に呑まれてしまったバンドなのかな…、なかなか難しいけど、こういう音が英国からも出ていたってのがやはりユニークな存在。だから歴史漁りはやめられないね。



Hudson=Ford - Nickelodeon

Hudson=Ford - Nickelodeon (1973)
ニッケルオデオン (生産限定紙ジャケット仕様)

 ポップって意識して聴かないと聴かないから基本的に自分のライブラリにはほとんど入ってない。70年代のでも売れ線のは無いしなぁ…ただ、ポップなんだけど違う路線から入ってるのは幾つもあるし、それはロックというカテゴライズの中でのポップであってポップスじゃないっていうのね。ま、何でもいいか(笑)。ソフトロックってんでもないし、自分的には線引出来てるんだけど説明がちょいとややこしくなりそう…。ほっといてくれ(笑)。

 Hudson=Fordというユニットバンドによる1973年のファーストアルバム「Nickelodeon」。まぁ、出自がVelvet OperaからStrawbsへと流れた二人で、バンド内対立で離脱してきて二人で組んでシーンに再登場となった一枚。何とバックにはリック・ウェイクマンも参加しているので、そりゃそれなりの人でしょ、って言いたいけど単にStrawbs繋がりだろうね。んで、Strawbsの方も妙なポップだったりするので、この二人は?ってぇと、もっと素直なポップに寄ってる感じで、何ら普通のポップス、ソフトロックと変わらないだろうってくらいに英国ならではの優しく愛に溢れた見事なポップを聞くことが出来るので、この辺好きな人は気に入るだろうね。Stackridgeとかそんな感じのポップ路線で、それでもギターとかはきちんと鳴ってるし、歪んでもいるんで単なるポップスじゃないけどさ。

 歌メロ含む楽曲のセンスの高さは流石に強者バンドをやってきた二人なので、一級品の出来映え、ソフトにメロウに聴かせるものもあればちょいとハードに聴かせるのもあり、そこにははっきりと聴きやすい歌声が入ってて実にこの時代らしいサウンドに仕上がってる。売れる売れないで言ったらそりゃ売れなかった結果はあるけど、何か一つあたって売れたら結構なモンだったんじゃない?くらいの才能はあるよね。ただいつものことだけどこういうのは「個性」がどんだけ豊かか、ってのがあるからなぁ…。






Krazy Kat - China Seas

Krazy Kat - China Seas (1976)
krazykat_chinasea.jpg

 今の時代って上手く楽器弾ける人も多いだろうし、センスも良いんだろうけど、実験的に色々なものを組み合わせて音楽作ったりロックしたりするのってあるのかな。もちろんそういうのがシーンの先端にいてほしいんだけど、そもそもロック的なのが先端にいることがもうないだろうし、いてもそれは古いのにちょいと新しいものを入れた程度で、何と言うのかさ、70年代みたいに色々と野心的に皆が皆新しいのを取り組んでるみたいなのがどっかにないかな、って。まぁ、あってもそれは知らないところでの事になるんだろうけど。

 Krazy Katって知ってる?1976年に出てきた英国のバンドで、元々メンバーの3名はCapability Brownの連中だったからその後継バンドとも言えるんだけど、Capability Brownほどメジャーな扱いにはなってないか。それでもアルバム「China Seas」なんてのはなるほど、こちらもキッチュなポップとコーラスワークで中途半端にセンスの良い楽曲を入れまくってるという面白いバンド。Queenってこういうの達の中で最高のセンスだったんだなってことがよくわかるくらいにB級以下の楽しみがある(笑)。いや、時代も悪いんだけどさ、でもそのトップにはELOみたいなのもいたんだから自分たちもってのはあったかも。

 ホントにさ、結構良いんだよ。ロック的にもQueen的にもさ、アレンジだってしっかりと凝ってるし、曲もきちんと狙っているところ分かるし、ただ、個性、ってのがやっぱり飛び抜けなかったってのかな。当時は色々と他のバンドとも競ったとしてもやっぱりそこはホンモノだけが残るってか…。でもね、多分聴いたら面白いかも、って思う人多いんじゃない?プチクイーンだもん(笑)。






The Beatles - Magical Mystery Tour

The Beatles - Magical Mystery Tour (1967)
マジカル・ミステリー・ツアー(紙ジャケット仕様)

 ビートルズになりたい、ってバンドのひとつがOasisだったらしいが、そういう思想を持つバンドも多いだろうね。U2になりたいと思ったのがMuseだった訳だし、ストーンズになりたいってのもZeppelinになりたいってのもあるだろうし、最近じゃBlack Sabbathになりたい、なりたいってのかどうかはともかく、そういうのが自分たちがロックを始めるきっかけでもあるだろうし、夢でもあるんだからそうあるべきだしさ。実現してしまった方々と本人達の会合なんてのは大抵が上手く付き合えず、幻滅してしまうってのが多いのかもしれないけど。自分もあまりミュージシャン本人とは話したくない気もするし。

 The Beatlesのアメリカ編集盤のくせにそれなりに地位を確立している「Magical Mystery Tour 」。テレビ映画向けの楽曲とシングル集なんだから悪いはずはなく、練られたヒットソングと軽快なサウンドが中心な…って書いてるけど、実際そんなに軽々しい曲は少なかったりするのがこの時代のビートルズだね。どれもこれもポップスの領域は大幅に逸脱した実験バンド的なスタンスで多岐に渡る曲調を散々と入れてある不思議なアルバム。それでいてカラフルにキャッチーに一般受けしているんだから人々の耳をヘンなものを聴かせるように仕向けた意義は大きい。ビートルズだからってんで売れるし聴くんだから彼らも好き勝手やってもいいからその分実験的なのが増えたのはあるだろう。んで、何かわかんないから聴いてるとだんだんとハマる人も出て来るという…、実際そうだったかわからないけどビートルズからプログレを知った人も多いかもね。

 しかしモノステに何とか盤などの嵐で、ウチもMac上にいくつかのビートルズアルバムがずらりとライブラリされてるんだけど、ちょっと聴きたいなって思った時にどのバージョンを聴くか?って考えなきゃいけないのは面倒だ。最初に2009年ステレオ盤聴いて、ちょっとしてモノラルの方が分厚いかな〜って切り替えて、そうすると曲によってはやっぱステレオの方がいいや、とか…。昔のCDのバージョンも聴いてみたりしちゃって、マニアには充実しているリリースなんだが、普通に聴くにはどれがいいんだ?なんて思ってしまう。ヘンにハードル高い部分あるよなぁ…。と言いつつも多分赤盤青盤あたりかベスト盤買って気に入ればそれなりに何か聴いていくんだろうな。今時そういうのに興味持つ人は周囲にビートルズならね、って言う人もすぐに見つかるだろうから悩まないのかも。

 普段からロックばかり聴いてる自分ですがビートルズってやっぱり凄いし、しょっちゅうは聴かないけどたまに聴く。聴くとその都度凄さを実感する所あって、その時代と音の感触、曲の分解はあまりしないけど同時代のバンドなんかを想定すると圧倒的に先に進んでる真のプログレッシブな姿勢が中後期以降の作品。曲によってあまりにも異なる方向性ってのも見事だからビートルズ聴いてりゃある程度音楽の幅はわかるってのは確かだ。ふと聴いてみたけど…いいな。





Pesky Gee - Exclamation Mark

Pesky Gee - Exclamation Mark (1969)
Exclamation Mark

 実験精神旺盛な時代のロックは万華鏡のように色とりどりに輝いていて楽しいものだ。出来上がってしまった音楽ビジネスの中からあの手この手で出て来るという努力の賜物も健気な気はするけど、もっと純粋に音楽的に実験的に取り組んで前向きに進んでいるみたいなのが眩しいんだよ、きっと。もうそういう時代ではないのでノスタルジックにしかならないんだけど、そういうのがアルバムという媒体で楽しめるってのはありがたいお話だ。だからこそ古くて幻の作品なんかも再発されたりするし、またそれなりに人気を博したりするのだろう。

 Pesky Geeというバンドの1969年の作品「Exclamation Mark」…ってこれ、PYEからリリースされてたんだ。ご存知Black Widowの前進バンドってことで、ボーカルのケイ・ギャレットというフワフワ系の女性ボーカルがいなくなって悪魔主義的なイメージを打ち出したのがBlack Widowで、こちらのPesky Geeは60年代末期の超サイケな雰囲気をそのまま演奏しているバンドで、Black Widowとの近似はほとんど感じられないのだが、それは多分60年代のポップス~サイケの流れを明らかに打ち切ったバンドの方向性を見出したからなんだろうと思う。それにこのコケティッシュさすら醸し出しているケイ・ギャレットのボーカリゼーションが独特の雰囲気を持っているので、この歌声がないとなれば作風は変わるか…と。ただ、先日のBlack Widowのデモテープを聞いている限り、そもそもケイ・ギャレットに歌わしてたりするんだからそういう趣向でのバンド変更でもなさそうだ。

 さてさて、このPesky Geeだが、個人的にはもうね、Catapilla並みな位置付けのバンドとしてとっても気に入っております。情熱的ってのかな、クセは無い歌なんだけどジャジーなムードを上手くあしらいながらサラリと歌ってくれる魅力がヤラれるねぇ~、いいわ。しかも曲はほとんどがカバー作品だからバンドの雰囲気としてはああいうのがやりたい、でも知ってる曲を自分たち流にしたら…みたいなのがコンセプトだったのかも。ある意味実験なのだが、それでもPYEからデビュー出来ちゃうってどこかに実力とか人脈が合ったからだろう。妙~に心地良いんで、ここに入ってるのの原曲を知っておきたいところ。概ねDonovan、Electric Flag、Jethro Tull、ジャニス、Family、Steppenwolfあたりか…。







The Power Station - Living in Fear

The Power Station - Living in Fear (1996)
Living in Fear

 The Power Stationのセカンド・アルバム「Living in Fear」なんてのが1996年にリリースされていたってのはなんとなく記憶にはあったけど全然忘れてて、今回調べててなんだこれ?ってなった一枚(笑)。そういば何かそんな再結成話があったような…その頃そんなの全然興味なくってサラリと流してたんだろうけど、改めて思うとなかなかよくやった話だと思う。時代的に誰も売れてなかったんで良い案だったのかもしれないね。ところが再結成プロジェクトぶち上げた途端にThe Power Stationの最大のスター、Duran Duranのベーシスト、ジョン・テイラーが別仕事のため脱退、その穴埋めはプロデューサーのバーナード・バトラーが埋めて、音楽的には事なきを得ていたが、果たしてスターのジョン・テイラーがいないThe Power Stationって…ってのは案の定、まるで売れなかったというお話(笑)。

 アルバム「」を聴いてるんだけど、正しく英国ハードロック的なサウンド、David BowieのTin Machineみたいな感触で、落ち着いた大人の練られて創り込まれたサウンドに確かな音という面白味はまるでないけどよく出来てるっていう音ね。当時こういうので売れると思ったのかなぁ…、何の魂も見当たらない…とは言い過ぎだけど自分的にはそういう感じに聴こえてしまってまるで感情移入できないんだよね。もちろん熱く歌ってるしプレイしてるけど…何だろ、ソソられるトコがない。ジョージの「Taxman」のカバーなんかもあって、よく出来てるんだけど…ね。多分ロバート・パーマーって人の声とセンスが受け付けないのかもしれないし、こういう産業ロック的なのがダメなのかもしれない。

 それでもこの後来日公演やってそれなりに好評だったようで、カネ稼ぐなら日本、って話だろうか、ジョン・テイラーのいない、そしてバーナード・バトラーもいない来日公演になったようだがどうだったんだろうね。多分レトロにも成り切れずロックにも成り切れないライブだったんだろうと思うけど、ファンにはそんなのは大して関係ないし、そういうもんか。しかし、こういうのを聴いてて思うけどやっぱりロックってのは売るためのものには成り切れないんだよね。どっか熱い血が入ってこないと、アルバム出来たり大物集めたりはカネの力で出来るけど、その中味を感じられるのはやる連中の想い入れが一番だもん、なんてアマチュアな子供みたいなことを書いてみた(笑)。







Robert Palmer - Double Fun

Robert Palmer - Double Fun (1978)
ダブル・ファン

 どこに引っ張っていこうかなと考えてると、そういえば…と思い出したのがロバート・パーマーのヒット作「Every Kinda People」。1978年のヒット作で、ここからロバート・パーマーはスター街道へと進むことになったのだが、この曲の作曲はアンディ・フレイザーというお話。自分自身そんなの聴いたことなかったし、へぇ〜ってのあったけど、アナログ時代はそこまで広げなかったな。いつしか知って聴いたけど全然つまらんからそうか、っていう知識程度のお話でね、今回思い出したのは奇跡かも(笑)。

 収録されているアルバムはロバート・パーマーの「Double Fun」という作品で、売れたからかオープニングナンバーになってる。「Mr.Big」あたりからこの曲ってなるとなんじゃこりゃ?ってなるし、当時聴いていた人の大半がそういう印象を持ったんじゃないだろうか。多分その頃アンディ・フレイザーのソロ作品なんて誰も聴いてなかっただろうから、彼の趣味が、センスが、音楽の源流がってのは全然認知されることなくフリーのアンディ・フレイザーしかなかったんだからしょうがない。その辺を本人も認識していたから自分自身でそっち系の音をプッシュしすぎないで、ロバート・パーマーという歌手を使って出したのかもしれないし、ただの偶然かもしれない(笑)。

 「Every Kinda People」って曲は軽やかなAORとも言える曲で、カリプソ的要素が強いのかな、こういうのって当時珍しかっただろうからアンディ・フレイザーってのもそうだけどロバート・パーマーってのは何者だ?みたいな風潮だったんじゃないだろうか。そこにアンディ・フレイザーだから「??」って話で…、でも売れてしまえばそんな事関係なくロバート・パーマーのイメージはこういうカリプソ的なちょっとキザな良い男的な人っつう…それで売ってったんだからアリなんだろう。と言いつつも、実際はよく知らない。ロバート・パーマーってったらパワーステーションのボーカルってのくらいしかロック的にはインプットされてないしね。だからこのアンディ・フレイザー作の曲が〜ってのはちょっとロバート・パーマーを見直したな。でも、曲がコレだからなぁ〜、やっぱりアルバムを聴くぞってことにはならない。アンディ・フレイザーを知る人はここまでのソロ作を聴いてみればこういう路線でのこの曲ってのは違和感なくって、かなり洗練されたな、っていう感じだろうと思う。その延長のやり過ぎ感がアンディ・フレイザーのその後のアルバム「」になるのだが…、こいつはまたいずれ書くとして、このカリプソ感、新境地だがロックとは無縁だ。





Charlie - Fantasy Girls

Charlie - Fantasy Girls (1976)
T.V.ドリーム

 テレビって見ないなぁ…話題がそこに進むと黙ってるしかないもんね。何せタレントの名前もテレビ番組名もほとんど知らないし何が売れてるとか流行ってるとかも知らないし話題のセリフとか言葉とかそんなのも全然知らないし、よくこれで普通の世の中で生きてるなと自分でも思うくらい(笑)。だってさ、その時だけの話題のために時間割くってあんまり意味ないんじゃない?って思うし…、実際そんなことないんだろうけど自分的にはそういうのが強いからかな、興味ないってのが正しいけど。

 1976年にクィーンと同じトライデントから世間に出て来たCharlieってバンドのファーストアルバム「Fantasy Girls」。何気に結構長い期間に渡ってシーンに滞在していたし、それなりに売れていたし知られてもいたんじゃないだろうかとは思うのだが、自分的にはまるで通らなかった世界ではある。英国産でクィーンばりなのにね。ジャケットが全部おねえちゃんってのもなかなかよくわからないセンスだが、しっかりとしたバンドです。聴いてみればかなり英国然とした洗練された品のある音だってのはわかるし、気品あるってのがアメリカ的ではない。Wishbone Ashからツインギターの華麗さを落としたような雰囲気があるかもしれん。コーラスワークだってクィーン的ってよりアッシュ的な感じもあるし、音の作りがそんな感じなんだよね。だから綺麗で品がある。楽曲のレベルだって相当にこなれているからファーストアルバムってバンドの出来映えじゃない。

 しかしそんな雰囲気を持ちつつもどこかAOR的な路線を最初から感じてしまうのはどの部分だろうか…、キャッチー過ぎるってんでもないけど、リズムなのかな…後年はAORに進むんだけど、最初は普通にロックバンドだったハズなんだよな。そんな先まで意識してなかったと思うし。でも、こういうのってその芽があるんだよね、最初から。アッシュはその辺軌道修正してったけど、このバンドはメンバー変わってってそっちに進んでったっていうところか。それでもアルバムを聞いている時の洗練さ加減は他には聴けない魅力があるね。



Pilot - Pilot

Pilot - Pilot (1974)
パイロット

 英国ロック好きを自負しているつもり…あくまでもつもりなんだが(笑)、あくまでも自分の中で「ロック」とするものについて好きなだけで、結局一般からしたロック全般を好きなわけではない、のは当然だけど、それでも一応英国の一時代くらいは制覇したいと昔思ってて、結構漁ったんだけどねぇ、やっぱり聞かないものあるし聞けないのもあるし興味ないのもあるワケで。こんなもん好きで聴くんだからそんな制覇とか考えなくても良かったんだろうと今なら思えるが、こうしてブログ書いたりしてるといろいろな情報漁らないといけないから知らないのにもいっぱい出会うし、それって何だろ?って興味は常にあるから発見ばかりが多くてさ。それが進歩と言われるものかもしれないし、ただの好奇心ってモンだ(笑)。

 1974年にリリースされたパイロットの最初のアルバム「Pilot」。一時期ベイ・シティ・ローラーズに在籍(?)してたらしいメンツの再開から生まれたバンドってことで売ってるけど、もっとベタベタで普通のセッションから生まれたみたいだね。それでもこのキャッチーな作風の素晴らしいこと。ベイ・シティ・ローラーズほどのコテコテ感はなくてもっとサラリと乾いた感じに仕上げているのはパイロットの特徴か。こっちのがビートルズを狙ってるような気がするが、曲がどうにもあまりにもキャッチー狙いすぎるかも。こういうのって当時新鮮だったんだろうか?新鮮だったから幾つか出て来たんだろうけど…。

 ん〜、好みに照らしあわせて聴いてしまえば全く好みじゃないし、何度も聞きたいとも思わないバンドではあるが、やろうとしてることとかやってるスタンスは理解できるかも。所詮音楽ってのは好みで聴くんだから無理して聴かなくでもいいか。一言で言えばお子様向けな音だから今はあまり聴けないし想い入れもないから聴く必要性もないという端的なお話。それにしてもSGのダブルネック使ってるってのはなかなか渋い…。







 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon