Category-Alice Cooper 1/1

Alice Cooper - Live Alice Cooper Show

Alice Cooper - Live Alice Cooper Show (1977) ロックの歴史に於いてショーアップの狙いから大道芸との融合による劇化現象へと進んだのは何も誰かが起源だったというモノでもなかろう。昔からエンターティナーの中では仮装やメイクは普通にしていたし、そりゃもうサーカスやマジックでもそうだしチャプリン見てたってそうだし、オペラや演劇でも当たり前だしね。だからロックの世界でそういうのが…みたいなのは自然な流れ。ただ...

  •  0
  •  0

Alice Cooper - Muscle of Love

Alice Cooper - Muscle of Love (1973) Alice Cooperって最初は人の名前だと思ってた。しかもアリスなんて言うんだから女の子なんだろうか?なんて気もしてたけど、どちらも違ってて普通にバンド名だったって事はしばらくしてから知った。結局今は人の名前になってしまっているが、元々はバンド名。そしてそのバンドとしてのAlice Cooperの最後となったのがこの「Muscle of Love」、1973年リリースの7枚目のアルバムだ。次作から...

  •  0
  •  0

Alice Cooper - Goes to Hell

Alice Cooper - Goes to Hell (1976) 昔はモノの本で気になるレコードジャケットを知ることが出来て、問題はどうやって手に入れるかだった。古いレコードはもちろん普通のレコード屋には置いてなくて、じゃ、どこ行けばあるんだ?ってなってさ、中古レコード屋漁りが始まるワケ。輸入盤を扱ってる所へ行くという手もあったけどTowerrecordみたいなのってまだ全然普及してなかったから、普通のレコード屋の一角の小さな輸入盤コー...

  •  2
  •  0

Alice Cooper - From The Inside

Alice Cooper - From The Inside (1978) デジタルガジェットって結構好きなんだけどどうやって自分の生活に馴染ませていくかってのは割と難しい。ある種何でも出来てしまうし、どのガジェットも同じ方向性に向いているから別け隔てなく使えてしまう、ってのが長所でもあり悩ませてくれる要因だな。そんなにいじり倒す時間もあるのか?ってのもあるし結局そこまで使わないだろってのはいつものお話、それなら超大容量iPodにでもし...

  •  4
  •  0

Alice Cooper - Love It to Death

Alice Cooper - Love It To Death (1971) バンドの持つイメージと実際の音楽が実はかなり異なるってのはKissを代表として、アメリカには何となくそんなのも多いような気がする。それは自分が勝手にそう思ってるだけで、決してバンドの問題ではないが、何かのきっかけで知った時にその印象が頭に刷り込まれている。でもなんとなくきっかけってあってねぇ。そんなにズレてないハズなんだが…。Alice Cooperもその筆頭で、昔は今みた...

  •  3
  •  0

Alice Cooper - Welcome 2 My Nightmare

Alice Cooper - Welcome 2 My Nightmare (2011) Welcome 2 My Nightmare Welcome to My Nightmare  そういえば先日アリス・クーパーの新作らしきアルバムを見かけて、何かあのアルバムのジャケット似てるな…と。セルフパロディか?とか思ってたけど、よくよく調べてみればなんとも驚くことに「悪夢へようこそ」の続編アルバムをつい最近リリースしたようだ。何を血迷って今更?なんて思った。それでも、どういう風になってるの...

  •  0
  •  0

Alice Cooper - School's Out

Alice Cooper - School's Out (1972)  英国のグラマラスな感覚とはかなり異なるシアトリカルな演出で世に出てきたAlice Cooperだったが、当時からしてもグラムとシアトリカルの違いなんてさほど見当たらなくて、どちらも「ケバい」というだけで一括り。良い時代だ。だからNew York DollsとKissも含めてアメリカではこの辺がキワモノさん達、まぁ、Zappaは更に深いキワモノだったようだが。英国ではグラム系がキワモノさん達だっ...

  •  0
  •  1

Alice Cooper - Killer

 先日テレビでBBCの「Top Of The Pops」の総集編が放送されていて見てたけど、まぁ、時代だな。結構顔を知らない自分に気付いた。もっとも動いてるのを見ることも少なかったからだろうけど、何となくっていう人達はやっぱ分からないな…。その中でもちょっと意外だったのはバックの面々はグラマラスにキラキラの衣装だったのに本人が出てきたら一人だけ超ダーク、っていうギャップを楽しめたのがアリス・クーパー。さすがに異世界...

  •  2
  •  2

Alice Cooper - Welcome To My Nightmare

 悪魔的なものから派生して独自の解釈でステージ演出やサウンド、イメージを構築したもう一人のアメリカのアーティストと云うことでアリス・クーパーという人がいる。日本ではそんなに人気ない部類に入ると思うけど、どうなんだろ?自分自身初期から4~5枚くらいしか聴いてないからあまりハマり込むアーティストじゃなかったんだろうけど、それでも中期くらいのは結構聴いた。 んなことで、ショックロックというサウンドジャンル...

  •  1
  •  1

Alice Cooper - Billion Doller Babies

 アリス・クーパーという名前を初めて聞いた(活字で見た)時の印象…、とにかく美しい夢のような格好をして車で登場する歌手なんだろう、みたいな想像でした。アホですが。…ところが現物を見ると「!?」なワケで。しかもバンド名だったとは思わなかった。ん~、懐かしい思い出。 そんなこともありましたが、最初に聴いたのはスタンダードに「School's Out」。そこから1st,2ndに戻ってって、70年代ロックの王道の一員なんだと認...

  •  4
  •  1