Category-T-Rex 1/2

T.Rex - Bolan's Zip Gun

T.Rex - Bolan's Zip Gun (1975) 昔はあまり聴かなかったアルバムなんかも割と簡単に聴けてしまう環境になってからはすんなりと聴くようになっている。昔みたいにレコード買ったりしなきゃ聴けない状況だったらわざわざ聴かなかっただろうと思う。それが聴き放題いくら、みたいな感じでライブラリが手に入ってしまう時代になったら、そりゃもう何でも聴いちゃうでしょ。眼の前にあるんだから。ホントにそんな聴き方で良いんか?っ...

  •  0
  •  0

T.Rex - Born To Boogie The Motion Picture

T.Rex - Born To Boogie The Motion Picture こないだ何かでちょこっと耳に入ってきたギターがカッコ良いな〜、って思ったら次の瞬間、あぁ、マーク・ボランか…、って判っちゃうんだけど、それでもつかの間そのカッコ良さってのを味わえたから、やっぱり本能的にカッコ良いと思えるギターだったんだろうし、実際カッコよかったもんね。当然気になったからどんなんだっけな…、って色々と見たり聴いたりするワケですよ。アルバムだ...

  •  0
  •  0

Marc Bolan & T-Rex - Zinc Alloy & The Hidden Riders of Tomorrow

Marc Bolan & T-Rex - Zinc Alloy & The Hidden Riders of Tomorrow (1974) そういえばブギーの王者ってT-Rexも言われてたな…と。でもさ、Status QuoのブギーとT-Rexじゃ随分と違うよなぁ…と昔から思ってて、こないだStatus Quo聴いてて、妙に納得しちゃったもんだから今回T-Rex聴いてて、やっぱりブギーってのは幅広い使われ方があるのだなと思った次第。もっとも本日のお題アルバムはブギーを中心としたアルバムには数えられな...

  •  0
  •  0

T.Rex - Dandy In The Underworld

T.Rex - Dandy In The Underworld (1977) ロックが元気な時に旅立つ人はスターや伝説扱いのまましばらく生き続けるのだが、ロックが衰退してしまった現代に於いては以前のような扱いではなく、有名人著名人が幕を閉じた的な扱いになるような風潮があって明らかにロックの世界での伝説のスターという意味合いとは異なる。もちろんそれなりに財を得て名声もあり、社会的地位も獲得しているワケだからそうなるのは当然だが、その昔に...

  •  0
  •  0

Tyrannosaurus Rex - Prophets Seers and SagesThe ANgels of The Ages

Tyrannosaurus Rex - Prophets Seers and SagesThe ANgels of The Ages (1968) ロック界広しと言えども大半は常人が奏でている世界で、そのウチの一部だけが真の天才達であろう、そしてごくごく一握りの人物だけが狂人と天才の間を彷徨っているかのようなアーティストでもあるが、その最たる人物でもあったシド・バレットの後に思い付く人物は残念ながら自分の知識には無い。シド・バレットがピンク・フロイド脱退後にトウィンク...

  •  0
  •  0

T.Rex - Tanx

T.Rex - Tanx (1973) 歴史的にはT.Rexとかマーク・ボランがグラム・ロックの元祖でもあるってのは知ってるし、実際アルバムでもビデオでも綺羅びやかなスタイルは一際目立っていたものだから違和感なく受け止められるんだが、マーク・ボランのキャリアとか音の歴史とか聴いてると…そうティラノザウルス・レックスからずっとね…、そうするとさあんまりグラムなイメージってなくって、売れるためにちょっと目立つことして神憑り的な...

  •  4
  •  0

T.Rex - T.Rex

T.Rex - T.Rex (1970) グレイト・ヒッツ タンクス 9月16日って何かあったよなぁ…と一生懸命思い出しててふと思いだしたのがマーク・ボラン。ん?うん、確か命日。1977年だったような気がするので、34年が経過したことになるのか。もちろん自分的には直接体験はない時代の話なのでまるでピンと来ないでロック史的に記憶しているんだけどさ、何と言うのか、マーク・ボランの場合はどこか不思議な魔法使い的な印象がそのまま事実に...

  •  4
  •  0

Tyrannosaurus Rex - Unicorn

 不思議なサウンドを奏でていた人の中にはマーク・ボランもいる。自分的に、って意味だけど(笑)。うんエレクトリックブギの王者、なんてイメージで植え付けられていたからど真ん中の作品を聴いてみてもそうか?ってな感じで、ちとなぁ…と思ったこともあったんで、その後にアシッドなフォークをやってるティラノザウルス・レックスってのもどうなんだろ?って感じだった。実際最初に聴いた頃は何やらよくわからん長いタイトルや...

  •  0
  •  0

T.Rex - The Slider

 ロックの名盤を語るモノの本には必ずと言って出てくるアルバムがいくつもある。時代は全く進歩してないんかい、とツッコミを入れたくなるくらいに名盤と呼ばれるアルバムジャケットが並ぶ。80年代以降の作品でそういった作品を見ることはそれほど多くはない。そして毎回思うんだが、名盤なのか?と思うようなアルバムも割と多く掲載されていることもあって、やっぱりチョイスは難しいんだろうとも思う。例えばピンク・フロイドの...

  •  7
  •  2

Tyrannosaurus Rex - My People Were Fair and Had Sky in Their Hair... But Now They're Content to Wear Stars

 早すぎた死を迎えたロックスターの数々。しかしその死を最初から予言していた人はほとんどいないだろう。アイツはそのウチ死ぬに違いない、みたいに言われていた人はたくさん存在していて、結果まだ生きているというキースやクラプトンという人物も当然いるワケで、そりゃまぁ、皆が皆ドラッグによるもので目の当たりにすると信じられない光景だったり、情景を生き抜いてきたってことなんだろう。しかし自ら「30歳まで生きられな...

  •  2
  •  1