CategoryUK 70s Rock P_S 1/5

Snafu - Situation Normal

Snafu - Situation Normal (1974) ブルース・ロックってのはホント、一時期だけの話だったんで、そこが好きだ、ってなると結構聞く幅の広がらなさに困る。細々と続いているんでそのヘンを漁れれば良いんだけど、やっぱり70年代のには敵わないし、その雰囲気も今ではなかなか出しにくいだろうし、かと言って発掘音源がそんなにあるとも思えないからあるもんをひたすら聴き潰すってトコになるのか。自分も色々とギタリストからコレ...

  •  0
  •  0

Spontaneous Combustion - Triad

Spontaneous Combustion - Triad (1972) EMI傘下のHarvestレーベルは70年代初頭からピンク・フロイドの成功によって割と知られたレーベルになっていき、その後にEMIレーベルがどんどんとメジャーを制覇していったという事らしい。そういえば、ってふと思いながら適当に見繕って記事を並べ立てているんだけど、そういえなディープ・パープルの初期もHaevestだったか?とか70年代後半まで行くとBe Bop Deluxeなんかもそうだったか、...

  •  0
  •  0

Panama Limited - Indian Summer

Panama Limited - Indian Summer (1970) それにしても何だな、ハーヴェストレーベルってのは訳のわからんモンも結構リリースしてたんだな。知らなかったんでもないけど、ここまでヘンなのもいっぱいあったとは思わなかった。ピンク・フロイドでああいうサウンドでもウケるんだ、ってのを味わっちゃったからその二番煎じを探していたのかもしれん。割ときちんとしたレーベルというイメージはあるんだけど、実はそうでもなくて実験...

  •  0
  •  0

Robin Trower - Robin Trower Live

Robin Trower - Robin Trower Live(1976) プロコル・ハルムを聴いている時にギタリストの存在ってのはさほど意識しないけど、当然重要なポジションなんだろうと思う。ただ、ギタリスト的に個性が発揮できる場だったかとなるとちょっと難しいのかもしれない。ましてやバリバリにギターを弾きたいなんて思う人だったら余計にそう思うだろう。生活の糧であるから仕事としてやるってのは当然なんだろうけど、その前にやりたいギターと...

  •  2
  •  0

Renia - First Offenders

Renia - First Offenders (1973) ネットを色々と見ていて面白そうだな、と思って探してみると大抵はその場で聴けたりするものだ。それじゃCDとか売れないだろう(笑)。かと言ってダウンロード販売は、ってなるんだけど今じゃSpotifyみたいに月額いくらで何でもあります、なのが主流になってて、そういうのに入ってる人も多いだろう。ただ、自分の場合は何一つその手のには入っていない。理由は単純で、そこには聞きたいモノが揃...

  •  0
  •  0

Southern Comfort - Southern Comfort

Southern Comfort - Southern Comfort (1971) 近年では家の中でスピーカーでガンガンとロックを流して、みたいな事がほとんど無くなってきているようで、そりゃ日本の住宅事情からしたらそんなゆとりにある空間を持てる人なんてのは限られているワケで、しかも大半がPCで音楽を聴く人が増えているのだからそれほどガンガンと聴く必要性もないのだろう。そりゃMP3レベルの音で音量上げてもしょうがないだろうし、そう考えればアン...

  •  0
  •  0

Sammy - Sammy

Sammy - Sammy (1972) 古いロックだとひとつのバンドから人脈関連でアチコチに派生して他のバンドやサウンドに出会えたりすることが多いのだが、近年のバンドをそうやって漁ろうとしてもなかなか先に進めない。秀逸な人材に出会うと数多くのセッションやプロジェクトに参加している事も多くて派生バンドなんかも出てくるんだけど、そこに到達するまで名を成しているというのが多くない。だから新鮮な刺激を手に入れるのはアンテナ...

  •  0
  •  0

Snowy White - White Flames

Snowy White - White Flames (1983) 職人気質のミュージシャンという人がメジャーシーンを支えている。そもそもスタジオミュージシャンとして名を馳せて行った人達と元々はバンドやそれなりの前線で出てきたけど、気質的に職人芸に入っていった人と分けられると思うが、後者の代表例とも言える人がスノーウィー・ホワイトになるのかな。なんかねぇ、いぶし銀ってかさ、職人気質なんだろうなぁというのがあって、自分的に一番良く...

  •  2
  •  1

Stray Dog - While You're Down There

Stray Dog - While You're Down There (1974) EL&Pのマンティコアレーベルって3年間しか無かったんだ?それであの知名度…ってのも凄いな。だからこそのレーベルメイト達がそれなりに売れていたってことかもしれないけど、PFMやBancoはともかく、そういえばStray Dogあったなぁ…ってことでファーストの「ストレイ・ドッグ」を聴いてて、なるほどやっぱりカッコ良いロックだ、なんて思ってたところ。ついでだからセカンドの「While ...

  •  0
  •  0

Streetwalkers - Red Car

Streetwalkers - Red Card (1976) ファミリー時代のロジャー・チャップマンの歌声からしてもっとブルースロック系統あたりに進んでたら結構なバンドでもイケたんじゃないか、って思う事よくあったんだけど、その意味からするとファミリー解体後にチャーリー・ホィットニーと一緒にやったバンド、Streetwalkersはその系統の路線を打ち出しててなかなか70年代中盤を駆け抜けるには良いバンドだったと思うんだけどな。それなりにはチ...

  •  0
  •  0