The Allman Brothers Band - A & R Studios: New York, 26th August, 1971

The Allman Brothers Band - A & R Studios: New York, 26th August, 1971
A & R Studios: New York, 26th August, 1971

 70年代のロックはアメリカでも英国でもまた世界各国でも盛んにそれぞれの文化形成されていった。その結果、お国柄の色が付いたロックがそれぞれ出来上がり、後から聴いた世代からしてもその文化の違いを嗅ぎ取ることでそのお国柄の特徴を認識して何とかロック、と呼ぶようになったのだった。その中のひとつにサザン・ロックなるものがあるのだが、元々はブルースバンドという面と南部独特の大らかで大陸的なムードを合わせていったオールマン・ブラザーズ・バンドが創始者になるのだろうか。でもオールマンって今はもうサザンロックバンドなんて思われてないんじゃないだろうか?

 The Allman Brothers Bandの発掘ライブ盤「A & R Studios: New York, 26th August, 1971」。FMラジオ用のライブ録音ソースってことで見事な演奏だし、メンバーも最初期の全盛期メンバー、そうデュエイン・オールマンも参加しているライブで、強烈なギターをカマしてくれているのが聴けます。ファンの中では「The 1971 Fillmore East Recordings」よりも良いのでは?なんて話もあるけど、まぁ、そこまでは自分的には思わないけど生々しいライブでもちろん一番熱い時期のライブだし当然凄いワケよ。特にデュエイン・オールマンのスライドのインパクトってのはここでも強烈に刺さってくるし、このバンドってアメリカ独特の大らかさとブルース、そしてスライドという武器がバンドとしてのスタイルだったワケで、それがどれも新鮮。なるほど人気あるハズだよね。自分的にはそこまでハマらないんだけど、たまにこうして聴いているとじっくりと聴いてしまうバンド。特にこのメンツのこの時期のライブじゃね。

 いや〜、流れるねぇ、ギターがさ。もうギターしか聴いてないと言っても良いくらいギターばかり耳に入ってくるのは自分だけか?そもそもそういう風にバンドがなってるような気がするが…。しかし上手い。アメリカの底力はこういうところにあって、自由にやってるようだけど地力はしっかりとあってから好きなスタイルをやってる。ディッキー・ベイツのギターもデュエイン・オールマンに劣らずなんだけど、個性面でやや不利なだけか、それでも聴いてるととんでもないプレイを結構やってるからなぁ…、何か凄いライブ盤だ。



Johnny Winter - Live at the Filmore East 1970

Johnny Winter - Live at the Filmore East 1970
Johnny Winter &-Live at the Filmore Ea

 まだロックがロックとしての道を模索している時代のサウンドは実に熱気があって面白い。皆が皆可能性を求めて試行錯誤したり実験してみたり好きなものをいくらでも融合させて発展させてみたりと当人たちにどこまで意識があったかどうかは別として結果として残されているアルバム郡を聴いているとそういうのがよく分かるものが多い。ライブひとつ取っても実に実験的にトライしているライブばかりで、定型的にスタジオ音源を再現するんだ、なんてのはほぼ皆無だったんじゃないだろうか。だからこそのライブアルバムの面白さってのはあるけど、機材がそこに追い付いていなかったのはあるか。

 Johnny Winterの発掘ライブアルバム「Live at the Filmore East 1970」。1970年10月のフィルモアイーストのライブを生々しく録音してある作品で、見事ここまでの音でリリースしてくれたと言わんばかりの傑作ライブ。相棒はリック・デリンジャーの時代、即ち「Live」のライブツアーと同じ頃のショウだから逆に「Live」がどんだけ編集されてたってのも判ったりするんだけど、それはともかくとしてこのライブそのものを存分に楽しめれば良いんじゃないかと。ホントにさ、「Live」の方がアルバムとしての出来映えは素晴らしいけど、こちらの「Live at the Filmore East 1970」は臨場感とライブ感と何よりも生々しさが凄いから甲乙つけがたい、というかこっちの「Live at the Filmore East 1970」の方が白熱してるんじゃないだろうか。二人ともギター弾きまくりだし、上手いしさ、こんだけギター弾いてくれると聴いてて気持ち良いよ、やっぱり。やりすぎなのは判ってるけどさ、それでもやりすぎまくってて、その潔さがギター好きには堪らない。

 それにしてもジョニー・ウィンターってブルースメンに近いハードギタリストって印象はあったけどこの頃ってのはもうロックギタリストだよね、完全に。ブルースルーツのロックギタリスト、もちろんブルースやりますが、基本速弾きロックです、みたいなさ。リック・デリンジャーがそこにいるからその側面も強調されてて、ブルース聴きたいなぁってのから結局ロックにハマってしまって聴いてるんだが(笑)、発掘ライブ盤って強烈なの多いし、しかもフィルモアだからさ、熱気入ってないハズなし。この熱気ってこの時代特有だけど、ホント誰もが誰にも負けないという気迫でプレイしてる。こんなのマイク・ブルームフィールドとか見てたのかな…、どう思ったんだろ、なんて知りたいモンです。クラプトンからしてもジョニー・ウィンターってどうなんだろ?ちょいと興味あるね。





Roy Buchanan - Second Album

Roy Buchanan - Second Album (1973)
伝説のギタリスト(紙ジャケット仕様)

 相変わらずくだらないニュースが流れている。くだらなくはないのかもしれないけど、知ったからどうだ、ってモンじゃないという気がしているだけだ。ニュースなんてのはほぼ全てがそういうモノで、記憶に残すためのものではなく今何が起きているのかを知るだけの情報でしかない、即ち即座に陳腐化する情報の一つでしかないとの捉え方なんだけど、それが役に立つこともあるのだろう。自分的にはそれよりも趣味的世界の長持ちする情報の方が価値あると考えるんだが、そのヘンは人それぞれの環境によるのだろう(笑)。

 レスリー・ウェストのような稀代のギタリストが出てくるとついついああいうギターもっと聴きたいよな、って思うし、一気にギター少年へと戻ってしまってダラダラと弾いていたりもする。レスポールジュニア・スペシャルのシングルカッタェイって大好きなギターのひとつだしね。てなことで、何かないかと探しつつ…、あ、あった、これなら面白いハズ、ってか面白かったハズ、ってなことで、ロイ・ブキャナンの1973年リリースの2枚目の作品そのままの「Second Album」。多彩な才能を夜に知らしめていくロイ・ブキャナンがキャリアを通じて一番ブルースサウンドを打ち出したアルバムで、あのトーンでのブルースが全開です。トリッキーなスタイルでのプレイもそこかしこで聴けるけど、基本路線はブルースプレイと曲なので馴染みやすいハズ。聴けば聴くほどに不思議なトーンが出て来るし、どうやって弾いてるんだろ?ってなのもアチコチで聴ける。根本的なトーンはテレキャスそのものだからわかりやすいんだけどさ、やっぱり弾き方の方が不思議なんだよね、この人は。

 そういうのがじっくり聴けるのも曲がゆったりとしたリズムの中でギター弾いてるからかも。2枚目のアルバムでこんだけ自由自在にギター弾いていられる作品がリリースできたってのも30代になって下積みを長々と経験していたキャリアだったから出来るワザだろうし、レーベル側もそれを知っててのリリースだったのだろう。ともすれば独特のブルースフュージョンとも言えるジャンルがロイ・ブキャナンからして出てきたかもしれないくらいの作品。ジェフ・ベックやクラプトンが聴きまくってたのも分かるってな音です。決して奇特な弾き方ってワケじゃないけど、上手いんだよなぁ、聴かせ方がさ。



Joe Bonamassa - Blues of Desperation

Joe Bonamassa - Blues of Desperation (2016)
Blues of Desperation

 今のシーンで現役でロックとブルースの架け橋をやっているプレイヤーの一人にジョー・ボナマッサは確実に入るだろう。ロック畑のプレイヤーたちともバンド結成やセッションが盛んで、ブルース系統とも同じようにセッションが盛んで、自身の活動でもブルースロックが中心でそこから両方に足を伸ばして見事に作品を作り上げていってる。それがもう結構な年数続いていて、しかも多作なんで、聴くべき作品がとても多いのは嬉しくもツライ話か(笑)。聴く側からするとありがたいけどね。ある程度の幅の中で似たような類のも多いけどさ。

 今回は2016年にリリースされた力作「Blues of Desperation」、作風で言えばこれまで通りに当然ブルースロックでしかないアルバムだけど、結構力強い作品かな。オフィシャルの映像で結構出てきているからライブ感が強くて、ギタープレイなんかもそのまま見れるからものすごくライブ感あって音に加えての納得感が強くてさ。あぁ、そうやって弾いてるだけなのにこんだけ力強いのか、なんて思ったりさ。実際録音されてるギターの音と使っているギターの形とリンクしているのもあればしてないのもあるんだろうけど、それでもこのギターでこういう音なんだろうな、とかわかりやすくて結構お勉強できちゃう。フロントトーンでこういう風味で出るのか、とかこのギターでこういう音になるってことは…とかね。それくらいギターが中心に作られてるのは当たり前だけど、どこを売りにしていくかって時にこういう所は割と嬉しかったりする。

 曲調がかなりアダルトな作風になってるからオリエンテッドな雰囲気あって、ちょいと物足りなさはある。若々しくアグレッシブなの好きだからさ、こういうのって落ち着いちゃってるから思い切りギター弾いてても何か大人感。当然なんだけど、数曲くらいは本能でハジけてくれるのがあると嬉しいな…バンドでのバトル的なプレイとかさ。もっともそれはライブ盤で楽しめって話なのだろうけど、何かね、欲しい。幾つかあるからその辺で楽しむか。







Chris Duarte - Tailspin Headwack

Chris Duarte - Tailspin Headwack (2000)
TAIL SPIN. HEAD WHAC

 昔から散々レコードだのCDだのを買いまくってたヤツと話してたけど、もう今は全然買ってないわ、と。聴くのは聴いてるけどネットからのDLかYouTubeかそんなのばっかで店なんて行かなくなっちゃったし…って。そいつCD屋やってるんだけどさ(笑)。まぁ、だからこそ特色のあるショップ作りに特化するしかないみたいな話になるんだろうけど、そこまでは突っ込まなかった。それでも割とお客さんいたから自分が思うよりはCDを買う人って多いのかもしれないなんて思った。

 ブルースギターに入っちゃうと色々聴きたくなるけど、そんなに心揺さぶられるギタリストが多いわけじゃないし、しかも古いのはもういいや、って部分あるから新し目ので…ってなると決まってきてしまう。それでも、よく聴いてるワケじゃないからいいかな、ってことでChris Duarteの2000年の二枚目のアルバム「Tailspin Headwack」。今から16年前なんだからまだ彼も若い頃のセカンド・アルバムだ。案の定ブルース一辺倒なんて方向にも進まずにブルースロック的作風が多数並んでいる中途半端な印象な作品で、別に悪くもないけど、どこか特化したアルバムなのかな、ってのがない。普通にアダルトな作品にしか聞こえなくて、ギターがスゲェ歌ってるってんでもないし、ちょっと大人の仕事風味に惑わされてるか。

 それでも色々な試みしていて、ギターはもう弾けるの判ってるから、どういう風に作品にそのギターを味ある風味で入れていくかってのがテーマだったのかな。この頃を見ると、当然ながらオールドタイムなブルースギタースタイルだけで世間を渡っていけるほどじゃなかろうっていう判断もあったからこういう作風なんだろうけど、その御おかげで妙にマルチなプレイヤーになれてるのかも。似合わなかったけど(笑)。Chris Duarteを聴き始めた時にやはり最初のアルバムから順番に聴いていったんだけど、2枚目、3枚目あたりは何かよくわからんなぁ〜ってのあって、その後ハジケてからの作品の方が男臭くて好きだった。これはそのイマイチな中の一枚だけど、改めてどうだっけ?って聴いてみたけどやはり印象は変わらず。ただ、こういうギターをこういう曲調で使うってのはなるほどね、ってのはある。そのプレイは見事だからさ。





Phillip Sayce - Scorched Earth

Phillip Sayce - Scorched Earth (2016)
Scorched Earth

 エネルギッシュな日々を送るには必要なロック、それでも元気になれない時もあるけどやっぱり生きの良いのを聴いてるとエネルギーを貰った気になり、ちょいとはやってみようかなって気になる。こういう惚れ込み具合ってのがね、常に必要なんだよ。好奇心とか興味本位とか含めてね、なんじゃこりゃ?みたいな事。街歩いててもそういうのあるんだけど、やっぱりじっくりと聴くロックからそういうのを感じると対面で向き合えて良いものだ。

 Phillip Sayceのライブアルバム「Scorched Earth」がいつの間にかリリースされてた、と友人が騒いでてその翌日には買いに行ってたので、そこからの拝借。あの若造がこんな迫力のベテラン領域に入っちゃってなぁ…、自分の年の重ね具合なんてのも気になろうってもんだ。そんな事考えながら聴いてみると、おぅおぅ〜冒頭からこんなにぶっとい音でるのかストラトってさ、みたいな音でキュイーンキュイーンと鳴らしてブルースから始まる素晴らしきサウンドと魂のしっかり籠もったギタープレイで始まる。正にSRVの再降臨とも言わんばかりのそのサウンドとプレイと迫力のライブを満喫できる一枚。2016年4月のライブらしいけど、いや〜、こんな立派なブルースメンになってたんだなぁ…。歌もSRVに似てきたか…、もっともっと露出して若いロックファンを虜にして欲しいものだが、そうはなかなかいかないのだろう。ジジイなロックファンあたりが飛びつくのはとても良くわかる。ここまでギター弾きまくって魅せてくれる人って少ないからさ、しかも若さ溢れるワイルドなステージだからジジイロックたちのノスタルジックなのとは違ってその場その場のエネルギッシュな臨場感がそのまま伝わってくるこれぞライブ、というのが良い。

 このライブシリーズどんどん続いてくれると良いなぁ…、曲なんて基本的にさほど変化ないんだからライブでどんどん進化させて熱いプレイをどんどんと伝えていくって方が好ましい気がする。こういうライブでいくつかカバーの名曲なんてのがあったらそれなりに知られるだろうし、プレイは問題ないんだからちょいとそんなのやっても良いんじゃない?この人だったらボナマッサの代わりも出来るだろうしなぁ…、まぁ、ちょいと方向性違うけど。昔The Answerと一緒に来日公演来たこと合ってね、その時まだ新人でさ、見たことあるんだけどこんなに滑らかなギターの音じゃなかったし、こういう風になるとは思わなかったから嬉しい。思い切りブルースの道を貫いててカッコ良いよ。





Doyle Bramhall II - Rich Man

Doyle Bramhall II - Rich Man (2016)
RICH MAN

 ココの所街に出て新しい音楽を知るってことが実に減った。店でもバーでもレコ屋でもいいんだけどさ、そういうところにあまり行かなくなったから聴かなくなったってのもあるのかな。バーなんかでも古い音楽が流れてる所には行くから結局新しいのはあまり聴かないことになるし、賑やかな所で流れているのは耳に入らないし、皆どうやって新しい音楽を仕入れているんだろうか。テレビなんか見ないし、なかなか不思議だなぁといつも思う。新しいの仕入れよう、と意識しない限り新しいの入ってこないからさ。ブログやってるからまだ意識するけど、これ、普通に聴いてるだけだったら多分もう全然新しいの聴いてなかったんじゃないかな、なんて思う。

 Doyle Bramhall IIが放つ15年ぶりのソロアルバム「Rich Man」。凄いよなぁ…、15年ぶりってさ、もちろんその間のセッション活動は広く知られているだろうからネームバリューはオールドロックファンにはかなり知られているだろう。クラプトンやロジャー・ウォーターズのサポータとあたりが一番広く知られている所だろうし、自分もその辺でこのレフティーなギタリストを知ったもんだ。その辺と一緒にやってるんだから基本ブルースロックなハズで、ソロアルバムでどこまでそういうのが出てきてるかが楽しみで聴いてるんだけどね、意外な事に良い意味でそういう方向性に縛られて無くってもっとアダルトなロックでギターは聴かせるところをしっかりと聴かせるみたいな感じで、やっぱりそれなりにポップな路線でのアルバムに仕上がっていると言えるか。

 普通に考えれば普通な音で、普通にロックでギターを聴かせる面があるけど歌と曲とムードでしっかりと主張しているという感じ。面白いかどうかと言われるともちろんそんなことなくって(笑)、ただ、聞き所と言えるようなギターの入り方とかメロディの聴かせ方みたいなのはアダルトな展開で、さすがに往年のミュージシャンとやってただけあって随分鍛えられている。ギターの方もここぞって言うフレーズがあちこちで使われてるけどしつこく弾きすぎることなくグイッと入ってサラッと終わる、みたいなね、さすがベテランです。





Stevie Ray Vaughan - Live From Austin Texas

Stevie Ray Vaughan - Live From Austin Texas
Stevie Ray Vaughan & Double Trouble Live From Austin Texas [DVD] [Import]

 今となっては伝説になっているスティーヴィー・レイ・ヴォーンのライブ映像ってこれだ!ってのがイマイチ見当たらなくてね、日本公演のも暗くて地味で全然面白みはないし、他の所のもおとなしい会場にゲストで参加しましたみたいなモントルーのとかで、ひたすらにライブを記録しているってのがあんまりないんだもん。それは単にバンド側で録画するにはカネかかるからあまり積極的ではなかった事が要因だろうとは想像がついて、残されているのってほとんどが主催側の撮影によるものだからね、だから残されている映像に面白みがないんだな。きちんとSRVを知ってて撮るってことをしてないからさ。だからと言ってSRVの価値が下がるわけでもないし、それでも見れるだけ御の字だろってのもある。

 スティーヴィー・レイ・ヴォーンの地元テキサスでの野外イベントに出ている時の映像が「Live From Austin Texas」としてリリースされてる。3曲目の「Voodoo Chile」までは1983年のライブ、その後からは1989年のライブだけどどちらもジャズフェスの会場に聴きに来ているかのような観客ばかりで熱狂的にSRVのギタープレイを見に来ているってんじゃないからどうしても温度差を実感してしまうライブで会場一体となった、と言うのからは程遠い。それでもSRVがやってることはいつも通りなのだろうから、プレイをきちんと見るということは出来る。できるけどさ、やっぱライブって観客のパワーをアーティスト側も得て発散するみたいなのあると思ってるからどうにも物足りない。本人はドサ周りのつもりだろうからいつもの事さって感じかもしれないけどね。

 当時のSRVってそんなに人気あったワケじゃないし、ボウイに拾われたからって世界的に人気のあるギタリストになったってんでもない。やっぱり地道にライブしてアルバム出して、って暮らしをしてたからとてもライブ映像撮るってほどじゃなかっただろう。それは残念だけど、それこそブルースメンって話だ。でも、こうして残されているライブ映像を見れるってのはありがたいからなぁ、出来はどうあれ、粋な姿を楽しもうじゃないか。





Simo - Let Love Show the Way

Simo - Let Love Show the Way (2016)
Let Love Show the Way

 今のネットワーク時代ならともかく、昔はホント、ロック聴くのも一人だし、どんなのがあるのか探したり調べたりするのもネットないからね、一人で探すし、友達ったって、そんなに知ってるヤツもいるワケじゃないからホント、今思えばよく情報集めてたよな、って思う。レコードのライナーから辿って行ったり、雑誌のインタビューから探したり、色々と夢中になって情報探したりして、それもまず普通に売ってなかったから探し行かないといけないし、楽しかったんだろうけどね。そんなのが同じような話で出会うとさ、よくやってたよなぁ〜なんて会話。だから今でも好きなんだろうし、そこにこだわるのもあるかな。

 2016年デビューのアメリカはナッシュビルからのバンド、SimoはもちろんSimoさんのバンドで、「Let Love Show the Way」ってアルバムでデビューしてきたけど、スタジオアルバムはともかくながらもライブのビデオ見るとさ、もう暑苦しくギター弾いてるワケですよ。絶対女史にはモテないだろうスタイルでひたすらギター弾いてる。んでまたやってるのが古臭いブルースロックのちょいとハード系ってトコで、ギターはレスポールとか335だし、スライドバリバリだし、なんじゃこりゃ、ってくらいにあの時代の雰囲気出してる。ところがデビューは最近だけど、既にキャリア的にはパープルやジョー・ボナマッサと一緒に回ってたりしてしっかりと実力は折り紙付きという地味な活動の結果なようで、どこもかしこも評判が良かったから出てきたようだ。こういう順番で出てくるのって本来の姿だろうし長持ちする、だろうし良いな。

 オールドロックファンにはかなり聴きやすい曲構成やバンド構成、音も複雑じゃなくてストレートに聴けるし出てくる楽器もヘンなのないからラクだ。ブルースロック…ロックにブルースが入ってるのは当たり前だろ、って音でグイグイと畳み掛けてくる。トリオ編成だからあまり無茶してこないし、それでいてどことなく新しいことにチャレンジはしているのもあって聴きやすい。しかしどここあレスリー・ウェストを思い起こさせる風貌でも何かあれば売れるのかもしれないなぁ…(笑)。







Mojo Man - Mojo Man

Mojo Man - Mojo Man (2015)
モジョ・マン

 不定期だけど新しいバンドを一気にガチャガチャと漁りまくることがあるんだけど、その時その時の自分の気分で漁る方向自体は違うんだけど、結局いつも同じような所でツボにハマって深掘りしていく事が多い。知らないジャンルとかだと試してみたりする時間をかけることはあるけど、古い音をいかに最新的な音でやるか、みたいなバンドももう当たり前に出てきてるからその加工具合を楽しむっていうのもあるし、自分が慣れている音ってのもあるからその系統のは割とチェックしている。そうしてると面白くてね、なんとなくやっぱり5年に一バンドくらいはそういうたぐいのバンドがちやほやされていてシーンの端っこにいたりするからさ、そんなのを見つけて聴くとさ、これがまた…。

 2015年暮れにオランダから出てきたMojo Manという見事なブルースロックバンド…、ブルースロックとも言えないけど、オランダからだからもう何でもぐちゃぐちゃではあるか(笑)。デビュー・アルバム「Mojo Man」からしてもう何でもありな感じだけど基本的に土臭いスタンダードなブルースに根差したギターやバンドの音があって、そこにホーンセクション入ったりして、ちょっと聞いてても国籍不明なサウンドとしか言えない。ボーカルも軽いと言えば軽いけどシャガレて出てきてるからそんなにバンドとして音が軽いわけじゃない、でも聴きやすい具合に鳴ってるから不思議。何よりもやっぱりパワーとエネルギーに満ち溢れていて、こういう若さとか勢いや実験精神みたいなのが嬉しいし、自分が聞いてて熱くなる所のひとつだよな。

 音に縛りがない。多分ブルースロックってのを意識してるんだろうけど、到底そこに収まらない幅広さがあるからどんだけリスナーを楽しませてくれるかってのはこれからまだまだ味わえそうだ。ちょっと間違えると簡単にカントリーあたりも出来てしまうだろうし、それでいてオランダだから何かヘンなトコあるしさ。なかなかこのバラエティに富んだバンドは注目に値するこれからがとっても楽しみなバンドです。







 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【28件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon