Category-Bad Company 1/2

Paul Rodgers - Muddy Water Blues: A Tribute to Muddy Waters (1993):

 ポール・ロジャースの1993年、シーンに復帰の名盤「Muddy Water Blues: A Tribute to Muddy Waters」。当時このアルバムをリリースして久々にシーンに復帰したポール・ロジャース。しかもマディ・ウォーターズのカバーアルバムだけで魅力的だったのに更に豪華ギタリスト陣を迎えている。好みから興味ないのまで、またブルースに縁遠い人から本格派まで、更にそれぞれのギタリストが個性を打ち出せる技量のある人ばかりで聴いてて...

  •  0
  •  0

Bad Company - Straight Shooter (1975)

 ミック・ラルフス最大の貢献バンドと言えばバッド・カンパニーだ。貢献バンドと言ってはいけないけど、後追いロックファンからみるとポール・ロジャースの圧倒的な歌声の存在感がダントツで、その他はそのサポートに見えてしまう。当時はスーパーバンドで騒がれたとは知ってるけど、そう見えてしまう。それと云うのもミック・ラルフスもそれほど目立つギタリストでもないし、ボズ・バレルもやはり地味だし、サイモン・カークも同...

  •  0
  •  0

Mick Ralphs - Take This! (1984):

 ちょっとミック・ラルフスが続いたのでソロアルバムに手を出してみよう。随分昔になるけどモットやバドカンを聴き始めた頃に当然の如くメンバーの名前やソロアルバムの有無、過去の経緯を分かる範囲で調べた。もちろんその頃はインターネットもなく、調べると言ってもタカが知れていた。レコードに入っているライナーが一番頼りだったけど、それ以外でも色々と纏まったロック本はあったから重宝したし、ギター雑誌やプレイヤー誌...

  •  0
  •  0

Bad Company - Bad Company (Deluxe Edition)

Bad Company - Bad Company (Deluxe Edition) (1974) ここ十数年の間で70年代のロックコンテンツは新たなリリースが迫られた関係もあって、驚異的な再発が進んでいった。古くから言われる著作権50年問題が60年代のアーティストやバンドで騒がれた事もあり、結果的にすべてを再発しまくれば著作権は維持できそうだとの判断か、やたらと同じアルバムがリリースされまくる状況となった。80〜90年代にCDフォーマットが定着し、一旦は...

  •  0
  •  0

Bad Company - Original Bad Company Anthology

Bad Company - Original Bad Company Anthology (1998) リスナーはラジオで流れる曲やバンドをどこの国の出身なのか、などとその時点で気にする人もほとんど居ないだろうし、ましてやアメリカで英語で流れてくる分にはまるで気にしないと思う。だからカナダや英国のバンドでもアメリカで普通に売れただろうし、逆もまた然り。少々騒がれる存在になって初めてどこのバンドだった、と知ってしまうから好みが出るのかもしれないが、...

  •  0
  •  0

Bad Company - Fame & Fortune

Bad Company - Fame & Fortune (1986) 往年のロックバンドが魂売りまくっていたのが80年代、ここまで数多くのバンドが変貌していった時代もそうそう見当たらない、どころかそこまで音楽性を変化させていくってのも実はそれほど多くないのかも。ミュージシャンという職業からしたらそりゃ何でもある程度は出来てプロだし、それ以上に個性を放つのがプロでもある。が、自分たちで生み出す事ではなくある楽曲をきちんと演奏するのも...

  •  0
  •  0

Bad Company - Live In Concert 1977 & 1979

Bad Company - Live In Concert 1977 & 1979 大抵のオールドロックリスナーと話していると、やはり最近の音楽までは全然網羅していなくて自分たちが聴いていた頃のものまでで終わっている、と言うかそこまでしか聴かない人が多い。スタジオ・アルバムなんてのは当然なんだろうけど、そこで近年こういうライブが出ているよ、という情報も特に入手しきれていないから何らかの情報を上げると話題が盛り上がる。それで買っているかど...

  •  0
  •  0

Bad Company - Fame & Fortune

Bad Company - Fame & Fortune (1987) バドカン的な~と自分でも使うしアチコチでも見かけるキャッチフレーズになってるんだけど大抵はブルースロックでソウルフルな歌が入ってくるロックのカテゴリのひとつみたいな感じに使ってるはず。そういう作風のバンドが出てくる度にどうしても言われる形容詞で、それほどその手のスタイルを決定付けたという功績は大きいよなって思って、バドカンのライブラリを漁ってみるともう大抵書い...

  •  0
  •  0

Bad Company - Hard Rock Live

Bad Company - Hard Rock Live (2010) ロックボーカリストの中でも本当に歌が上手いな〜って人はそんなに数多くはない。ミック・ジャガーが上手いかってぇともちろんそういうボーカリストなワケではなく、それでも世界一のバンドのボーカルだ。そういうもんだ。上手けりゃ成功するってんでもないのが人気商売の面白いところだろう、逆にヘタでも売れる事はあるが、それにしてもショウビジネスだからある程度は人前で披露される歌...

  •  2
  •  0

Bad Company - Rough Diamonds

Bad Company - Rough Diamonds (1982) そういえば新春にホワイトスネイクを聴いていて、あぁ、この歌ならポール・ロジャース聞きたいな〜と思っていたことを失念していた…、ので、思い出した時に早速聴いておこうかと。…とは言ってもこのブログの性質上、今のところはまだ同じアルバムの再登場ってのはあまりない(いくつか書いたこと忘れてて書いてるのはあるけど)ので確信犯的に書くこともないな〜ってことで目次と自分のライ...

  •  2
  •  0