Category-Bad Company 1/2

Bad Company - Fame & Fortune

Bad Company - Fame & Fortune (1986) 往年のロックバンドが魂売りまくっていたのが80年代、ここまで数多くのバンドが変貌していった時代もそうそう見当たらない、どころかそこまで音楽性を変化させていくってのも実はそれほど多くないのかも。ミュージシャンという職業からしたらそりゃ何でもある程度は出来てプロだし、それ以上に個性を放つのがプロでもある。が、自分たちで生み出す事ではなくある楽曲をきちんと演奏するのも...

  •  0
  •  0

Bad Company - Live In Concert 1977 & 1979

Bad Company - Live In Concert 1977 & 1979 大抵のオールドロックリスナーと話していると、やはり最近の音楽までは全然網羅していなくて自分たちが聴いていた頃のものまでで終わっている、と言うかそこまでしか聴かない人が多い。スタジオ・アルバムなんてのは当然なんだろうけど、そこで近年こういうライブが出ているよ、という情報も特に入手しきれていないから何らかの情報を上げると話題が盛り上がる。それで買っているかど...

  •  0
  •  0

Bad Company - Fame & Fortune

Bad Company - Fame & Fortune (1987) バドカン的な~と自分でも使うしアチコチでも見かけるキャッチフレーズになってるんだけど大抵はブルースロックでソウルフルな歌が入ってくるロックのカテゴリのひとつみたいな感じに使ってるはず。そういう作風のバンドが出てくる度にどうしても言われる形容詞で、それほどその手のスタイルを決定付けたという功績は大きいよなって思って、バドカンのライブラリを漁ってみるともう大抵書い...

  •  0
  •  0

Bad Company - Hard Rock Live

Bad Company - Hard Rock Live (2010) ロックボーカリストの中でも本当に歌が上手いな〜って人はそんなに数多くはない。ミック・ジャガーが上手いかってぇともちろんそういうボーカリストなワケではなく、それでも世界一のバンドのボーカルだ。そういうもんだ。上手けりゃ成功するってんでもないのが人気商売の面白いところなんだろう、逆にヘタでも売れるってことはあるんだが、それにしてもショウなんだからある程度は人前で披...

  •  2
  •  0

Bad Company - Rough Diamonds

Bad Company - Rough Diamonds (1982) そういえば新春にホワイトスネイクを聴いていて、あぁ、この歌ならポール・ロジャース聞きたいな〜と思っていたことを失念していた…、ので、思い出した時に早速聴いておこうかと。…とは言ってもこのブログの性質上、今のところはまだ同じアルバムの再登場ってのはあまりない(いくつか書いたこと忘れてて書いてるのはあるけど)ので確信犯的に書くこともないな〜ってことで目次と自分のライ...

  •  2
  •  0

Bad Company - Desolation Angels

Bad Company - Desolation Angels (1976) Desolation Angels Burnin' Sky 英国きってのボーカリストと言えばロジャー・チャップマンもいるが、ロッド・スチュワートやポール・ロジャースなんてのは必ず名が挙がるが、その所業の悪さからロッド・スチュワートってのはどうしても外される運命にあって(笑)、ポール・ロジャースに票が集まるのが昔のロック評だ。今の時代は知らんからロッド・スチュワートを入れるのかもしれない...

  •  0
  •  0

Bad Company - Live Albuquerque 1976

Bad Company - Live Albuquerque 1976 (2006) Live at Wembley Arena 2010 Hard Rock Live  21世紀に入ってみると暗黒の90年代を嘲るかのようにロックスター達がシーンに返り咲いてきた。巷の再結成ブームは一層派手になり、70年代よりも息が長く売れ続けていくと言うような状況にもなっていた。そんなトコロにバッド・カンパニーも全員生存しているメンバー…、即ちオリジナルメンバーでの再結成なんてのも実現していて、なかな...

  •  3
  •  0

Bad Company - Burnin' Sky

 一気に時代を進めてポール・ロジャースとサイモン・カークがフリーを辞めて紆余曲折、その後に組んだスーパーバンドがバッド・カンパニーというコトはもちろん有名な事実でして、最初のアルバム「Bad Company」は英米ともに大ヒットを放ち一躍花形に躍り出ることとなった。レーベルがレッド・ツェッペリンのスワンソングってのも話題のひとつだったし、そのおかげでジミー・ペイジはちょくちょくバドカンのライブに顔を出してい...

  •  2
  •  0

Bad Company - Run With The Pack

 ブルースに根ざしたルーツを持つボーカリストと云えばポール・ロジャース。スティーヴ・マリオットも然り、もちろんロバート・プラントやミック・ジャガーもそうなんだが、全般的な歌唱力という点を含めてみるとやっぱポール・ロジャースって凄いな~と。近年活動再開している声を聴いてもまだまだ変わらないし、クイーンと一緒にやっても全然問題ない、ソロで古い曲があっても全然歌える、というか当時よりも味があって良くなっ...

  •  2
  •  1

Mick Ralphs - Take This!

 ちょろっとミック・ラルフスが続いたのでソロアルバムなんつうものに手を出してみよう~。随分昔になるけどモットやらバドカンやらを聴き始めた頃に当然の如くメンバーの名前とかソロアルバムの有無とか過去の経緯とか分かる範囲で調べるワケだよ。もちろんその頃はインターネットなんてないワケで、調べるっつってもタカが知れていた。レコードに入っているライナーが一番頼りだったけど、それ以外でも色々とまとまったロック本...

  •  2
  •  0