Pat Travers - Makin' Magic

Pat Travers - Makin' Magic (1977)
Makin' Magic

 昔はよくロック聴いてたよ、みたいな話はよくあるし自分よりも年上の方々と話してると普通にそういうのが出てくるし、そりゃ、中高生の頃に流行ってたのを聴いてたら自然にロックだったりしたって話だろうから時代の成せるワザでもある。後からそれを追求していくってのはやっぱりニッチな世界を探求する人だし、強いて言うなら今追求してっても当時を知ってる人達の方が明らかに時代感を知ってるんだから一刀両断されることも多い。年取ってりゃ偉いってもんじゃないけど、経験値と時代感は年には敵わない(笑)。

 カナダの白熱ギタリスト野郎から英国へ渡っての白熱ギタリスト野郎になってからの方が知られているだろうし、そもそもカナダ人だったの?って世代もいるのだろうPat Travers。もちろんあのライブ盤「ライヴ!」が一番なんだけど、既に登場しているので以外なことにコイツもカッコ良いんだぜ、とばかりに1977年のセカンド・アルバム「Makin' Magic」をお届けしようじゃないか(笑)。まぁ、ジャケット見てコイツ、アホだろうなぁ…ってのは想像できちゃうでしょ?いや、そうかどうかはもちろん知らないけどさ、ナルシストでもなきゃこんなジャケットで自分の二枚目のアルバム出そうなんて思うか?思うんだからやっぱりカナダのセンスなのか?なんて思うけど、多分そうだ。繊細さとか芸術性ってのには割と無頓着だったりするんじゃないかと。そんな事を思ってしまうもんだから当時のリアル世代以外では手に取るのはついつい後回しになるってモンだ。やっぱりジャケットの印象は重要。

 しかしだ、聴いてみるとこれがまた凄い白熱した傑作アルバムだったりするから困る。もっと早く聴いておきゃよかったじゃないか…なんて。ロックってこういうダサさと白熱ぶりと熱血少年的なのがあるしそれをそのままやってくれてるというヒーローでもあったワケよ。ギターもバリバリ弾いてるし歌も熱血だし、ライブ盤だけじゃなくてスタジオ盤でもこんだけ熱いのか、と、ついつい引き込まれていったアルバム。ギターロック好きだったら間違いなくハマる。それにギターのエフェクターにしても結構色々な音色使ってるし、探求し甲斐のある人だね、これもまた。多分自分の中でこういうロックの音ってのが一番しっくりとハマっていて、本能的にカッコ良いって思っちゃうんだろう…、このジャケットでも(笑)。



Mahogany Rush - Live

Mahogany Rush - Live
ライヴ(期間生産限定盤)

 時代が変わった、、と言うか文化を知っている連中がジジイになってきたから昔で言う大人がバカにする子供の文化ってのが本人達が大人になってしまったことで自分も好きだから、という世代になってしまって、大人が子供になっていると言うのか…、そうすると今の子供は、みたいな風潮がなくなってきてて理解を示しながら共存するみたいなことになっている。何か良いのか?って思うけど、そういうモンだからそれで世界は成り立つのだろうし、だからと言ってどうというモンでもない。要するに自分の持っている価値観を変えていくだけの話で、そういう事柄は他にもたくさんある。

 ロックなんてガキの聴くモンだ、ってあるんだけどさ、所詮ジジイが聴いたって分かんねぇだろ、って思ってたしね、それが今でも自分がロックを聴いている、というか拘ってきているという事実。ん〜、でもそういうモンだ(笑)。んで、本日、Mahogany Rushの名盤「Live」だ。1978年リリースのライブ盤、これ一枚しか知られていないんじゃないか?ってくらいにマホガニー・ラッシュっつうとこのアルバムが出て来る。アルバムジャケットを眺めていても確かに他のアルバムジャケットで見かけたなぁってのは数枚あるかないか…まぁ、そういうモンだ。でもさ、それだけコイツが突出してるって話でね、聴いてみると一発で分かります。うん、やっぱりロックはパワーだしエネルギーだし、白熱したプレイがどんだけ出せるかってモンで、ライブこそそれが光るってのは当たり前なお話。

 冒頭からぶっ飛ばしてくれる傑作ライブアルバムなんだけど、凄いのは中盤のハードブルースから更に有名な「Johnny B Goode」での超絶白熱プレイ、そしてその勢いで進んでいってトドメにはジミヘンの「Purple Haze」というダメ押し、いや〜こいつらスゲェ!ってなるんだけど編集ライブ盤だから実際は波があったのかもしれない。それでもこの白熱プレイは聴くと熱くなるものが必ずあるからね、聴いてみてほしいですよ、ホント。しかも写真とか見てると一体何だこのSGは?ってなるんでね。今の時代それもネットで調べられるから便利だけど、SGのふりして中身メロディメイカーだったりストラトチックだったりと色々と改造されてるし、そもそもエフェクターも凄いし、ギターマニア的には追求し甲斐のある人だろう。



Rush - Fly By Night

Rush - Fly By Night (1975)
Fly By Night

 カナダのバンドで世界的に知られているバンドはたくさんある。地理的文化的にアメリカの影響もあるのかなぁ、ひとつの国として存在してるんだけど、どっかアメリカと同義みたいなトコロあるから世界に出てきやすい環境なんてのもあるのだろうか?アメリカで売れると世界中に知られるのと同様にカナダで売れるとアメリカでも知られて、結局世界中に知られるというような…、あるんだろうなぁ、多分。

 カナダのロックバンドの中でも既に大御所で代表的なバンドでもあるRushの1975年リリースのセカンド・アルバム「Fly By Night」。自分的にはどうにも80年代のモダンな感じのあるRushなので通ることなく過ごしてきたバンドのひとつで、アレコレ書けるほどのネタは知らないけど、幾つかの作品を聞くようにはなった。好みか?ってぇとやっぱりそうでもなくって、それはゲディ・リーの歌のヒステリックさだろうと。声質もだけどさ。そこをクリアすれば聴く機会も増えるってなこともあるのだが、どうしても生理的に受け付けないんで、もっともっと慣れないとダメだな。

 さて、この「Fly By Night」というアルバム、まだ2枚目で、ドラムのニール・パートが参加した最初のアルバム、この人の加入でRushというバンドの深みが増したとも言われている。主に歌詞面と超絶ドラムのリズムなど随分と主導している人らしい。なるほど、聴いていると単なるハードロックバンドからかなり逸脱していて、妙に凝りまくってるなぁってのはすぐに分かるだろう。全体的には明らかにZeppelin影響下一本という気がするけど、歌聴いてるとAC/DCかね?ってな感じでもある(笑)。このアルバムから組曲を導入してプログレバンドへの接近とも言われてるけど、70年代のバンドだったらこういうのってすべてごった煮になって入ってくるモンだろうし、そこまで区別するものじゃないのかも。ただ、そのセンスと壮大さや完成度の高さから世界を代表するバンドになってる。中途半端に色々聴くならこのアルバム聴いてる方が時代が何を生み出したがっていたのかってのは分かるのかも。

 そういえばトリオ編成なんだよな?鍵盤も出てこないし、いくつかストリングスが出て来るけど基本トリオでの演奏でキメがひたすらに多い、即ちリフがあちこちに出てくる…それはリフが曲を構成しているのではなくって、曲の一部にリフが出て来るというような印象で、Zeppelinのリフとは使い方が違うのかな。ベースは明らかにジョンジーよりも動き回っているランニングベースだし、割りとやってる側は気持ち良いハズ。しかしイマイチ掴みどころの無いと言うか、無条件でカッコ良いと言うバンドではないと言うか、不思議だ。この不思議なトコロに惹かれると面白いバンドになってくるんだろう。まだまだだ…。



Teaze - Teaze

Teaze - Teaze (1976)
Teaze

 カナダ出身バンドってのはいつもながら不思議だ。不思議と言うか、何のヒネリもなくって田舎臭いという共通項が面白いんだが、プレイしている姿を見ているとひたすらに熱くてこれぞR&R!って思えるのが多いし、ぱっと見てカッコ良いんだよな。ただ、やっぱり深みの無さからか人気に火がつくほどではなくいつしか…となってしまうのも多い。本日のTeazeなんてのは正にそんな典型。

 Teazeの1976年ファーストアルバム「Teaze」。軽快で快活な、疾走感のあるR&Rをこれでもかというくらいにやっててくれて、デビュー作とは思えないほどのスピード感とライブ感で誰が聴いてもカッコ良いと思うアルバムだと思う。時代は一方ではディスコ時代だけどハードロック的にはKissやCeap Trick、Aerosmithなんかも十分に出てきてて、Van Halen直前というあたりだから悪くなかろうよ。その申し子たちのAngelなんかも出てきてたしね。地元カナダではもちろん大人気なバンドで、だから故に世界デビューして出てきていたのだが、日本ではどうだったんだろ?1978年には来日公演を果たしていたらしいが、何とガラガラだったとか?ここまで外タレで客がいなかったこともなかろうよというくらいにはガラガラだったらしい。それでもその時の日本公演をライブアルバムにしてリリースしちゃってるんだから恐れ入る。

 どの曲聴いてもカッコ良いんで何でまた受けなかったんだろ?とも思うけど、やっぱり何かどこか違うんだろうなぁ。この頃はギターヒーローなんてのが求められていたのもあるからそういうヒーロー面で欠けていたのかもしれない。その感覚で行くとカナダのバンドってヒーローがいるバンド、ってなかなかないかも。バンド単位での人気というのかな、そんな印象。







Moxy - Moxy 2

Moxy - Moxy 2 (1976)
Moxy 2

 未だ70年代のロックが制覇しきれないというのはもうどこまで行っても無理なんだろうなぁ…。制覇するという気もないけど、それなりに聴けるかなって希望は抱いていて、それなりには聴いたけどまだまだたくさん転がってて、しかもどんどんと知らない世界や新しい世界も出てくるしもう時代終わってるのになんてまだまだ出てくるんだよ、ってな感じ。もちろんすべてを知ってるハズもなく、そんな網羅も出来るはずもなく、そもそもそこで好きなものを見つけていきたいという邪心なワケで、その出会いもたまにあるから楽しいんだが…。

 Moxyというカナダのハードロックバンドの2枚目のアルバム「Moxy 2」、1976年リリースの作品だけど、当初はZeppelinフォロワー的なイメージで出てきてて、今でもそういう感じでの紹介が多いのかな。そもそも紹介されないか(笑)。カナダだからストレートなんだけどちょっとダサいっつうか暑苦しい部分があるってのはその通りだけどその分勢いもあってスカッとする素直さはこのバンドの売りだ。快調にドライブするギター中心のハードロック、と言ったトコロなので当時も今もリスナー多いんじゃないかな。凝ったリフとか構成なんてのは全然なくってただ単にドライブしたロックを聴かせてくれる作品。

 いや、なかなかギターの音も良いので聴きやすくてさ、シンプルだし分かりやすいし、こういうのはちょこちょこと聴いておくとストレス発散出来る感じ。本気で好みかってぇのとはちょいと違うけど、もっと若かったらよく聴いてただろうアルバムだったことは想像に難くない。バンドでやろうよ、って言ってたんじゃないかな。それくらいシンプルにカッコ良いアルバム。



Niacin - Time Crunch

Niacin - Time Crunch (2001)
Time Crunch

 どうしても生きていると自分の世代と近い連中との会話が多くなる。若い世代と常に絡んでいるような生活環境だと面白いのかなぁなんて思うけど、そういう事にもなかなかならない。何かさ、ジジイの会話って大半が健康志向とかで、まぁ、健康にはほぼ全く感心がない自分的にはどうにも知識が増えていくということ以外の何者でもなく、実践することもほぼないままなのであまり会話としては意味がないんだよな。もっとクリエイティブなことに会話の時間を使いたいと思うし、ロックもまた然りと思ったり。

 フュージョン系のベーシストってのは突出して目立つこともあって探してってもなるほど、こんだけ弾いてりゃ目立つわな、って人も多い。それ以上に目立つんだからそりゃ凄いよね。んで、ロックの世界に行っても当然そういうのはたくさんいるんだけど、今回はBilly Sheehanという稀代の天才。概ねMr.Bigで知られている人だけど自分的に最初に知ったのはデヴィッド・リー・ロスの時かな。スゲェなぁ…ってその派手なプレイに感心したのが最初。今回は2002年のNiacinの4枚目の作品「Time Crunch」をチョイス。このバンドはビリー・シーンがMr.Bigでは発揮出来ないスタイルをこれでもかってばかりにプレイ。メンバーにも恵まれているからか、完全にフュージョンとロックの合いの子をプレイしている感じでちょいと驚いた感あるけど、このアルバムはもうバンドとして出来上がってきている頃なのでかなり充実した作品に仕上がってる。

 ビリー・シーンも弾きまくりだし、ハモンドのプレイも最高、ドラムもこれでもかとばかりに叩いていて曲の良し悪しを問う以前に白熱しているプレイに耳奪われるという作品。インストバンドものでここまで楽しめるのもそうそう多くない。しかもビリー・シーンがいることでバンドの音が軽くならないので明らかにロック視点ってのは肌に合う。強烈なのはKing Crimsonの「Red」のカバーか。やっぱり馴染みある曲がこうして出てくると「おぉ〜」って思うじゃない?それでいてこのアルバムの流れもあるから浮いたり沈んだりっての思うけど、しっかりと馴染んでて違和感なし。それどころかもっとやってくれってな具合だ。プレイヤー達がとことんプレイして楽しむ、という意味でフュージョン的だけどそれをロックのエナジーで持ってやっているというところか。面白いアプローチでなかなかここまで出来ていたアルバムってのはこれまではなかったなぁ。ちょっとびっくりするくらいの新分野開拓アルバムのひとつかも。



Stevie Salas - The Soulblasters Of The Universe

Stevie Salas - The Soulblasters Of The Universe (2004)
ザ・ソウルブラスターズ・オブ・ザ・ユニヴァース

 これは面白い!と思ったサウンドでも当然商売が絡んでいるから才能がそのまま商業ベースに乗るとも限らず、なかなか上手くその才能が伝わりきらない事も多い。もちろん破片すら出てこない人もいるだろうし、見事に才能を商業ベースでも開花させたという人もいる。その意味で昔はそこまで考えなくてもアーティストの才能があればそのままシーンで目立っていったというのはあっただろうけど、商業ベースになった音楽産業の中ではそうも簡単に進まなくなっているのが70年代以降、勿体無いなぁってのもあるけどそれは実際どんだけのものだったのか、ってのはわかんない。

 Stevie Salasの2004年リリースの復帰作とも言われた傑作「The Soulblasters Of The Universe 」。もともとネイティブ・アメリカンな人で、P-Funk系に拾われた関係上、エッセンスとしてはFunkノリがある。そこに元々ジミヘン好きってのもあってのロックテイスト満載なスタイルで、デビュー時なんて見事にロックとファンクを合わせたギタリスト兼歌手というスタイルで今でも唯一無二なスタイルを持っていたと思う。それでもその後すぐにマネージメントとの揉め事が起きてほぼ潰されかかったというのだけは何となく知ったんだけど、以降どうにもパッとしないアルバムが続いてて、勿体無い感あったんだよね。んでも、このアルバムはさ、ジャケット最悪だけど中身はかなり面白く仕上がってて、それはベースにブーチー参加ってのが大きいのかもしれないけど、ファンクとロックギターの融合が復活してて、勢い良くやってるから何か安心した。こういうの聴きたかったんだよ、っても遅かったけどさ。

 そもそもP-Funkが持ってるノリにロックが持ってる音楽性、さらにはサラスが持ってるギタースタイルが入ってきてるからカッコ良い。時代を感じさせちゃうサウンドもあるけど、それでもやっぱり今でも聴けない音だよ。歌がもっとしっかりしてれば…って欲もあるが、良いんだよ、これくらいが。なかなかこういう佳作に出会えないが、マズマズの安心作。嬉しいね、自分が何となく目をかけてた人が好ましい音楽を奏でてくれるのはさ。



Tony MacAlpine - Maximum Security

Tony MacAlpine - Maximum Security (1987)
マキシマム・セキュリティ

 暑い夏に聴く音楽は何が一番適しているか、涼しくなる感じのモノが一番とも思えたけど、実はフュージョンとかも似合ったりするんだろう。一方コテコテのメタルなんてのも暑苦しい上に更に暑苦しくってことで案外似合ってたりするようだ。一番なのはやっぱり本来夏の気候というトコロで生まれて奏でられている音楽なんだろうから、ボサノヴァとかレゲエとかスカってのが一番なんだろうな。あぁ、そういう方向性もあるか…。流れ的に暑苦しくコテコテになってきてるからさわやかな路線も良いなぁ…。

 Tony MacAplineの1987年のアルバム「Maximum Security」。しかしここまで技術が発展してしまうんだなぁというくらいに70年代の音とは雲泥の差、それは音楽的な面でもギター的な面でもテクニカル面でも感じちゃうよね。もう今のギタリストの原型以上のが出来上がってるワケだし、そこに音楽センス的にはきちんとクラシカルな聴かせるという要素も入ってて、インストアルバムながらも垂れ流しではない聴けるメロディが載っている作品と言えるか。黒人がこういうのを奏でるんだ、っていうのもほとんど見当たらないのでその意味でもユニークな存在ではあるが、鍵盤から入っていることを考慮すればまだ納得できる。ソウル面やブルース面を一切感じさせることのないこのギタープレイはクラシックだけで出来上がっているとも思えないし、そのあたりはやはり新世代というべきものなのだろう。この時代でもまだ大勢いたギタリストと比較しても全然異なる方向性だ。ジョー・サトリアーニとかスティーブ・ヴァイと言ったあたりが近いものではあるが、いわゆるバンドで出てきたギタリスト達の世界とは全然違うもんね。

 それでもこの「Maximum Security」というアルバムでは当時ドッケンにいたのかな、ジョージ・リンチとナイト・レンジャーのジェフ・ワトソンがゲストで参加している。ただ、聴いてるとそれはそこまでクローズアップされる必要性もない程度で、やっぱり本人のギターと鍵盤プレイを出しまくっているってトコロで成り立っているのは当たり前で、更に曲の展開がよく練られてて聴きやすいというナイスな作品。自分的にはそれでもやっぱり飽きちゃうけど…、ギターの音を追いかけている分には凄いなぁ…としか言えない。



Dream Theater - Octavarium

Dream Theater - Octavarium (2005)
Octavarium

 暑い日々になっているけど、昔ほど苦にはなってないなぁ…って外に出てないだけか(笑)。暑さに慣れてきたワケでもなく、単純にクーラーの場所にいることが多くなっているからだけど、夕方から夜に外に出るとそんなに無茶苦茶暑くもないだろ、ってな感覚ではある。多分、何か間違ってるが。たまに日中に外を散策するとヤケに暑い事に気づくんだけど、キライじゃないんだよな、暑さって。人がいなきゃもっと心地良いだろうなんて思うが、それはもうしょうがない。

 Dream Theaterの2005年の作品「Octavarium」。随分と話題になったマイク・ポートノイの脱退劇だったけど、全然興味なくて誰それ?的な感じでしか思ってなかったからなぁ…、そもそもDream Theaterって聴かなかったしさ。最近だよ、なかなか大打撃だったんじゃないのか、それ?ど真ん中の男がいなくなる、ってことだろ?みたいなのに気づいたのはさ。それくらいでしかなかったので、このあたりのブログ記事なんてアテにしなくてサラリと読んでいただいて結構です…(汗)。とは言え、このアルバム、深い意味がアチコチに散りばめられている知的な面でも傑作で、練りに練って緻密に作り上げられたシロモノってのは有名なお話。意味深な部分から音そのものまで全てが整合性を保っていて、どれもこれもが全部つながってくるという音楽。そこまで作り込める狂気ってのはなかなかいないし、本当に天才なんだろうなぁ、ってのを感じるので先の脱退劇の重さが判ってきたという事だ。

 音楽的なトコロで自分の好みか?と問われると決してそんなことなくって、どこかがあまり好みではない。多分本質的なトコロ…、湿っぽさというのか英国らしさと言うのか…、そりゃアメリカのバンドだからさ、文化的なトコロでの物足りなさってのはもうしょうがないんじゃないかと。解明できるのだろうけど、そこまでは拘ってなかっただろうし、どこかその部分が耳慣れたのと違うかなってのはある。それにしてもこんだけ完璧なのが出て来るのはどういう才能なんだ?って思ってしまうし、実際凄い才能の持ち主ばかりなんだろうし、だんだんハマってくる音ではあります。もうちょっとしたら全部聴いてアレコレ言ってるのかもしれないくらいには興味深い。



Girl - Wasted Youth

Girl - Wasted Youth (1982)
ウエステッド・ユース

 ロックは元々アメリカ産だけど発展させたのは英国人だ、というトコロと英国産のロックの奥深さと面白さと気品みたいなのが性に合ってたのか、どっぷりと英国ロックに浸かりっぱなしな半生、もちろんアメリカや他の国の音も聴いたりハマったりして興味の範囲を広げていったんだけど、根本は英国産のロックにあるのは変わらない。それと比べてみるとどうだ、みたいなのはあるもんね。もっとも本能的に感じるのが一番だけど。

 Girlってどこのバンドになるのかな…、アメリカ産で良いのか、それともオランダ産?ってな感じではあるけどGirlの1982年リリースのセカンドアルバム「Wasted Youth」。知られたトコロだと後にL.A.Gunsで活躍したフィリップ・ルイスとデフレパで知られる事となったフィル・コリンの二人が在籍していて、ドラマーにはSpooky Toothからのメンツと言うような力量はある種しっかりしていたバンドの作品だ。自分はこういう作品好きなんだよね。ものすごくとっ散らかったアルバムではあるし何やりたいんだ?みたいなトコあるけど、ものすごく尖っててロック的スタンスを感じるんだよ。ギターの音も曲も歌もバンドの一体感とかなんか無茶苦茶なトコロとか(笑)。グラムな事したい感じだけど、それよりも時代に合った音をきちんとやっておかないと、みたいなジレンマもあり、幅広い興味を満足させるかのような曲も入れていくことでバンドの奥深さを出していったりとかあって、まぁ、的を得ない作品にはなっちゃったんだろうけど、古めのハードロック好きな人ならB級感味わえるんじゃないかな。

 しかし今聴いてみると、こういうのって何でここまで古臭く聞こえるんだろうなぁ…、真剣にコレ聴いてスゲェよ、って言える手前にこの古臭さを打破しないと聴けないもん(笑)。さすが35年前くらいのばかり聴いていると古く感じるのはしょうがないが、音質だけじゃなくて何と言うのか、センスの古さと言うべきか…。んでもそれがまた嫌いじゃないってのは自分的にも情けないとも思う部分はある(笑)。いや、だからさ、グラム要素ってそういうモンなんだよ、きっと。







 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ+

2017年 09月 【26件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon