Camel - Dust & Dreams

Camel - Dust & Dreams (1991)
Dust & Dreams

 もういい加減聞き飽きてるだろう、ってロックを聴いていながらにして今でも思うのがカッコイイな、これ、っていう作品や演奏。どんだけこの痺れ具合に踊らされてロックにこだわったことか。別に強制されてるんじゃないから自分の好みで勝手にそこに居着いているんだけど、事あるごとにカッコイイな〜、これ、って思う瞬間があったり、ライブ映像見てても涙出そうになって見てるとか聴いてるとかあって、ライブってのは確実にその場その場でエモーションが伝わってくるものだと実感する。生じゃなくてもそうなんだから生だったらホント、痺れるだろうなぁって思うもん。そういうのに巡り会える瞬間ってのはそんなに多くないだろうけど、それでもカッコイイっていう瞬間はよく出会えている。

 70年代からずっと生き続けている叙情派バンドとして確固たる地位を築き上げてるCamelの1991年作品「Dust & Dreams」。90年代の久々の作品のくせに70年代からの本物のバンドの作品はポンプ勢のそれとは確実に異なる重みと本気度が着実にアルバムに脈打っているという作品で、軽い気持ちで聴いてみたんだけどやっぱり全然違うね。叙情的な作風もポンプ勢は得意だったから結構気持ちよく聴いてたんだけどさ、やっぱりこういう本物の聴いちゃうと比べ物にならない。それは練られたアイディアや音作りや生み出す苦労などがそうさせるのか、いつの時代もそういう事は色々な事柄に対して起きている事だし、今に始まったことじゃない。それでもこの重厚感はさすがにCamelの作品だと唸らされる。

 ご存知アメリカの作家スタインベックの「怒りの葡萄」をモチーフに曲のタイトルも付けられているアルバムで、多少なりとも読んだことある人にはなんとなくのイメージが湧くんじゃないだろうか。自分的にはそれもあるけど、アンディ・ラティマーのさすがのギターに痺れてしまうんだが、この人の場合はクリエイターでもあるし、ギタリスト視点だけでは語れないんですけどね、でも、やっぱり見事な叙情性。モチーフがモチーフだから暗くなるのは当然だけど、こんだけ叙情的に作品を作っていける人も多くはないだろう。90年代と言えども何らスタンスが変わっていないバンドの傑作。




Genesis - From Genesis to Revelation

Genesis - From Genesis to Revelation (1969)
創世記(紙ジャケット仕様)

 2000年代と言ってももう18年目なんで新しいというんでもないんだろうけど、それでも自分的音楽史からすると随分と新しい部類に入る時代なのだが、そのヘンでの面白そうなバンド発掘ってのを頑張ってたんだが、なかなか琴線に触れるってのが見つけにくい。あるとは思うし、実際あるんだけど、普通のロックという世界で発展しているバンドに触れてみてくてね。メタルとかじゃなくて普通のロック。そうすると焼き直しばかりになってくるんで、その焼き直しにプラス何か、ってのを上手く見つけているバンドってのがあるはずでさ。モッズ風味だったり何かが加わってるとかそういうの。カッコよさってのはそういうのから出てくるだろうから、刺激が欲しくてね。

 さてさて1969年に同じくプログレの雄と名を馳せるジェネシスもまたデビューアルバム「From Genesis to Revelation」をリリースしていて、これもまたイエスと同じくプログレッシブ・ロックたる断片は聴けるものの、サイケデリックやアート・ロック風味が圧倒的に強くて後のプログレバンドっていう雰囲気とはかなり異なる作品だ。それでもイエスと同じく同時期の英国ごった煮ロックのレベルからしたらかなりハイレベルにある作品になってるし、革新的ですらある取り組みが出てきていると感じる。それはもう音もそうだけど単にピーター・ガブリエルの超絶個性的な歌い方とメランコリックメロディセンスが大きいだろう。もちろんフィル・コリンズ以外のバンドメンバーが後の全盛期を支えるメンツで既に構成されているので、彼らのセンスの厳選が既に発揮されているという意味では実に多様で多彩なアプローチを聴くことも出来るし、さすがだなという面が大きい。スキが無いもん。良く練られている、この時点でも既に。どこか牧歌的でフォーキーな曲もあればピーガブ節バリバリもあるけど、これはこれでひとつの完成されたアルバムの世界観を味わえるのは確かだ。自分的にはこのヘンの方も好みかな。

 後のアンソニー・フィリップスやピーガブのソロアルバムで開花する彼らのセンスってのは根本的にここから変わってない。特にアンソニー・フィリップスのアコギへの取り組みなんて一貫してこのまんまだしね。それがジェネシスの牧歌的側面でもあるし叙情性のひとつでもある。トニー・バンクス然りなのだろうけど、あのフワフワ感は既に味わえる。ただ、まだまだアート・ロックへのチャレンジ感が大きいんでカラフルな音色が揃いまくっているアルバムというトコロか。ジャケットの黒一色とは裏腹なカラフル感が味わえる事を思うとこのジャケットのセンスは大失敗だね。もっとカラフル感を訴えるアートワークが良かったんじゃないか、などと余計なことまで思ってみたり。


Yes - Yes

Yes - Yes (1969)
ファースト・アルバム アトランティック70周年記念(紙ジャケット仕様)

 自分って未熟者だ〜って自覚する時ってよくあって、こんなことも知らないんだ、とか出来ないんだ、とか考えられないんだ的なことに気づく。それが克服できるものもあれば出来ないのもあって、さてさて人間はそういったものを全部克服したりする方へ向かうものなのだろうが、その必要もあるのか?などと反発的に考えてしまうのも良くない。即ち自己弁護型ってことだが(笑)。やらなきゃいけないんだからやる、ってのはあるのだろうけど、やらなきゃいけないことをやる人は他にもいるんだからそうじゃないことをやる、ってのが自分だ、という理屈ですな。まぁ、世の中通じないです。現実逃避しましょう…。

 あのプログレッシグバンドの雄として名高い、そして魂売りまくっていまじゃ金の亡者とも言われるくらいのバンドになったYesですが、そんなバンドでももがきまくって出てきたファーストアルバムってのがあるんです。1969年リリースの「Yes」。アトランティックからのデビュー作ってことでツェッペリンばりの期待をされてリリースされたけれど、その中身からしてまるでお話しにならなかったという曰く付き、イエスの歴史の中でもほぼ黙殺されているアルバムではあるんだが、結構面白くて、プログレを確立してからのイエスよりもチャレンジしまくっている若気の至りってのがこの頃の英国ロックの中のひとつのバンドでしかないというトコロもあって楽しめる。この時期のB級ロックバンドと比較しても全然やろうとしていること、やってることなんてのは大差なくってごった煮への挑戦でしかない。即ちこの時点での差はほぼ無かったと思える音楽だ。ただ、個々人の力量やセンス、音楽的なバックグラウンドなんかは全然違ったんだろうし、出て来る音の自己主張さも確かに力強くて確かな手応えでのサウンドが出てるからそこはアトランティックレベルがメジャー契約するだけのバンドのレベルだったのだろう。

 その中味はと言うと、これがまたアート・ロックとサイケロックとかの間で、コーラスワークやベースラインのでしゃばり感はイエス特有のものが既に出てきているが、ピーター・バンクスの器用なギタープレイ、ジャジーでもありコースティックでもあり、サイケデリックもやります的なトコロが上手く彩りを与えていて、骨太なリズム隊との融合が繊細に出来上がってきているというのかな、そこにトニー・バンクスの鍵盤の彩りも加わり、高齢のジョン・アンダーソンの高い声がフワフワ感を出して、あのコーラスが被ってくるという不思議さ。後のイエスを彷彿とさせる部分は多いものの、もっと英国特有のメルヘンさ加減が出てたりするトコロもあってかなり楽しめる。イエスというバンドを後のバンドと比較しないで初期英国ロックの一つのバンドとして聴くとそのハイレベルなセンスの素晴らしさを実感できる。

Procol Harum - 1974: BBC Live in Concert

Procol Harum - 1974: BBC Live in Concert
1974: BBC Live in Concert

 60年代のBBCでは大抵20分くらいの枠でバンドが演奏する程度の番組しか無かったようだけど、70年代くらいになってくると特番的に一時間程度の枠でバンドのライブを流す「In Concert」って番組が出てきて、割と長尺なライブをそこで披露することも増えてきた。それが結果的にはアーティストやバンドにとっても自費で録音せずともBBCがライブを録音してくれてラジオで流してくれるおかげでライブ盤がひとつ出来上がったというワケだ。ただ、問題は自分トコロに権利が存在しないからあれこれと手続きやら何やらをしないとかんたんにリリース出来なかったらしい。今でもそうみたいだけど、BBCもそのヘンは商売にしているのか結構開放しているように見える。

 Procol Harumもその「In Concert」って番組に1974年に出演してまとまったライブを記録したのが「1974: BBC Live in Concert」。バンドとしては丁度アルバム「異国の鳥と果物」をリリースしたあたりの頃でアルバムの宣伝も兼ねての出演だったのだろう、この新作「異国の鳥と果物」から結構な数の曲をライブで取り上げていて随分と他にはない演目でのライブが出来上がっている。その前の作品「Grand Hotel」もかなりの傑作だったこともあって、そこからも割と聴けるというのもなるほど感あるけど、初期のヒット曲なんてのは存在していないという潔さ、英国でのプロコル・ハルムの立ち位置がこの頃どんな感じだったのか分からないけど、それなりのベテランバンドだっただろうし、ヒットも放っているから知名度もあっただろう。落ち目ではなかっただろうからこの試みは結構成功したんじゃないだろうか。なんて余計なことを考えながら聴いていたけど…。

 当然だけどアルバムでは繊細な音を聞かせてくれているバンドでもあるけど、ライブになるともちろん結構なR&Rバンドだったんだ…って驚くのはいつものこと、特にこのヘンのバンドはそういう驚きの傾向が強い。それだけアルバムの完成度が高いという事になるのだが、ライブでやるってことはやっぱりバンドでやる、オーバーダビングなしでやる、ってことだから別物になるんだよなぁ…、プロコル・ハルムだってロックバンドらしい演奏になるんだもんなぁ…なんて妙なトコロで感心してしまったのだった。




The Moody Blues - Live at the BBC: 1967-1970

The Moody Blues - Live at the BBC: 1967-1970
Live at the BBC: 1967-1970

 ここに来て色々と昔聴いていたようなバンドも聴き直したりしているのだが、いつものことながら印象が自分の記憶とは結構異なっているというバンドも割りと多い。アルバム単位でもそう思うのが多いけど、バンド単位でもそんなんあってさ、イメージってのは怖いもんだなと思う。Moody Bluesってのは自分的には初期はマージービートだけど「サテンの夜」でああなって、以降はひたすらにメロトロンとアコースティック中心のプログレッシブロック、しかも割と重厚な音でコンセプトアルバムにこだわった世界観がアルバムを印象づけているバンド、というイメージだった。ところがこうしてBBCセッション集「Live at the BBC: 1967-1970」を聴いていると初期にしても正しく大英帝国ロック、キンクスやフーなんかと同じような英国ロック的な音とメロディを繰り広げていて、実に個性的なメロディラインを作り上げていたバンドだったんじゃないか、ってことに気づいたワケだ。後のムーディ・ブルースの印象とは大きく異なるのは事実だけど、ここまで英国風味のある楽曲ばかりだったとはなぁ…。

 ってなことで「Live at the BBC: 1967-1970」なのだが、初期の出演が集中していたのもあって同じ曲が何度か登場するのはやむを得ないトコロだろう、それぞれの違いを聞き分けていくというのもありだし、そもそも歌しか入れ替えてないんじゃないか、なんてのもあるのかもしれない。67年から70年ってことは、ジャスティン・ヘイワードとジョン・ロッジが参加してからのライブ、即ち最初期のアルバムは無視しててコンセプトアルバムばかりの時代、それも「Question of Balance」までの頃のライブでこの軽やかさ、実に意外だ。もっと重苦しくなるのかと思ってたしなぁ…、BBCライブだとこんなにも歌とメロディが目立つとはね、英国で人気が高かったというのも頷けるバンドだ。自分が甘かった。ちょっと聴き直そうと思ってる。

 最近は自分チで発掘したiPod shuffleにひとつのバンドを年代順にアルバム入れてって、シャッフルじゃなくて順番に聴き続けるってのをやってるから割とそのまま立て続けに聴いてることが多くて、新たな発見をすることも多くてね、結構重宝している。ただ、昔のiPod shuffleだからかバッテリーの持ちが悪くなってて結局手持ちのiPhoneで他のを聴いちゃうということも多いのだが…、それでも使い分けててなかなか便利。そんな中にMoody Bluesのコンセプトアルバム達も入れて聴いてこうかね。




Renaissance - Renaissance

Renaissance - Renaissance (1969)
Renaissance

 古臭いなぁって聴く度に思うのだが、それでもアイディアの豊富さやロックへの熱い思いやひたむきな実験精神なんかが面白くて70年代のロックを聴いていると実に楽しい。これだけ聴いてて今更に聴いても思うんだから相当なものなのか、自分の耳がそこにしか親しんでいないのか、偏屈になっているだけなのかはあるが、それでもこの斬新な発想力にはいつも驚かされる。年を追うごとに発想力やチャレンジ精神ってのが好きになってきてて、そういうのがなくて流れや今までは…とかがイヤでね、常に斬新でありたいし完成を磨いておきたい、ってか鈍くなりたくないってのが大きいか。だからここでも知らないバンドとかでも聴いてみたりするのもチャレンジだし、書かなきゃいいのにメモって書いてたりするんだけど、そういうモンでね、そこからの新しい出会いもあったりするしやっぱり面白いのが良いんです。んでも、70年代には驚かされる。

 Renaissanceの1969年リリースの最初のアルバム「Renaissance」。これをまだ書いていなかった事に気づいてしまって、そうか、まだ書いてないのか、久々に真面目に聴くなぁ…なんて思いながら聴いてたんだけど、これがまた素晴らしいなんてものじゃなく素晴らしくてちょいと聴いて書く、ってどころじゃなくてじっくりと3回位聴いて書いているという始末。何がそんなに斬新で刺激的だったかってさ、前はね、結構中途半端なプログレだな…、この後のアニーの時代の方が圧倒的に素晴らしいじゃないか、って思っててそっちばっかり聴いてたんだよ。ところがだ、今回思った、それは逆だ、って。それぞれの素晴らしさはあるけど、オリジナルルネッサンスの素晴らしさはそういう構築美とはちょいと違って、その発想力は調整意識みたいなトコロとセンスの良さかな。その原動力がキース・レルフだけではないのはもちろんで、やっぱりジョン・ホウクンなんだろうと。このひとのピアノのクラシカルなセンスとルイス・セナモのボコボコしたベースとの絡みがユニークな味わいを出していて、そこでキース・レルフのギターっていう新たなセンス、これがですね、歌だけじゃなくてギターがかなりジャジーに入ってくるのは気づかなかった。更に加えてジェーン・レルフの天上の歌声、とは言わないが初々しい歌声が天を舞っていくという美しさ、このアンサンブルの最高峰が「Island」だろうなぁ、クラシックとジャズと女性ボーカルの美しさを見事に同居させたロック、そう、あくまでもこれはロックなのだ。

 大体がだ、アルバム5曲しか入ってなくて最初から10分あるし、ピアノ弾きまくりから始まるし、基本的にルイス・セナモのベースラインは全部追いかけてってるし、一体どんなん?って感じでしょ?たいてい自分の引き出しにあるものでそのバンドをイメージするんだろうけど、このオリジナルルネッサンスはそうはいかない。正に70年代夜明け前の至高の賜物、美しいアルバム・ジャケットと共に中身の美しさもまったく引けを取らない素晴らしき作品。5曲以上要らないだろ、ってところにCDだと勿論ボートラあって、それはそれで聴くのだが自分的にはアルバムで聴いたシンプルなスタイルが好きですね。それにしても美しい…。

EL&P - The Everlasting Best of ELP

EL&P - The Everlasting Best of ELP
ジ・エヴァーラスティング ~ベスト・オブ・ELP~ 【6CD/日本初発売テイク収録/完全生産限定】

 本調子に戻らない今日此の頃、それでも月末になり秋から冬へと突入していく季節の移り変わり、思えば早いものだなんて言おうものなら既にジジイ化している証(笑)、故に早いなぁとは言わないようにしているのだが、やっぱり早くも冬か、と思うものだ。ロックのアイコン達がどんどんといなくなっていく中、今年は今のところそれほどでもない気がしているが知らないだけなのだろう。

 EL&Pの突貫工事的とも言えるベストアルバム6枚組「The Everlasting Best of ELP」。リアルタイムで聴いていた人達が多い中、どんなものを作っても満足は得られないだろうけど、かなりのボリュームと価値ある音源なんかも引っ張ってきての気合の逸品だったと思う。それにしても今でも不思議だなぁと思うのはこの頃高校生くらいだった人達=今は50代だろうけど、その頃ってこんなのを高校生が普通に聴いて友達と話してたってのが凄い。他になかったからってのもあるんだろうけど、こんな訳の分からないモンを聴いてああだこうだ、それに今聴いても燃えるぜ、的な会話があるってのが凄い。時代の産物とは言え、聴くセンスを作られた世代でもあるんじゃないかな。ある種羨ましいけど、そんなヘンな高校生とかじゃなくて良かったかも(笑)。

 歌メロが、とかじゃなくてクィーンなんかもそうだけど、インパクトなんだろうね。EL&Pってガツンガツン来るからそれだけでロック的だし、見てくれもなんじゃこりゃ?感あるからロック的だし、出て来る音楽なんてのがどうであれ、ロック的な印象が強くて聴いちゃうんだろうね。思春期の若者達はそれだけで良かったってかさ。それでいて他にもそういうバンドばっかりだったワケで、ユーライア・ヒープも人気あったとかってのは正にそういう所だったろうし、面白いもんだ。

 50超えたオッサン達がどこかでこういうの聴いて、あぁ、EL&Pのナントカだ、とかつぶやいてるんだからさ、若者でこういうの一生懸命聴いて漁ってる連中からしたら何だそりゃ?何でそんなんイントロ聴いただけで分かるんだ?とか思いそうじゃない?歴史とかリアルタイムってのはそういうもんだ…。



Procol Harum - Novum

Procol Harum - Novum (2017)
乙女は新たな夢に(原題:Novum)【日本盤ボーナス・トラック2曲収録】

 まだまだ本調子には戻らないのだが、自分の忘備録的には書いておきたいこのブログ、そもそもの意味や方向性なんてのはとうにあっちこっちに行ってしまって今じゃ何を理由に書いているのかもよくわからないんだけど、単なるライフワークとして割り切って書き続けよう。無理するまでもないんだけど、やっぱ無理してでも書いちゃうよね。

 Procol Harumの2017年作「Novum」。そう、2017年作なんだよ、これ。春先頃にアマゾンでジャケット見て、ホントかよ?って思ったけど普通にゲイリー・ブルッカーが作ってピート・ブラウンが歌詞書いてるっていうお話です。メンバーはもうオリジナルとかはあんまりいないんだけど、どこかで絡んだりしてたメンバーもいるし、デイブ・ペグの息子さんがいたり、IFのジェフ・ホワイトホーンなんかも90年代のプロコル・ハルムに参加してたんだなぁ…、そっか。そういう歴史を紐解いていちゃうのも面白いけど、肝心の音楽はどうなのか、って気になるよね。

 うん、ちょいとポップな方向に進んでて、昔の荘厳な作品とはちょいと違うけど、歌声も雰囲気も昔風にはなってるかな。好みで言えばそうでもないけど、聴きやすいし雰囲気あるんで悪くない。まさかこの年代であんなのやってリリースするワケにもいかないんだろうからこういうのも正解なんだろうね。軽快でなかなかよろしい。



The Moody Blues - Timelss Flight-Box Set

The Moody Blues - Timelss Flight-Box Set
Timelss Flight-Box Set  (11cd/6dvd)

 インフルエンザじゃねぇの?ってくらいに体調不良なままなのだが、病院キライだか実際どうなのか分からない。ナントカなんだろ、ってな気分で相変わらずの不調。もちろんガンガンにロック聴いているワケにもいかず、静かに安静にはしているのだが、動けないほどでもないので、ネットでアレコレと見ていたりすると色々とリリースされてるんだなぁとつくづく感心する。商魂溢れると言うのか、ここまで出すか、とかそれでも売れるんだろうから見事なものなのだが、ファンからしたら嬉しい贈り物になるんだろうしね。

 Moody Bluesの箱モノ集大成作品「Timelss Flight-Box Set」。ここまで歴史がまとまってたらそりゃ嬉しいよね。イメージ映像なんて普通のバンドじゃ意味をなさないけどムーディーズだったらなるほどね、となる。じっくりと味わえば相当な時間を要して楽しめる出来映えだから面白そうだよな…とは思うけどもちろんそこまで時間が取れないんだろうなぁ…と。なので眺めているだけではあるんだけど、ちょいと興味津々。

 異世界にどっぷりと使って初期アルバム全部を一気に聴くっていう事もしてみたいしさ、何かと深みにハマれるバンドなのは証明済みいつかそんな極楽気分を味わおう…。



The Nice - The Thoughts of Emerlist Davjack

The Nice - The Thoughts of Emerlist Davjack (1968)
The Thoughts of Emerlist Davj.

 いつまでこのヘンのロックネタがあるのだろう?お付き合い頂いている読者の方もそれぞれに多種多様聴いているだろうし、このヘンのロック好きな人も多いとは思うんだけど、こんだけ書いててもまだなお書いてないや、って思うものが多数ある。そりゃ全部のアルバム書き切れない程のレコードがリリースされているんだから当たり前だけど、70年代くらいまでならまだ自分のテリトリー内なら大丈夫だと思ってたんだよね。んでも、まだまだどんどん出てくる…、それから40年以上経ってて、どんだけアルバムってのがリリースされてるんだろうな。

 Nicoからは一文字違いってだけで聴いてたThe Niceの「The Thoughts of Emerlist Davjack」。1968年リリースのThe niceのファーストアルバムで4人編成時代、もちろんキース・エマーソンのオルガンは普通に鳴ってます。ここではまだギタリストのDavid O’Listもいるので、ギター対鍵盤の構図が聴けるのがかなりポイント高くて楽しめる。音楽的には基本サイケ時代なのでそんなエフェクトやら音楽やらで構成もそんな感じなのが多いんだけどさ、かなり上手いから聞きやすいしロックしてるんだ。ギターの音色もこの時代特有のファズギターで割と好みなのでキース・エマーソン云々に囚われずに聴けるのがありがたい。鍵盤だけでロックできちゃうエマーソンではあるけど、こうして対等にギターが鳴ってる中でのエマーソンなんてそうそう聴けないしね。

 アルバム全編を通して言えるのは慣れもあるからだろうけど圧倒的に「Rondo」ですな。EL&Pになってからもライブ定番曲だったし、エマーソンの傑作なんだろう、それがここではギターとのバトルらしきものも入ってて、もちろんファズギターによるバッキングも入ってての思い切りロックチューンに仕上がってるのが斬新。この時代のこの音はかなり強烈だったんじゃないだろうか。やっぱりエマーソンが大人しいと言えども、圧倒的な存在感です。昔はそんなに面白みのないバンドだと思ってたけど、今聴いてみると何かとんでもないバンドの予兆がたっぷりとしてて、EL&Pの整然とした音とは異なるぶっきらぼうな部分もあっての楽しみが良い。EL&Pを待たずしてもこのあとThe Niceからこのギタリストは抜けてしまうのだから、このアルバムはかなり貴重な瞬間を捉えているということか。



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

過去ログ+

2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵  amPhones AC30タイプ
VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵 amPhones AC30タイプ

SAILORS' TALES (1970-1972) [21CD+4BLU-RAY+2DVD BOXSET]
クリムゾン Box!!

ザ・ロスト・BBCセッションズ 1967
ベック 1967 BBC!

アンソロジー Vol.1
クリーム!

アンソロジー Vol.2
クリーム2

メイキング・オブ・アー・ユー・エクスペリエンスド 1966-1967
メイキング・オブ・アー・ユー・エクスペリエンスド 1966-1967

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!

神記録 ~ア・ディケイド・オブ・ザ・マッド・アクスマン
神 最近のベスト!

ファイアーパワー(完全生産限定デラックス盤)
ジューダス新作!

マイケル・シェンカー・フェスト『レザレクション』【500セット数量限定CD+ボーナスDVD+Tシャツ(L)[日本語解説書封入/歌詞対訳付/日本語字幕付]】

スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー “テレギブ

LIVE! [2CD]
2CD未発表曲多数!

ワイト島のドアーズ 1970 [DVD]
ワイト島のドアーズ


Click!!