Category日本 70s Rock 1/2

Bow Wow - Bow Wow

Bow Wow - Bow Wow (1976) ヤマハのSGギター使用プレイヤーを並べてみたけど80年前後頃に出て来たギターだったのかな、その頃にドドドッと出て来たけどその後は続かなかったような…ってか音楽シーンも変わっていったからニーズに合わなかったのかもしれない。まぁ、そういう意味ではニッチになってしまってるけどトーカイのメタルギターとかあったな…。結局は老舗の王道が生き残っていくという職人技術の生きる世界なんだろう。 ...

  •  2
  •  0

内田裕也とフラワーズ - Challenge!

内田裕也とフラワーズ - Challenge! (1969) Challenge 70年代の日本のロックからして現在に至るまで日本のロック界で必ず最後に名前が挙がる大御所が一人。自分的にはもう世代が全然異なるので感覚論がまるでわからないんだが、多分相当にトンがって生きてきた人なんだろう、くらいの認識しかない内田裕也さん。今じゃ白髪ジジイなんだが、これがまたとんでもないジジイになっていて、見るたびに苦笑してしまうくらい。もう半世紀...

  •  7
  •  0

Flied Egg - Good Bye

Flied Egg - Good Bye (1972) Good Bye Dr. Siegel's Fried Egg Shooting Machine 70年代初頭の日本のロックはまだまだ産声を上げたばかりに過ぎないもので、今聴けば音楽性は稚拙なものだし、多分アマチュアレベルでもやらないだろうスタイルのロックサウンドかもしれん(笑)。ただ、このエネルギーとロックへの傾倒ぶりは今ではまず聴かれないもので、そのパワーたるや凄まじいものがある。ロックって?うん、自分なんかはこ...

  •  3
  •  0

ブルース・クリエイション - 悪魔と11人の子供達

ブルース・クリエイション - 悪魔と11人の子供達(1971) Demon & Eleven Children Blues Creation - Carmen Maki 古い日本のロックを聴いているとどんどん日本人とは思えないバンドに出会っていく。英国のリアルタイムなロックそのままを聴いて自分たちもプレイしているというような有様なんだろうけど、その模倣の仕方がハンパじゃなく本物に近くて、そりゃ王道バンドの迫力は真似は出来ないまでもそこを目指しながらオリジナ...

  •  2
  •  0

Flower Travellin' Band - Make Up

Flower Travellin' Band - Make Up (1973) MAKE UP Satori 70年代の日本のバンドってのは後追いからするとかなり追いにくいっつうか実態が掴みにくいシーンだったのと、あまり後年にハデに取り上げられることもなく、単に「伝説」として祭り上げられることが多くて、そもそもレコード屋でも手に入らなかったしCDでもそんなに出て来なかったし、情弱だったのもあったんだろうけど積極的に取り組まなかった。でも王道を漁っている...

  •  2
  •  0

金子マリ - Shoot The Moon

金子マリ - Shoot The Moon (1978) 金子マリ流  マリア・マルダーの歌声聴いてて、ん~、何かに似てる感じなんだよなぁと記憶の彼方を漁ってるんだけど出てこなくて、もしかしてアレかな…それとも?などなど思い起こしていて、辿り着いた先がなぜか金子マリだったのだが…(笑)。聴いてみたら全然違ったので我ながら記憶のいい加減さに呆れた次第です…。ま、それでもいいか、と金子マリを聴き続けていたのでした。 1978年リリー...

  •  2
  •  0

頭脳警察 - 1

 これまたクリスマスに聴く音楽でもないし、書く音楽でもないのだが、自分的に行きがかり上しょうがないなぁ~ってのもあって今のところ書き進めないと気が済まないだけなんだが(笑)。まぁ、いいじゃないか、クリスマスで世間が浮かれているのもありだが、そういう時代は自然に来たのではなく然るべき過程を経てこそできたものなのだという事実に気付いてみるのも面白いでしょ。そんな時代の旗手ともなり、そして「ロック」とい...

  •  2
  •  0

村八分 - Live

 世の中クリスマスイブってことで相変わらずのクリスマス商戦と、カップルのデートが盛んな良い時期に、何故にかしらんが、クリスマスなんぞとは全く無縁としか思えない退廃的な70年代初頭の日本のロックを書いている自分…、う~む、ま、いいや(笑)。しかもよりによってその中でも最もツマハジキな日本の伝説のロックバンド、村八分だ。ある意味で奇跡のバンドとしか思えないのだが、ま、世の中には無頓着っつうことでクリスマ...

  •  7
  •  0

外道 - Live

 1970年代半ば日本のロックが栄え始めていた黎明期には多くのアウトローな連中がひしめいていた。そしてどれもこれも筋金入りのロッカーばかりで一般人には近寄れない譜に気とカリスマ性を持った人間だけがその和の中に入ることを許されていたが、中でも非常に危険な存在であると思われるバンドがいくつか存在しており、その中のひとつに「外道」が君臨していた。そもそもはメインとなる加納秀人が警察官に「この、外道!」と怒鳴...

  •  5
  •  0

Flower Travellin' Band - Satori

 60年代末期、日本発ながらも真っ向から英国ロックと渡り合い、そしてカナダやアメリカに乗り込んでいった果敢なバンドがいた。元々は内田裕也が参加していたフラワーズと云うバンドが走りとなったものの裕也氏は裏方業に回り、フロントはジョー山中氏をメインとする正に英国然とした重いハードロックを演奏するバンドとして、そして世界進出を目標として作られたバンドがフラワー・トラベリン・バンドである。デビューは1969年、...

  •  10
  •  5