Category-Joss Stone 1/1

Project Mama Earth - Mama Earth

Project Mama Earth - Mama Earth (2017) 昔に比べてミュージシャン達は自由なスタイルでの音楽作りや作品の発表なんかが出来るような風潮になっているのかな。契約がそういう事を自由に出来る形になっているのだろうとは思うけど、それでも結果的にはすべて売れるという事に繋がるのだからOKみたいな判断もあるだろうしね。もっともそれを許さないで独占的にプレミア的に価値を高めるという手法もあるので、皆が皆でもないのだろ...

  •  0
  •  0

Joss Stone - Colour Me Free

Joss Stone - Colour Me Free (2009) ソウルフルな歌声でってなるとねぇ、そんなに知らないし黒人系にはやっぱり入り込めていけないからこの辺りに落ち着く。こうなるともう性分の話で生理的に合うか合わないかみたいな所だろうな。相変わらずの黒人音楽まっしぐらの友人なんかと話すとその違いがくっきりと出てきて面白い。何でそんなに好みとセンスが違うのか…、自分が多分幼稚なんだろう、なんて思ったりもするけど、それなら...

  •  0
  •  0

Joss Stone - Water For Your Soul

Joss Stone - Water For Your Soul (2015) お?新作出すんだ?って気づいたJoss Stoneのアルバムに気づいたので早速ながら何の情報も得ぬままに聴いてみる。そもそもこの娘が歌うアルバムだから悪くはないだろうと。ただ、作風がどんな風になるのかってのは分からないし、それによって彼女の魅力が半減することもあるので、そういう意味ではちょいと賭けでもあるんだけどね、まぁ、どんな風に進むのかなってのもあって聴いてみた...

  •  2
  •  0

Joss Stone - Sessions

Joss Stone - Sessions 最近全くライブに行けてないんだけど、それとはまるで正反対に思うのがロックってやっぱライブが出来るバンドじゃないと面白くないなと。スタジオに篭もりきりでアルバムという作品を作り上げるというのとライブでガツンと聴衆を魅了するというのとはまるでベクトルが異なる話だろうし、またセンスも異なってくるしね。中にはザッパやピート・タウンジェンドみたいなのもいるけど、近年CDが売れない、音楽...

  •  2
  •  0

Joss Stone - Soul Sessions Vol. 2

Joss Stone - Soul Sessions Vol. 2 (2012)  いつの間にかリリースされることになっていて、実際にリリースされたジョス・ストーンの新作アルバムを早速聴いたので、もうねぇ、流れとか全てぶっ飛ばして速攻で書きますよ♪思えば約一年前くらいに個人的には超傑作と思っている素晴らしいアルバム「Lp1」をリリースしてくれて、思い切りハマりまくっていたし、そのちょっと後には話題だけ作りまくって実活動などまるでしなかった「...

  •  0
  •  1

Joss Stone - Introducing Joss Stone

Joss Stone - Introducing Joss Stone (2007) Introducing Joss Stone LP1 女性の歌い手さんが続いているので、やはりどうしても聴き直しておきたいなと言う人がいつものジョス・ストーン。まぁ、エイミー・ワインハウスもだけど、12月に遺作がリリースされるみたいなのでその時に聴くってことにして、まずはジョス・ストーンのソウルフルな歌ってのがここのところのシンガーとどういう違いなのか…ってね、並べて聴いてみようか...

  •  0
  •  0

Joss Stone - LP1

Joss Stone - LP1 (2011) LP1 The Soul Sessions 特に自分の趣味的にはR&Bやソウルというものを聴くワケでもなくて、そりゃ聴けば凄いなぁ~ってのはあったりするんだけど、あまり幅を広げようとするジャンルではなかったんですね。だからあんまり詳しくないけどさ、ただ聴いててハートに染み渡るというか心踊るような歌声に出会った時はやっぱり聴き続けることもある。まぁ、黒人ソウルにはそれでもあまりじっくりと聴き込むっ...

  •  6
  •  1

Joss Stone - Mind Body & Soul

Joss Stone - Mind Body & Soul (2004) Mind, Body & Soul The Soul Sessions やっぱり生々しい歌声や肌に近い楽器ってのが一番性に合う。聴いていて心地良いし自然に音楽と触れ合える。そんなことをここ最近で実感したのでちょっと明るめにその手の世界に触れていこうじゃないか、と…ってもそんなに色々あるワケでもない…、ロック好きの人間が知ってる音世界の広さの範囲なんてタカが知れてるじゃないか、と開き直りもありな...

  •  2
  •  0

Joss Stone - The Soul Sessions

 ちょっと前から自分でも思っていることなのだが、歳と共に当然ながら趣味が変わってきている?っつうか幅広くなって来ているような気がしていて、それは多分その通りなのだろうけど、昔ならばほとんど気にしなかったソウルなものでも聴いて感動するようになってきた。もちろん歌が上手い黒人による感動ってのは数曲単位ならあったんだけど、アルバム丸ごとで、っていうのはあまりなかったし、あってもそれはオーティス・レディン...

  •  2
  •  0