Elis - Show Me the Way

Elis - Show Me the Way (2007)
Show Me the Way

 久々に聴いておきたいなってバンドが幾つか思いついてしまったので、何となくそっちを先に聴いてしまうのだった。幾つか早く聴きたいって思ってるのもあったんだけど、思い起こした記憶ってのはこれもまたすぐに消え去ってしまう可能性もあるんで、現在進行系よりも優先順位が高くなる時があるのだ。そういうのがあるからどんどんと聴きたい音楽と書きたい音ってのが異なってくるんで、また面白いと言うか一貫性が無いと言うか…、人の思考ってのはそういうもんだろうよ。

 リヒテンシュタイン公国から世界に出てきたバンドとして知られているElisというゴシックメタルなバンドの2007年の5曲入EP「Show Me the Way」なんてのがあったんだね。このバンド、元々のボーカリストにサビーネ嬢という方がいたんだけど、3枚目のアルバム録音中に急逝してしまって、その後はサンドラ嬢という方が入っているんだけど、このEPはサンドラ嬢が参加してからの紹介シングルという意味合いと、3枚目のアルバムには入れられなかったサビーネ嬢の歌った楽曲群が3曲、未発表では残念すぎるので、こういう形でのリリースとなったものが入っている貴重なシングル。ジャケットが象徴するかのように天に届けというようなメッセージ色もある作品だけど、これがまた素晴らしい作品なのでね。

 タイトル曲「Show Me the Way」は2バージョン入ってて新しいサンドラ嬢のものなのでアルバムにも入っているんだけど、その間に挟まれた3曲のサビーネ嬢の楽曲、彼女特有の天使の様な優しく囁くようなマイルドな歌声がしっかりとElisのバンドサウンドに馴染みながらの「Salvation」、ミドルテンポのオーケストレーションから始まり、デス声との対比が美しさを引き立てている高尚な作品「These Days Are Gone」、ソプラノボイスが見事に天使の歌声のように生かされていて、ストリングスとの美しい調べが抒情性を煽る天上の楽曲とも言える「In Einem Verlassenen Zimmer」とバリエーションに富んだ楽曲群で、聴いてしまうとやっぱりサビーネ嬢の歌声こそが…なんて思ってしまう。こういう優しい詩による硬質なサウンドもあるんですね。







Epica - The Divine Conspiracy

Epica - The Divine Conspiracy (2007)
The Divine Conspiracy

 思えば色々と幅広い音楽を聴くようになってきたものだ。このブログ始めた時はここまで無茶苦茶な幅の広さでは聴いてなかったもん。70年代ロックはアレコレ深掘りしてたから結構節操ない聴き方してたけど、それが21世紀に入ってからのサウンドまで広げていくとは自分でも思ってなかった。そんなに刺激的で楽しいのがあるはずも無かろうって思ってたから総決算的なのもあって記録し始めたんだけど、どんどん増えていく一方で自分の好奇心の深さを甘く見ていた。もちろん自分で楽しんで広がっているんだから良いんだけど、どうやって情報をまとめていくか、ってのも結構な課題でさ、もう頭の中で整理しきれていないもん。さらに言えばそういう会話をする相手が多くはないからどんどんと脳内から消えていく(笑)。その分いつでもまた楽しめるってのもあるが…。

 Epicaって…って記憶がよぎったのでちょいとおさらいがてらに2007年の三枚目の名盤「The Divine Conspiracy」を聴いてみるが、やっぱり超シンフォニックに加えてのスピードメタリックでオーケストレーション完備、そこにデス声も加えてのスピードチューンで当然シモーネ嬢の上品で高域の歌声が被ってくる代物、このオーケストレーションとの融合の見事さがこのバンドを今でもシーンに於いている一番の理由だろう。昔はゴシック・メタルのひとつなんていう捉え方もしていたけど、今じゃ立派にオーケストレーションを含めたメタルバンドのひとつ。ジャンル的に何て言うのかは知らない(笑)。それにしてもよくもまぁこんなの弾けるな、ってのと叩けるな、ってのをつくづく思うが、そういう呆れ果て感はともかく、この時点で男女対比のボーカル込みでクラシカルなサウンドを融合させていった作品はそう多くはなかっただろう。

 本作は見事なまでにクラシカルなセンスとスピードメタルを融合させてて、ヨーロッパ特有の品格や旋律も巻き込みながらの高品位なクワイヤも当然嵌め込んで作品へと昇華していることからどこをどう斬ってもとにかくゴージャスな作品として仕上がっている。今聴いてもこのゴージャス感はなかなか出せるもんでもないだろうし、名盤の名を欲しいままにしているのは当然か。バンドのスタンスを変えずにそのままより一層ゴージャス感を増してシーンに君臨するEpicaは今のシーンでもかなり突出した存在だし、そのルーツを漁る意味でも楽しめるし、なるほどなぁ…と。





Lacuna Coil - The 119 Show

Lacuna Coil - The 119 Show
119 Show -.. -CD+DVD-

 様々な国のバンドがアメリカなりの市場を攻めようとする時、以前はアメリカの土俵に乗ってどんだけやれるか、みたいなアプローチが普通だったけど、いつしかそれを意識しなくても自分たち自身のまま、すなわち言葉も作風も曲調もすべて自分たちの国でやっているもののまま、それがどんだけアメリカで受け入れられるか、みたいな方向になっていった。Babymetalもだし、Rammsteinもそんな感じだ。そして今回のLacuna Coilは前者、すなわちLoudnessと同じくアメリカの土俵に挑んで成功を掴んだバンドとも言える。

 Lacuna Coilの2018年1月19日ロンドンでの結成20周年記念一夜限りのライブをそのまま記録したアルバム/DVD「The 119 Show」をリリース。自分的には随分と久しぶりに名前を聴いたバンドだったんで、そういえば結構面白くて好きだったな、と思いだしてYouTubeを見ながら…、ってコレ、誰?ってくらいにバンドイメージを変えていた。何でまた今はそんなメイクと衣装でやってるんだ?ってちょいと驚いたが、今でもシーンに刺激を与えていく意味で進んでいってるってことか。映像を見ているとその異様な雰囲気と、更に暗黒パノラマサーカス団を招き入れてのジョイントショウを組み上げているので、これはこれでまた新たな境地を実現している、正にイタリアならではの劇趣味が開花したショウといえるだろう。サーカスの狂気じみた雰囲気とバンドのイメージでいずれも狂い咲きピエロ的な印象を持つ。

 バンドメンバーがかなり変わっているのもあって、ギターが一本ってのだけがちょいとアレだなぁ…と。ギターソロ入るとバックの音が寂しくてね、それ以外はもう重低音とアルペジオが入り混じって、男女ツインボーカルの効果も発揮できている素晴らしいライブ。往年の楽曲にしても新し目のにしてもそのそもレベル高いから文句ないし、バンドも上手いし、それよりもフロント二人のボーカルのクォリティの高さが凄い。バンドの重い音に負けない太い歌声が強みだし、そのまま突き抜けてくる歌声はやはり素晴らしい。随分印象変わったけど、バンドの神話はそのまま生きているのでたっぷり二時間のライブを存分に楽しんだ。







Evanescence - Synthesis Live

Evanescence - Synthesis Live
シンセシス・ライヴ [DVD]

 新しいバンドだな、って思っててもそれはもう90年代のバンドだから20年以上前だぞ、ってなくらいには年月の経つのが早いなと思うようになった。00年代なんてもう超最近の話だろ、ってさ。特に音楽、ロックの事になるとそう思ってしまう。でも、そりゃもう十年単位で時間が経過していたら色々と変わってるよな、と頭では理解しているんだが、まだまだその感覚は抜けない。多分オールドリスナーは皆そうなんだろうと思うが…。その昔ゴシック・メタルをメジャーにしたバンドの筆頭格にEvanescenceがあった。アルバム「FALLEN」での衝撃的な出会いはシーンそのものを変えたと言っても過言じゃない。それくらいにインパクトがある音楽性、アルバムだったが、あっという間にメインソングライターが離脱、どうにもバンドが前に進まなくなってしまって…、ってなトコて停滞した感があったけど、その後も何枚かアルバムをリリースしてって、実はEvanescenceってバンドはエイミー・リーのプロジェクトバンドになっていた、って…、

 そのEvanescenceの2017年のライブツアーを映像化したものが「シンセシス・ライヴ」としてリリースされたが、オーケストラとの共演という事で実に気合が入っている。どころか冒頭からしてエイミー・リーがど真ん中でオーケストラを率いてピアノを弾いてて、それだけでも実にミュージシャンとしての一流さを感じられるんだけど、そこに歌が入った瞬間からもう圧倒的にエイミー・リーのEvanescenceの世界が創られていく。こんな凄い歌唱力だったんか?と疑うくらいの歌唱力の披露が彼女の最大の自信だし、Evanescenceってバンドの看板を引き受けるプライドだったのだろう。ホント、凄い歌。昔よりも太い歌声になり、声量が更に増しているんじゃないか、って思うくらいのもので、ゴシックバンドの云々がどうとかってのをすべて振り払って余りある説得力を持つ歌声。その意味ではまるでゴシック・メタルなんて無いし、そもそもメタル的な要素すらない、エイミー・リーのソロパフォーマンスだけ、ピアノとオーケストラと多少のリズムセクションだけど歌い上げられるライブ、バンド、とも言える作品だ。

 小細工なしの歌唱方法はそのままストレートにリスナーに刺さってくるし、この歌声で圧倒されない人もいないんじゃないだろうか。曲を知ってる知らないという次元は既に通り抜け、この歌声で奏でられるハートのどうやって受け止めてよいのか、みたいなところに戸惑ってしまうくらい。ホントに本気で歌ってる真摯なエイミー・リーの姿が心に刻まれる、そんな素晴らしいライブ。今どきこんだけ歌だけで感動させられるライブなんで出来るヤツいるのか?アデルが出来るくらいかな、それでもこのパワフルさはないから、圧倒的な存在感だ。それでもマイナーな世界な人なんだろう、勿体無い。この作品で世間にもっともっと知られていくと良いな。昔の名前で、じゃなくて今の凄さを知らしめてほしい。そんな素晴らしい作品。







Tarja - Act II

Tarja - Act II
アクト II【2枚組CD(日本語解説書封入)】

 日々の生活内で見かけるアジア系外国人の行動は実に不可思議で目を見張るものが多い。まぁ、マイルドに書いているが「何でそんなことしてるんだ?」ってのがあるって意味ですがね、自国では普通なのかもしれないが、日本だとかなり違和感がある行動に映るというだけなんだろうが、周囲を見てその国に敬意を表しての行動という概念自体が無いのだろうから何とも…。他人に対する迷惑にならない範囲ならともかく、やはりモラルや常識感の違いは違和感を大きく覚えるものだし、何とか出来ないモノなんかね…と無理な事を思ったりする。

 Tarjaのソロ活動も既に13年、Nightwishでの活動も一昔以上前のキャリアのお話でしかなく、それすらも必要のないくらいにソロキャリアを着実に重ねているように見える。実際フィンランドではしっかりとソロ歌手としての地位を確立しているようで、今回の「Act II」というライブアルバムでもその人気ぶりが出ているんじゃないだろうか。もっともこのライブはミラノのものなので自国、じゃないけどさ(笑)。ヨーロッパ圏という広義の意味でも同じなのかな、多分。そのライブ、もちろんソロ活動キャリアの集大成的な選曲になっているものの、Nightwish時代の曲がメドレーで披露されていたりするので、その部分を聴いてると結構ゾクゾクするものがあって、やっぱりターヤの歌声の独自性とNightwishの楽曲のマッチぶりは当たり前だけど天下一品と感じるね。逆にバックの楽器演奏陣営の技量不足感を感じるくらいなんだからNightwishってのはやっぱり世界最高峰のバンドなんだなぁとも思ったりするのだが…。

 正直ソロになってからの楽曲群への思い入れもなければさほどじっくり聴いた記憶もないので、こういう感じなんだろうな、やっぱり出自からしてもメタル楽曲での歌唱が多いワケで、数曲アコースティックやピアノ中心でのものはあるが、ターヤの本質を発揮できていると思えるものが少ないんじゃないかなと感じる。もちろん曲ごとでは素晴らしい歌唱力を聴けるんだけど、やっぱり楽曲の出来具合なのだろう。メタルって難しいジャンルだから少々歌に特徴があるからと言ってそれだけで目立つモンでもないし、楽曲の良さがあるからと言ってもそれだけじゃ難しいし、様々な要素が絡み合うからね、だからターヤの凄さだけじゃしょうがない、って話にもなるのだが。もちろん壮大なライブに仕上げているんでライブを見ていればその感覚はあまり無くて見れるのかもしれないけど、音だけを聴いているとどこか物足りなさは覚えてしまう。それでもやっぱり歌唱力の個性は凄いと。







My Dying Bride - Angel & The Dark River

My Dying Bride - Angel & The Dark River (1995)
Angel & The Dark River (Dig)

 何処に住んでても、と言うか自分があちこちに住んでる中ではどこへ行っても割と上空を戦闘機が通過したりする地域が多い。普通はそういうの無いのかな。一般的な航空機が飛ぶってのはあるのかもしれないが、どうもそういうのが上空を飛ぶ音を聞くことが多くて、基地の近くと言うか、基地って割とあちこちにあるからどこでも結局巻き込まれるんじゃないか、なんて思う。うるさいって思うほど回数多く飛ばないからそこまで気にならないけど、窓開けてる時とか夜中とかいきなりだから気になる時もあるか。難しいよねぇ、平和なら不要なんだろうけど平和って言葉は平和にさせてるから平和なだけであって、実際は平和じゃないからこそこういう事態にもなっているワケで…。

 My Dying Brideの1995年3枚目のアルバム「Angel & The Dark River」。前作からゴシックメタル的な教祖とも崇められていた中での3枚目の本作、冒頭から恐ろしいまでの暴虐さの中で鳴り響きピアノの美しさが際立った傑作、いきなりの12分超えの大作でリスナーをどん底に落とし込んだ曲とも言える。この暗さは本人たちの性格によるものだろうか、それとも売るための作風だけ?それでも仕事でこういうのってだけってのは難しいだろうからやっぱり嗜好性があるんだろうな。バンド名からしてそういう嗜好性だったワケだし、ある意味狙っていた方向に向かっているのだろう。バイオリンによる美しさで絶望の淵から救い上げてるという手法も使っているし、人が心を救われるという楽器の音色をよく研究しているのだろうか、うまい具合に使い分けでくるから聞くべきところを見いだせるってもんだ。

 しかし暗い…、けど、面白いと言うか引き込まれる魅力を放っているトコが怖い。体に馴染みやすいってのかな、生理的にイヤな音とかリズムじゃないんだよね。音を伸ばすのだって心地良いところまで伸ばしてから次のフレーズに入ったりしてて自然な感じ。狙って出来るもんじゃないから多分感性だろうけど、それが自然なんだろう。これだけでバンドが成り上がっていったんだから凄いよなぁ…、この頃こういう音世界ってのは他に無かっただろうし、取扱いに困ったバンドだっただろうと思うけど、リスナー的にはとっついただろう。見事な暗さ。


Tarja - From Spirits & Ghosts

Tarja - From Spirits & Ghosts (2017)
From Spirits & Ghosts

 実力のある、歌の巧い女性ボーカリストさんって大抵皆しばらくバンド活動した後に休息に入って、復活してくる時にはポップシンガーになっている事が多い、というか割と見かける。バンドという枠組みから外れてせっかく歌えるんだったら、そもそも自分がメタルしか歌わないぜって決めてないなら色々なタイプの歌、自分がチャレンジ出来るなら歌ってみたいという欲望の方が大きいんじゃないかな。しかもそれなりに優秀なプロデューサー達とも出会ってるからその人の能力を活かした楽曲も用意されるだろうし。そんだけ伸びしろ大きく持ってる方が良いんだろうね。

 Within Temptationのシャロンの対極にあるとも言えるTarjaも2017年に新作「From Spirits & Ghosts」をリリースしていて、結構攻撃的なジャケットだったからこれは面白いかも、と思って聴いてみると完全なクラシックシンガーの作品でバンドの音なんざ皆無、歪んだ音なんてないどころか普通のロックバンドフォームの音は一切なく、ストリングスとかティンパニーとかそういうクラシックオーケストラの音色ばかりでこれはまた大胆ないわゆるソプラノ歌手の歌もの作品をリリースしている。はて、それをこのジャケットで…ってなるほど、とちょっと紐解いてみたらクリスマスシーズンに向けたアルバムで、ヨーローッパらしく、ダークサイドなクリスマスでゴシカルな雰囲気でのクリスマスアルバムだったらしい。それをこの季節の良い今の時期に聴いているんだからそりゃ違和感あるわな。ただ、こんだけ繊細な作品はそうそう作れないだろう。ターヤも様々なアプローチを試みているが、元々がクラシック畑なのだから、逆に言えばこの手のはお手の物なのかもしれない。しかしいつもながら独特の歌唱と歌声の活かし方を知っている人で、どの曲も素晴らしく、聴いているとうっとりしてしまう声色を聞かせてくれる。

 こんだけマルチに歌いこなせるボーカリストってそうそう居ないんじゃないか?デス声やらないくらいで、他はもう何でも歌えるだろうし、その幅も広いしホントの歌い手なんだろう。ちょこっとYouTube覗いていても割と色々なセッションもやってたりカバーを歌ってたりもするのでその幅の広さはいくつも実感できる。教会でアカペラでRammstein歌ってるのとかびっくりしたもん。今回のアルバムでは勿論クリスマスソングも歌ってるしさ、見事な歌手です。




My Indigo - My Indigo

My Indigo - My Indigo (2017)
My Indigo

 先日iPadをようやく入手したのだが、しばらくしてみてやっぱりiPadでやることがないってことを再認識した(笑)。本を読む、くらいでしか使わないのだが、肝心のその本がデジタルでない場合も多いから結局見れなくて、じゃ他にどうするかってえぇとそりゃあればiPadで見れるってのはあるし、画面が大きいってのはやっぱりいいな、とは思うよね。ただ、指でいじっていくガジェットだから大きいと動かす範囲も大きくなって疲れる。それもどうなんだろ、ってのはiPhoneで親指レベルでいじってるからこの大きさ故の作業効率の悪さが気になるのかもしれん。それでも世の中では売れているし、Apple信者でもある自分的にはだからどうってものでもなく、使っていくのだろう…か?どこかで役立つかな。

 Within Temptationのフロントシンガーにして紅一点のシャロン・アン・オデルがバンド用に書き溜めていた曲だろうと思われるのだが、バンド活動がちょいと暗唱に乗り上げているからなのか、ソロプロジェクトであるMy Indigoでアルバム「My Indigo」をリリースしている。昨年シングルで聴いた時は特にそういうもんかって思ったけどしっかりアルバムまで制作しちゃってる辺り、Within Temptationの方はどうすんだろ?ダンナの方が頑張れば良いんだろうが…。ま、こういう形でちょいと違う取り組みで魅力を発揮するのは良い試みだし、作品を聴く限りでは実に見事に成功している事は一発で分かる。Within Temptationで鳴っている歪んだ音やメタルへのアプローチは一切排除されてて、純粋にシャロンの歌声をクローズアップした普通のポップスの枠内に収めている。それであの歌声なのだからそりゃ良作になるでしょ。ただ、こうして聴くとシャロンの個性でもあると思っていたクラシックの声楽のような歌声はメタルシーンだからこそ映えたワケで、こういう形で歌われてしまうと単に歌の上手い歌手、になっている程度だ。曲によってはケイト・ブッシュを彷彿させるものもあるんでもちろん普通のボーカルじゃないけどね。ただ、バンドでやってるのよりもとんがり感はない。もっとも歳のせいかもしれないけど。

 作品の出来映えは褒め称える事しか出来ないし、どこにもケチ付けられるモノじゃないし、多分こういうプロジェクトで自身の再発見を出来たのも良かったと思う。が、残念ながら自分的にはこれを何度も聴く、ってことは…ないなぁ…、多分。引っかからないんだもん。好みのお話なんだけどね。




After Forever - Decipher

After Forever - Decipher (2001)
Decipher : The Album & The Sessions (Special Edition)

 メタルの世界ってものすごく裾野が広がっていて、自分なんかは知ってるのが極少数しかなく、それも何度も何度も聴けるってのは大して多くない…どころかバンドも限られているんだけど、チャレンジはいくつもしてて軽く聴いているというレベルなら割と数多いんだが、どうしてもアルバムまとめて一枚を全部聴くってなるとなかなかパワーが必要で、飽きないで聴ける事がそれほど多くない。どうしても途中で飽きてきて放棄しちゃうんだよね。じっくりそれだけを聴いているというのもほぼないし。ただ、ここのブログのお陰でそれも聴くようにはなったし、探すようにもなったが。

 After Foreverの2001年の2枚目のアルバム「Decipher」。今やNightwishのヴォーカルとなっているフロール・ヤンセン、この頃からしたら夢のような話だろうな。どう聴いてもNightwishのフォロワーバンド、ボーカルだったワケだしさ。明らかにオペラティックな歌唱方法でのボーカルスタイル、しかも相当のソプラノ領域で歌っているアルバムは当時絶賛されたらしい。オーケストラも含めてのゴシック的なスタイルによるアルバム、更に演奏陣営のパワフルなスタイルも十分にリスナーに刺激的なバンドとして受け入れられたようだ。曲の展開や複雑さも手伝って唯一無二のバンドの地位を確立していくきっかけとなったアルバム。

 メロディが弱いと言うか、幅が狭いと言うか、そのヘンはあるのだろうが、かと言ってそこを強調してしまうと同時代のNightwishやWithin Temptationなんかとの差が無くなっちゃうし難しいトコロだったんだろうか。この頃は皆ゴシックメタル郡として自分も結構追いかけてたんだけど、そういうブームも去ってバンドの音として聴いてみればどこもゴシック調でもないし、普通にパワフルなメタルバンドで、オペラな歌を武器とした作品というだけだ。あの頃のゴシックって何だったんだ?って思う。


Paradise Lost - Medusa

Paradise Lost - Medusa (2017)
Medusa

 最近iPhoneでやる事が結構限られてきた。実際は色々な事できるし可能性を追求したらそりゃPCと同じこと以上に出来るんだから限られてきて使い方なんてのは自分の勝手な話なのだが、そういう使い方してないし、じっくりやるものはMacでやっちゃうからiPhoneの小さな画面でやろうとは思わない。入力系もそうだしグラフィックもそう、結局Macでやった方がラクだしね。さて、そうするとiPhoneってのは手軽な情報入手ツールでしかなくて、そこでクリエイティブな事なないから、じゃ、何か?映像だってMacで見るしなぁ…、音はそこらでも聴くけど、それくらいか。ゲームやりゃいいのか(笑)。やらないし…。

 英国の重鎮ゴシックバンドから発展したサウンドで30年も人気を博しているParadise Lost、またも新作「Medusa」をリリースしていたので、特に凄く好きってワケでもないけど、嫌いじゃないししっかりポリシー持ってやってるし、英国的だからなんとなく聴いてしまう。ゴシックメタルっても既にそこからは逸脱していてもっと深く絶望的な世界へと進んでいるから、ま、ゴシックって言えばゴシックだけどもっと未来の無い感じ。それを探求しているかのような作品がここの所続いているので、原点回帰とも言われているけど、そもそもそういう方向性だったからしっかりと地に足つけて自分たち風なサウンドを追求しているのだろう。全く絶望的な歌い方=グロウル=デス声でひたすらに曲の重さを更に重くしてて、ギターリフの方が歌よりは軽めでは?なんて思えるくらいには重い歌。

 面白いよね、こういう音でもしっかりと荘厳な雰囲気、威厳を保ったスタイルのサウンドが出て来るんだからさすが英国のバンドだ。決してチープな音には流れていかないし、重鎮と呼ばれるだけの威光を保った作品になっている。決してポップで聞きやすくもないし、ヘヴィメタルと呼ぶには激しく乗れるモンでもない。ただただひたすらに吐き捨てるかのように絶望に向かって突き進んでいく作品、よくもまぁこういうスタイルでバンドが納得して進んで行くものだとすら思う。本人達、明るくはないよな、きっと。んで、それを聴いて悪くない、なんて行ってる自分もそうなんだが…。




 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ+

2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【31件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

楽天市場

LED ZEPPELIN by LED ZEPPELIN【日本語版・4000部完全限定】

チープ・スリル(50周年記念エディション)

REMASTERED PART 1 [CD BOX]

REMASTERED PART 2 [CD BOX]

グラストンベリー 2000【2CD+DVD】

ラヴ・ミー・パパ

オーティス・スパン セッション集1953-1960 -シカゴ・ブルースマンの日記-

アートワーク・オブ・ヒプノシス

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]