CategoryFunk 1/1

Robert Randolph & the Family Band - Got Soul

Robert Randolph & the Family Band - Got Soul (2017) あれやこれやと漁っていると面白いなぁってサウンドに出会える。やっぱり古いのばかり聴いて満足してちゃイカンですよ。その辺を極めるってのも趣味としてはアリだけど、やっぱり今の時代でもガツンと脳天ヤラれるサウンドって、まだまだあるんだもん。そういうのを耳にする機会ってのが無いから興味が薄れていってしまうんだけど、出会ってしまうと楽しい。ただ、それを聞...

  •  2
  •  0

Tower of Power - Live & in Living Color

Tower of Power - Live & in Living Color そうそう気分になることもないのでこの機会に黒いの幾つか聞いておこうかな、と思って名盤と呼ばれるライブアルバムを片っ端から聴いてみた。名前は知ってるしアルバムジャケットも知ってるから、あぁ、これか…という感じで聴くんだけど中身は知らないし、そもそも好みではないだろうからなぁというのがあってどんなもんかと。案の定、それらの幾つかはまるで好みに合わず、どこが良いの...

  •  2
  •  0

Earth Wind & Fire - Live in Rio

Earth Wind & Fire - Live in Rio 黒いの専門ってリスナーがいる。白いのは軟弱だから聴けないんだよ、黒いのがキモくていいんだよ、なんていう輩である。純粋に音楽だけを聴いていくとそうなるのかもな、って事も思いつつ、やっぱりそこにはロック的なカッコ良さとか、それでもいいんだよ、みたいなのがないとね。流れ的にそういう感じになったんで、ちょいと気になってたのをここんところ聴いてて、そうか、なるほど、みたいに...

  •  0
  •  0

Betty Davis - Betty Davis

Betty Davis - Betty Davis (1974) 男の影には必ず女がいて、表に出てくるのもあれば裏で仕切ってるのもある、全く別世界に生きている人もいればとことん関わりたがる人もいる。表面的に出て来れば分かりやすいけど、そういうのも多くはないだろう。元々表舞台にいたもの同士が一緒になるってのはあるだろうけど、やっぱり何かしらシーンと絡む事が多い。きっぱりと手を引くなんてのはなかなか出来る事ではないようだ。ベティ・デ...

  •  0
  •  0

Tower of Power - Back to Oakland

Tower of Power - Back to Oakland (1974) 暑苦しい時に暑苦しいサウンドを聴くと更に暑苦しくなるんだが、音楽そのものにハマっていけばそういうのもさほど気にならない。が、ハマるってのが難しいんだよな(笑)。ここのトコロ結構ハード&ヘヴィー系なものを好む傾向にあってそっち系のが多くなってたんだけど、ブルースなり英国系なり基本だしなぁ…と振り返ってた時にオーティス聴いて、素直にこういうのもいいかもな、なんて...

  •  2
  •  0