Category00s〜 Blues 1/2

Eric Gales - The Bookends

Eric Gales - The Bookends (2019) 古いブルースを漁っているとどんどんと古くなっていく一方で、果たして今、自分はこういうのを聴きたいのか?と自問していくハメになる。いや、多分そうじゃないんだ、こっから発展したブルーススタイルに刺激を受けるべきなのだ、と気づく。だからルーツ漁りはハマってても良いけど、どこかで戻って来ないと飽きてくる。大体がブルースルーツなんて同じようなものばかりになってくるのだから、...

  •  0
  •  0

Kirk Fletcher - Hold On

Kirk Fletcher - Hold On (2018) 才能あるミュージシャンの元には才能あるミュージシャンが集まってくる…、仕事で言えば仕事の出来るヤツのところには仕事が集まる、というお話でもあろうが、ミュージシャンの場合はそれもありがたき事として次にどんどんと繋げていく事が出来る。当然キャラクターもあるだろうが、そのレベルでのセッション活動でウマが合えばかなり面白い事が出来ると踏んで次のプロジェクトなりバンドなりに進...

  •  0
  •  0

Chris Beard - Live Wire

Chris Beard - Live Wire (2005) 熱い演奏を聴かせてくれるライブやアルバムは当然の事ながら聞く人見る人を惹き付けるし、それこそが魅力でもあるものだ。良いライブやミュージシャン側がガッツポーズしちゃうくらいの演奏ってのはやっぱりそれが上手く発揮できたと自分で思えた時だろうと。そりゃ演奏が完璧に合った、とか難しい所まできちんと出来たとかもあるんだろうけど、それでも上手い以上に白熱したモノが出来た、って思...

  •  0
  •  0

Jimmy D.Lane - It's Time

Jimmy D.Lane - It's Time (2004) 結局自分が好きなブルースってのは多分ハードブルース=ブルース・ロックに近い部分なんだろうなと。だから弾きまくりで感情そのままが剥き出しになって出てくるギタープレイとか好きだし、自分自身もそういうの聴いてて物凄く盛り上がったりするし、そういう高揚感とか一体感とか好きなんだよ。ロックでもそうだしさ。ガツンとバンドが一体となってがむしゃらにプレイしてて白熱したライブなん...

  •  2
  •  0

Lil' Ed & The Blues Imperials - The Big Sound of Lil' Ed & The Blues Imperials

Lil' Ed & The Blues Imperials - The Big Sound of Lil' Ed & The Blues Imperials (2016) 「アリゲーター・レコード 栄光の45周年コレクション」ってのが面白そうでね、このオムニバスから選んでいけばロックに近いブルースメン達のプレイが多数発見できるんじゃなかろうかと。今の所そこに手が回らないのでもうちょっと後にじっくり聴いて新たな発見をしてみようと目論んでいるけど、自分なんかだとまだこのアルバムの1/5くら...

  •  0
  •  0

Toronzo Cannon - The Chicago Way

Toronzo Cannon - The Chicago Way (2016) アリゲーターレーベルって昔から特色あるブルースレーベルだったけど、今でもやっぱり面白いのをどんどん出してくれるんだな。アリゲーターレーベルのオムニバスアルバムなんて聴くと一気にいろいろなその手のブルースメン達が聞けるからなかなか美味しい。そうやって新たな、または古くからのブルースメンでも良いけど、発掘できるというのはレーベルのカラーがリスナーにとって信頼感...

  •  0
  •  0

Christone "Kingfish" Ingram - Kingfish

Christone "Kingfish" Ingram - Kingfish (2019) その話題を耳にしてから、そしてYouTubeで映像を見まくってから、いつアルバム出してくるんだろう?なんて割と心待ちにしていたのだが、ようやく出してきてくれたChristone "Kingfish" Ingram。ミシシッピー州での神童と呼ばれ、その筋では圧倒的な有名人にもなり、アマチュアの学生時代からビッグネームのブルースメン達ともセッションしていたくらいで、そのライブでのギタープ...

  •  2
  •  0

Michael Burks - Make It Rain

Michael Burks - Make It Rain (2001) 掘れば掘るほどに味わいあって楽しみなブルースメン達に出会う。昔のブルースメンばかりを追求するのもアリだけど、近代のブルースメンをしっかりと聴いておくのもこれまた楽しめるもんだ。近年っても最近ってワケじゃないのがブルースという音楽の保守的な所ではあるが…。ただ、そういうのを探し出すとか出会うってのがなかなか難しい。誰かから辿って行ければラッキーなんだけど、いつもい...

  •  0
  •  0

Sonny Landreth - Bound By the Blues

Sonny Landreth - Bound By the Blues (2015) 古くからあるブルースも実は遍歴が多様で、音源が残されていない時期のものもあるから全て判ってるワケじゃないけど、昔々はアコギでバシバシと弾いてた所から始まり、その内にナイフを当てて弾くというスライドギターが出てきて、バーボンボトルで鳴らしたりする方法に進化していったようだ。その後はロバジョンあたりからの歴史になるのだろうが、それでもアコースティックブルース...

  •  0
  •  0

Eric Gales - Middle of the Road

Eric Gales - Middle of the Road (2017) 脈々と続いているブルース・ロック。英国の白人小僧達が寄ってたかって作り上げたブルース・ロックの流れからアメリカへ逆輸入され、そこからは世界中へと発展し、今ではルーツそのものである黒人達も英国白人達が築き上げたブルース・ロックの影響を更に逆に受けてのルーツ回帰、即ちそのままブルースをやるというよりはブルース・ロックの影響力を受けてのブルースプレイ。結果的にはそ...

  •  0
  •  0