Jeff Lorber Fusion - Wizard Island

Jeff Lorber Fusion - Wizard Island (1980)
ウィザード・アイランド

 既に一ヶ月くらいフュージョン的なのをひたすら聴いてるが、もちろんその合間合間にはもっといろいろ聴いているからそれだけではないんだけど、一つの方向性だけでないフュージョンと呼ばれる世界の広さを多少分かった気がする。まだまだ聴けてないアルバムやバンドも多いし、それを混んでこれからも聴くか、と言われると何とも言えないんだが、ただこの暑さの中にこういうのを聞くってのはなかなか快感ではあるんで、夏ごとに聴く音になるのかも、とは言えるか。レゲエやダブだけでもなく、こういうのもありだね、って。もちろん暑苦しいハードロックってのもありだろうし、そりゃもう気分次第。知ってるなら知ってる方が聴くものの幅が広がるって話だ。

 Jeff Lorber Fusionの1980年リリース作「Wizard Island」、ケニー・G参加の名盤と謳われている作品らしいが、ベースのダニー・ウィルソンの時代を感じるチョッパーバリバリのフュージョンベースもかなり素晴らしい。もちろんリーダーのジェフ・ローバーの割と変態的ですらある鍵盤プレイも目立ちまくっててユニークな作品なのが分かる。聴いてて思ったのは、これこそフュージョンって感じの曲がズラリと並ぶことだ。ギターがほとんど目立たないのが残念だけど、曲とか雰囲気とかベースやドラム、編曲や鍵盤の音色なんかも含めてまさに自分が認識していたフュージョンそのまま。もしかして彼らを聴いてフュージョンを知ったんじゃないか、ってくらいにそのままなのが面白い。

 最後の最後にチック・コリアが参加しているのが多少話題になるくらいなんだろうが、それ抜きでもアルバム的にはかなり存在感あるものだろうし、各プレイヤーのフュージョンチックぶりが聴き応えある。細かいトコロがものすごく凝ってるんで、それこそケニー・Gのプレイにしても目立つんだが、そのバックでの演奏陣のプレイがこれまたなかなかに凄いとか、そんなんばっか。それでもさほどメジャーなバンドじゃなかったんだから面白い。元来もっと知られて良いバンドなんだろうけど、スタープレイヤーがいなかったからかちょいと地味に映るバンドではある。それでもこんだけの作品なんだからジャズ界ってのは深いです。

Stuff - Stuff

Stuff - Stuff (1976)
スタッフ!!<FUSION 1000>

 譜面が読めて音楽理論を熟知して、しかも音感やリズム感もしっかりしていて当然楽器も上手く演奏できるテクニックを持っていて初めてミュージシャンと言える、そういう当然の要素を持っているのがジャズやソウル、R&Bの世界、もちろんフュージョンもそうだろうけど、そういうのを無視したもの、即ち初期衝動だけでなんとな成り立ってしまうのがロック。メタルなんかは上述のミュージシャン的な要素が無いと出来ないのでもうちょっと上位に位置するのだろうけど、パンクなんてのはもちろん一番下の方のラインに位置しているのだろうと思う。もちろんその中でも天才的なミュージシャンもいるんだろうけど、多くはそうでもなくって、ってのが多いのがロック。だからロックってのは子供騙しなんだ、と言われるもので歴史に残るような音楽には値しない、というのもある。今はそうでもなくって単に好きな人が多いから歴史に残っていくのもあるんだろうけど。あ、もちろん全部がそういう話じゃないですが。

 Stuffの1976年のデビューアルバム「Stuff」。アメリカのセッション・ミュージシャンで名を馳せることになる面々が参加しており、と言うかそういうメンツで結成したバンドなのでテクニックは申し分ないしやってる音楽も高尚な世界感でのアドリブやぶつかり合いでもあるが、激しいぶつかり合いではなくアンサンブルが整った中での応酬、だからアルバムの密度が濃いものに仕上がっていて、音色も含めて独特の音世界が出来上がっている。いやいや、凄いグルーブ感にメロウでフワフワな鍵盤、ギターも甘い香りでのメロディを鳴らしてくれるし、ドラムは要所要所のキメが凄い。やっぱりスティーブ・ガッドの凄さがヒシヒシと滲み出てくる。リチャード・ティーの鍵盤の躍動感も見事で、こういう世界があるってのを初めて知った。

 ジャズやフュージョンという世界での括りではないような気がするんだよな。R&Bやソウル、ファンクの流れの中でのインストバンドという感じで、これをフュージョンと呼ぶには少々熱すぎるのでは?なんて気がする。爽やかに流れていかないんだよ。暑い夏に聞くとより一層熱くなる感じもするし、暑苦しい、とも言うか、そんな音。だから割と好みな感触感はある。実にエモーショナルなんだよね。






Richard Tee - Strokin'

Richard Tee - Strokin' (1979)
ストローキン

 ジャズから派生したフュージョンという世界観かという認識だったけど、AORが入ってきたり黒人音楽の要素もかなり入って来てて、そういえば白人がそこに入る余地っていう方が実際は少ないハズなんだから、どうしたって黒人系のリズムが強烈になってメロディが楽器で奏でられるみたいな図式になるのだろう。白人ギタリストがその世界で活躍出来ていた方が稀有な存在なワケで、それこそギター好きって観点からみたら珍しいんだろうけど、フュージョンという認識だったから、こうしていろいろとちょこっと聴き始めるとその現実の違いを実感しているトコロ。まだまだですね。

 Richard Teeの1979年ソロ名義のアルバム「Strokin'」だけど実際はStuffのメンツが相当に参加していて、特にスティーブ・ガッドとのコンビネーションの高さを誇るこのアルバムは実に躍動感溢れるリズムと秀逸なメロディを鍵盤で奏でるという傑作で、フュージョンという失礼ながら軽やかな世界とは異なり、ドライブ感溢れ、更に縦ノリ感すら漂う特異な世界観を聞かせてくれる作品になっている。どっちかっつうと高等テクニックを持った黒人同士が競い合って白熱したプレイを繰り広げているに近い世界で、決してフュージョンという類の音でもなさそう。元々がモータウンの出身でStuffからの流れだから当然ポップス界への影響もあるし、ジャズ畑との絡みの方がないんだからそりゃそうだろう。

 特に短いながらもものすごく研ぎ澄まされたビートと鍵盤を聞かせてくれるのが「Take The A Train」で鍵盤の躍動感はともかくながらもスティーブ・ガッドの入りからドラミングから凄いセンスがビシビシと聞ける見事さ。今ではロックの世界でも名前を普通に聞くスティーブ・ガッド、やっぱり凄いドラミングです。キレが良いんだよねぇ。



Spyro Gyra - Morning Dance

Spyro Gyra - Morning Dance (1979)
モーニング・ダンス(期間生産限定盤)

 ここ最近聴きまくっているフュージョン系の作品って名盤って呼ばれるものがホント幾つも幾つも転がっていて、これまで人生で触れることが無かったから余計に刺激的ではあって、まだまだ面白いのはいくらでもあるもんだ、と楽しんでいる。そのウチもしかしたら黒人系の音楽にもハマっていくのかもしれないな、同じ理由で。そういう意味では実はアメリカのロックバンドってのもさほど真面目に聴けてはいないからまだまだ知らない世界への探求はいくらでもありそうだ。好む好まないっていうのは持ち音あるけど、それなりに名を成しているものってのはそんなにひどいモンでもないだろうから、聴いてみれば味わえる部分は多いんじゃないかと。だからと言ってすぐにそっちまで行けるかってんでもないから、まぁじっくりとアレコレしながらか。

 自分でも聴くことがあるとは思っていなかったSpyro Gyraっつうフュージョン代表格のバンドの1979年リリースのセカンドアルバム「Morning Dance」。スパイロジャイラと言えばコレってくらいに定着しているアルバム、ジャケットの印象という作品だけど、中身は聴いたことがなかった。プログレの方でSpirogyraってのがあって、そっちを探している時に何度となく出会ってしまっていたことで覚えているんだけど、ものの見事にその2つのバンドの方向性は異なっているからさ、間違って買うととっても損しただろうし、そうならないように気をつけてたからさ。それが意図的にこっちを聴くんだから面白い。

 聴いてみれば、なんとも南国チックな軽快な作品で、フュージョンっていうのかな、もっと南国寄りサウンドで、ギターが目立つもんでもないから自分的にはちょっとフュージョン感少ないけど、そのスジの名盤の一枚になるようだ。それはむちゃくちゃ売れたからというのが理由らしいがその意味ではシャカタクなんかと同じようなものか。パッと聴いて軽快な南国色なんだけど、アルバムを通して聴いてみるとそこまで脳天気なサウンドばかりが入ってるワケでもなく、しっとりしたのもあるしジャケットの印象も脳天気な南国感はあるものの、よく見れば結構節語で不気味だったりというダブルミーニング的なのもあって、ちょっとヒネてるか。ちょっとロック色強めたらロック的に面白いバンドにもなったかも、という感触はする。



George Benson - Breezin'

George Benson - Breezin' (1976)
Breezin'

 相変わらず暑い日々が全国的に続いているが、自分がその暑さに慣れてしまうってことは無いほどの暑さ、人間の住む世界を超えている灼熱の暑さになりつつある気がしてて、もうじき地球は滅亡するのでは?みたいな気もする(笑)。異常気象に天候異変など世の終わりを予感させる出来事が続いて起きている、なんていい方をすれば時代が異なれば新興宗教的に世紀末を訴えてきてもおかしくない近況。そんなことを一切無視してエアコンの中に居続けることで外界との接触を絶っていればそれなりに快適な生活、ではあるがちょいと物足りない…、なんてことは出来るはずもなく、世間並みにこの灼熱の中を生きている日々。暑苦しい音楽からは離れて軽快なのを聴いている事も多くなったが、案外面白いなって思っていて、昔のロック小僧からしたら信じられないものばかりを聴けているのはなかなか不思議。それでも発見はいくつもあるし、へぇ〜ってな事も多い。

 George Bensonの1976年の出世作「Breezin'」。何が出世作ってレオン・ラッセルの「The Masquerade」のカバーで見事なボーカルを披露してからというもの、フュージョン系ギタリストのジョージ・ベンソンからR&Bシンガーのジョージ・ベンソンってギターも上手いよね、になるワケだ。この「The Masquerade」ではギターとボーカルをユニゾンさせた展開が印象に残るスタイルで、確かにソウルフルなボーカルを聞かせてくれていることで殊更に評判が高まったようだ。それ以前のボビー・ウォーマックのカバータイトル曲「Breazin'」だって爽やかなAORムードのフュージョンで、これぞBGMって言わんばかりの快活で軽快な作品が聞けるんだから面白い。ギターの音が凄く聞こえてくるんでついついこのギター何だろう?って気になってくる。ハコギターなんだろうなぁとは思うけど、ハコ系って全然音がわからないから何、って特定できないけど、ムーディな音色だなって聴いてた。

 他の曲にしてもギターだけでなく、ボーカルも他の楽器類もきちんとフューチャーしてあくまでも軽快で軽やかな雰囲気で作られている作品。時代的にはフュージョンからAOR、そしてポップス領域への進出を目論んだ意欲作として知られているらしいが、それならジャケットもうちょっと何とかしろよ、とか思うのはともかく、中身の音はなるほど、見事な一枚。こんな暑い日々に聴いていても爽やかに聞ける。




Chuck Mangione - Feel So Good

Chuck Mangione - Feel So Good (1977)
フィール・ソー・グッド

 しかしアレだな、暑い夏に聴く音楽としてのレゲエ・ダブから始まりフュージョンなんてのはやっぱりなかなか快適ですな。自分の音楽の好みが変化したって思うくらいにこの快活さにハマってるもん(笑)。でもさ、やっぱり凄いよね、どれもこれも。ハイレベルのミュージシャンが時代を作り上げながら一生懸命音楽を奏でているアルバムなんだから良いモンいっぱいあるんだよ。魂の出し方がロックとは違うけど、でもやっぱり楽器って人の心を映し出すモノだから見事に出てくるもん。だからそのヘンはロックもブルースもジャズも一緒だし、こういう進化系なフュージョンなんかでも同じだ。そこを上手く聞けると面白い。後は音楽形態の好みだが、メロディ楽器がきちんと歌い上げてくれればそれはそれで響くしさ。

 Chuck Mangioneの1977年の大ヒットアルバム「Feel So Good」を初めて聴いた。大ヒットアルバムって言われてもさ、縁がなきゃ聞かないし、ましてやジャズ・フュージョンなんて世界は軽々しくは手を出してもいなかったし。とは言え、このアルバムジャケット、見たことあるわ。レンタルレコード屋でも結構見たし、もちろん普通のレコード屋でも見かけたし。ただ、見るからにトランペットを吹いている人のアルバムだろうっての分かるから、全然興味を抱かなかったというのもわかりやすい。こういう機会だから色々と聴いてみる中で着手してるんだけどさ、やっぱりよく出来てるよね、ホント。ペットでメロディを奏でているんで心地良く聞けるし、いわゆる軽やかなBGMとでも言うような曲ばかりになるんだけど、それがいちいち格好良い、というか気持ち良い。そういう意味ではフュージョンというジャンルの世間の明るさへの貢献度はかなり高いよね。オシャレなカフェやちょっとしたバーやホテルのBGMなんてのもあるしテレビ辺りでも相当使われてただろうし、割と耳にしているもんな。

 実に快活で聴きやすい。んで聴いてるとペットとかだけでもなく、ギターやベースももちろんユニークな部分が多数あって、当然のことなんだがかなりハイレベルな作品ばかり。大抵こういうのって飽きるから途中でやめちゃうんだけどそれが無いんだから、しっかりと出来上がっているアルバムなんだろう。聞きまくったって人も多いんじゃないかな。ロックの世界では味わえないムードでもあるね。




Mike Mainieri - Love Play

Mike Mainieri - Love Play (1977)
ラヴ・プレイ

 つくづく音楽というモノの幅の広さを実感する。ロックを多少知ってるなんてのはホントに氷山の一角でしかないし、それでもその中でトップを走るバンドってのはホントに凄いんだなってのもマジマジと実感する。ちょいと片足突っ込んでみただけのフュージョン的世界を見渡すとなんかとんでもないのがゴロゴロいるんだもんな。ミュージシャンとしての育ち方が違うからってのは大きいけどやっぱりホントに音楽している。演奏が上手くなきゃ出来ないし、それが当たり前で且つ音楽的にどんだけ面白いことができるのかってトコだからね、世界が違います。その分これはこの世界で普通にできるレベルが高いってことはその上を目指して楽しませるモノ凄いものってのを出すのはなかなかしんどいんだろう。

 Mike Mainieriの1977年リリースのアルバム「Love Play」はなかなか粋なフュージョンアルバムだ、って事だったんで耳にしてみるのだが、本人はヴィブラフォンって話なので、それってどんなん??ってトコからなんだが(笑)、要するに鉄琴だ。ロックの世界では効果音的にプログレなんかで出てくるくらいのモンだから、ステージで鳴らされることはほぼないんじゃないだろうか。なるほど、そうか、ってことなんだが、アルバムの参加メンバーを見てびっくり。ロック畑しか知らない自分でもほとんどの人の名を知っているというメンツ。一体どんなんだ?って話でさ、聴いてみたワケ。スティーヴ・ガッド(ドラムス、マイケル・ブレッカー(テナー・サックス)、デヴィッド・サンボーン(アルト・サックス)、トニー・レヴィン(ベース)なんてトコですよ。ロックとフュージョンの境目くらいのメンツではあるが、そりゃそいつらの若かりし頃の参加作品なんだから面白いんだろうな、って期待です。

 これがまた初っ端から凄い。軽快でドライブ感溢れるサウンドで、ラテンノリってのかね、なんかスティーブ・ガッドかスゲェんだよ。いや、みんな凄いんだけど、キラキラとドライブしたアルバム。静かな曲でもゴージャスにキラキラしている感じで、このヘンはサンボーンの華なんだろうか、とにかくオシャレでゴージャスに楽しむシーンでは最高に輝くアルバムというようなイメージ。自分的にはBGMでしかないんだけど、聞き惚れるBGMってトコか。いや、多分相当贅沢だ、それは(笑)。マジに興味なかったけど、こんだけのメンツが奏でるサウンド、アルバム、しかも時期的に勢いのある作品ってのはやっぱりとんでもなく強烈なエネルギーを発散していて、ロックとは趣が異なるけど素晴らしきアルバムが出来上がっている。圧巻だわ。


Earl Klaugh - Finger Paintings

Earl Klaugh - Finger Paintings (1977)
フィンガー・ペインティングス

 自分の偏見だと思うがフュージョンってのは基本的に自分にとってはBGMレベルnサウンド。BGMレベルってのはBGMになるくらいに軽快で軽やかで害がなくってもちろん様々な気分が駆け巡る時のBGMなんだから多種多様のテクニックがないと聴いている方が心地良くならないんだから、演奏する側の技術はそれこそプロ級であるものだし、あまりにも個性を主張することのない音である、みたいなのも重要だろう。だからBGMとして成り立つんだが、だからこそサラリと流れていってしまうものが多い。それを狙ってるんだからそうなんだが…。プレイヤー目線だとそっちへの面白さに惹かれる人が多いのは分かる。ただ、リスナーでいるとどうしてもBGM。そのBGMってどうやって作ってるんだろ?ってなると面白くなるものだ。

 Earl Klaughというギタリストのソロ作品「Finger Paintings」、1977年リリースアルバムだが、フュージョンという位置づけで、アコースティックギターでそれを奏でたという第一人者らしい。そういう書かれ方すると気になってさ、フュージョンのあのギターをアコギでやるってどうなるんだろ?って想像通りか確かめたくなって聴いてみたんだが、なるほどなるほど、こうなるのか、と妙に納得。簡単に言えば紅茶の美味しい喫茶店あたりで天井の小さなスピーカーから流れてくる軽快でオシャレなBGMそのもの。こういう音楽ってそうか、誰かが作るんだから、こういうアルバム作ってる人のが流れていたんだ、ってことに気づいた。BGMだってそりゃ誰かが作ってるんだもんな…。その源流に出会うってのは想像もしなかった。アルバム単位で自分がそれを聴く、なんてことが起こりうるとはね、いや、大きな勘違いと言ってしまえばそうなんだが、じゃ、BGMってなんだ?って話だし、いや、そういう音楽、アルバムを意識して聴くことがあるってのを思わなかったって意味です。

 見事なまでにアコギで軽快に雰囲気を表しているアルバムで、とてもブルーノートの作品とは思えないジャケットからして自分的には怪しげな雰囲気…と穿って聴いてみたけど、出てきた音は驚くばかりにクセのない絶対に誰でも聞ける軽快な作品。冷静に聴いてみれば多種多様な楽器を用いて雰囲気を色々と醸し出して、そこをうるさくもなく、まるでピアノやバイオリンの戦慄のようにアコギの音色でメロディを生み出しているという、やっぱりBGMとしてしか言えない作品。こういう音楽がいちばん需要が高いのかもしれないな。ジャケットがもっと雰囲気モノだったら良かったのに、とつくづく思う。





Cornell Dupree - Teasin'

Cornell Dupree - Teasin' (1974)
ティージン<FUSION 1000>

 フュージョンってのはジャズに電子楽器が入ってきた流れからギターもクローズアップされてどんどんと洗練されたもののひとつ、というような流れなのだが、こうして聴いていると割と源流がひとつに絞れないところもあるんだなと。ソウル・ファンクのインストから出てきたアルバムなんかでもかなりフュージョンに近いサウンドが出てきているのを聴いているし、ブラジル音楽との融合なんてのも出てきているんだから、そっか、だからクロスオーバーって言うようになってきたワケか。そこに商業化された要素ってのが入ってくるとフュージョンって言われるようになったとのこと。ん〜、じゃ、今聴いてるのはクロスオーバーサウンドってことだな。

 Cornell Dupreeの1974年作「Teasin'」。こちらもギターインストなアルバムで、ソウルフルなバックにギターを乗せてっていうのはそうなんだけど、もっともっとずっと洗練されててオシャレなサウンドに軽快にギターを乗せた感じのアルバム。この時代にこういうの出来てたってかなり先端なサウンドだったんじゃないか。やっぱりロック側にも影響与えてったんだろうなぁとは思うがそのヘンを意識したのはジェフ・ベックくらいってのは知られた話。もっともアラン・ホールズワースとかテクニカルなギタリスト達はそのヘンあったんだろうけど。この辺だけを切り取ると何ら境目はなく似たような世界の音をやっている気もするし、ソフツの最後なんてフュージョンに近かったワケだし、このコーネル・ヂュプリーのもそれよりも洗練されてるってだけで、ややジャズ寄りみたいな言い方になるのだろう。

 ホーンセクションを上手く活用してその中でのギターインストっていうようなサウンド、だから結構軽快でゴージャスな作品。なので、良くも悪くもBGM的に使われやすい音が出来上がってる。1974年時点でこれなんだからジャズの進化は凄いな。ある種ジャズとロックの融合でもある作品なのでロック側からなんでそんなに話題にならないんだろ?って不思議に思うくらいのアルバムだ。もちっとロック側の方から評価してみようよ。



Dave Grusin. Lee Ritenour - Harlequin

Dave Grusin. Lee Ritenour - Harlequin (1985)
ハーレクイン

 慣れれば聴けるモンだな。暑くなかったら聴いてないし聴けてないかもしれないけど、そういうタイミングもあったってことで相変わらず多岐にわたるフュージョン界隈を探っているんだが、やっぱり大御所のアルバムの緊張感やスタンスってのは別格なんだなってのはロックも同じくだけど、ここのミュージシャンがあちこちに展開していくのはジャズならではの交友で、夢のようなセッションもロックだとなかなか実現しないけど、ジャズ・フュージョンの世界では普通に化学反応が起きてアルバム作りなんかもやっちゃう。そういう自由なトコロは面白いなぁと思う。ジェフ・ベックだってそこまで自由にやれてないんじゃないかってのあるしさ、その基礎を作っていったのはマイルスなんだろうか、昔から勝手にそういうモンなんだろうか、リーダーアルバムっていう概念でのレコーディングは古くからあるし、普通に考えればそういう方がミュージシャン的だよな。

 Dave GrusinとLee RitenourとIvan Linsのボーカルをフューチャリングした1985年のアルバム「Harlequin」。リー・リトナーはアコギ中心のプレイなのであの戦慄のエレキの快活なロングトーンではないんだが、それはそれできちんと味わいぶりを出していて、曲によってはさすが、と唸らされるプレイもたっぷりとあるのはありがたい。んじゃ、何が良いのか、ってぇとだ、イヴァン・リンスのなんとも抜けきっていく歌声なのかもしれない。如何にもフュージョン的なインストものの曲の中に3曲だけイヴァン・リンスの歌が入っていて、これがまた圧倒的な存在感を出しているから浮いてる。浮いていると言うかそれこそがアルバムの目玉でやりたかった事かもしれない。

 ただ、他の楽曲にしてもものすごく上質なレベルで組み立てられていて、派手さには欠けるけどこういうBGMとかキャッチーに使われて流れているってのは多いんじゃないか、ってくらいフックはある。プロな仕事だって思わせる充実した作品に仕上がっているのは確か。こんだけ目立たないでギター弾けるリー・リトナーって凄いな。それでいてばっちり知名度あるワケだし、面白い人だ。全体的にイヴァン・リンスが歌で参加してくると一気にブラジリアンフュージョンになるけど、インストだけならそこまでブラジルを感じる事なく、爽やかな、という程度で抑えてあるのはユニーク。







 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ+

2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【16件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

永遠の詩(狂熱のライブ)<2018リマスター>(2CD)

世界で一番ジミー・ペイジになろうとした男 (Guitar magazine)



Dazed & Confused: the Yardbird [12 inch Analog]

Free Spirit [Blu-ray]

The Who: 50 Years: The Official History

ランバート・アンド・スタンプ ブルーレイ&DVDコンボ [Blu-ray]


Click!!


Powered By FC2